[スポンサーリンク]


身のまわりの分子日用品

  1. ダイヤモンドライクカーボン

    ダイヤモンドライクカーボン(Diamond Like Carbon:DLC)は炭素から成るアモルファスの薄膜で、高硬質、低摩擦、高撥水性、生体親和性などの特徴があり、様々な製品に使われ始めている。DLCとは炭素の素材といえば、グラフ…

  2. ポリアクリル酸ナトリウム Sodium polyacrylate

    ポリアクリル酸ナトリウム(Sodium polyacrylate)は、カルボキシル基…

  3. ポリ乳酸 Polylactic Acid

    略称PLA。乳酸がエステル結合した高分子で、農作物を原料として合成されるバイオプラスチックの1つであ…

  4. シコニン

    シコニンはムラサキ科ムラサキ(Lithospermum erythrorhizon)の根から得られる…

  5. ジンクピリチオン (zinc pyrithione)

    ジンクピリチオンは、ピリチオン2分子で、亜鉛イオン1つがはさまれた構造をしており、抗菌作用を目的に、シャンプーに含まれていた物質。

  6. グリチルリチン酸 (glycyrrhizic acid)

  7. メチルトリメトキシシラン (methyltrimethoxysilane)

  8. ヒノキチオール (hinokitiol)

  9. 酢酸ビニル (vinyl acetate)

  10. カプロラクタム (caprolactam)

  11. ロドデノール (rhododenol)

  12. 酒石酸/Tartaric acid

  13. トラネキサム酸 / tranexamic acid

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 1回飲むだけのインフル新薬、5月発売へ 塩野義製薬
  2. 真空ポンプはなぜ壊れる?
  3. シリル系保護基 Silyl Protective Group
  4. フローシステムでペプチド合成を超高速化・自動化
  5. 槌田龍太郎 Ryutaro Tsuchida
  6. 官能基選択的な 5 員環ブロック連結反応を利用したステモアミド系アルカロイドの網羅的全合成
  7. 一流科学者たちの経済的出自とその考察

注目情報

最新記事

北エステル化反応 Kita Esterification

概要ルテニウム触媒存在下、エチニルエチルエーテル試薬を脱水剤として用い、カルボン酸とアルコールか…

一人二役のフタルイミドが位置までも制御する

N-ヒドロキシフタルイミドを用いる逆マルコフニコフ型のヒドロアミノ化が報告された。遷移金属触媒および…

ジアゾニウム塩が開始剤と捕捉剤を“兼務”する

アリールジアゾニウム塩を用いたプレニルカルバマート/ウレアのシクロアミノジアゾ化反応が開発された。入…

パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

2016年、イリノイ大学シカゴ校・Vladimir Gevorgyanらは、Pd(0)触媒の共存下、…

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

PAGE TOP