[スポンサーリンク]

日用品

ジンクピリチオン (zinc pyrithione)

[スポンサーリンク]

ジンクピリチオンは、ピリチオン2分子で、亜鉛イオン1つがはさまれた構造をしており、抗菌作用を目的に、シャンプーに含まれていた成分[1]。生体内における作用標的は、はっきりとは分かっていません[2],[3]。

花王メリットシャンプーのCMメッセージ「ジンクピリチオン配合」が話題になったことにちなんで、意味もよく分かっていないにも関わらず聴き手を誤魔化して、言葉の衝撃力が与える影響を、「ジンクピリチオン効果」と呼びます。作家の清水義範氏によって造られた言葉です。なお2006年の成分変更以降、花王から販売されているシャンプーにジンクピリチオンは含まれていません。ジンクピリチオンは、2013年現在、例えばP&G社の一部の製品に、含まれています。

 

参考論文

[1] “The effects of a shampoo containing zinc pyrithione on the control of dandruff.” Marks R et al. Brit. J. Dermatol. 1985 DOI: 10.1111/j.1365-2133.1985.tb02314.x

[2] “Zinc pyrithione-mediated activation of voltage-gated KCNQ potassium channels rescues epileptogenic mutants.” Xiong Q et al. Nature Chemical Biology 2007 DOI: 10.1038/nchembio874

[3] “DNA microarray analysis suggests that zinc pyrithione causes iron starvation to the yeast Saccharomyces cerevisiae.” Daisuke Yasokawa et al. J. Biosci. Bioeng. 2010 DOI: 10.1016/j.jbiosc.2009.10.025

Green

Green

投稿者の記事一覧

静岡で化学を教えています。よろしくお願いします。

関連記事

  1. オキサリプラチン /oxaliplatin
  2. シスプラチン しすぷらちん cisplatin
  3. カルボラン carborane
  4. ムスカリン muscarine
  5. 二フッ化酸素 (oxygen difluoride)
  6. セレノネイン selenoneine
  7. ピラーアレーン
  8. グリチルリチン酸 (glycyrrhizic acid)

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ジボラン(diborane)
  2. 米国の化学系ベンチャー企業について調査結果を発表
  3. 名大・山本名誉教授に 「テトラへドロン賞」 有機化学分野で業績
  4. クネーフェナーゲル ピリジン合成 Knoevenagel Pyridine Synthesis
  5. タンパク質の構造を巻き戻す「プラスチックシャペロン」
  6. 第128回―「二核錯体を用いる触媒反応の開発」George Stanley教授
  7. ミカエリス・アルブゾフ反応 Michaelis-Arbuzov Reaction
  8. 日本にあってアメリカにないガラス器具
  9. GRE Chemistry 受験報告 –試験対策編–
  10. 日本に居ながら、ナマの英語に触れる工夫

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2013年11月
« 10月   12月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

注目情報

注目情報

最新記事

MEDCHEM NEWSと提携しました

「くすり」に関係する研究者や技術者が約1万7専任が所属する日本薬学会。そ…

抗体を液滴に濃縮し細胞内へ高速輸送:液-液相分離を活用した抗体の新規細胞内輸送法の開発

第341回のスポットライトリサーチは、京都大学 薬学研究科(二木研究室)博士後期課程1年の岩田恭宗さ…

革新的なオンライン会場!「第53回若手ペプチド夏の勉強会」参加体験記

夏休みも去って新学期も始まり、研究者としては科研費申請に忙しい時期ですね。学会シーズン到来の足音も聞…

実験手袋をいろいろ試してみたーつかいすてから高級手袋までー

前回は番外編でしたが、試してみたシリーズ本編に戻ります。引き続き実験関係の消耗品…

第164回―「光・熱エネルギーを変換するスマート材料の開発」Panče Naumov教授

第164回の海外化学者インタビューは、パンチェ・ナウモフ教授です。大阪大学大学院工学研究科 生命先端…

SNS予想で盛り上がれ!2021年ノーベル化学賞は誰の手に?

今年もノーベル賞シーズンの到来です!化学賞は日本時間 10月6日(水) 18時45分に発表です。昨年…

カーボンナノチューブ薄膜のSEM画像を生成し、物性を予測するAIが開発される

先端素材高速開発技術研究組合(ADMAT)、日本ゼオンは産業技術総合研究所(AIST)と共同で、NE…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2021年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある、存命化学者」をリストアップし…

ライトケミカル工業2023卒採用情報

当社の技術グループは、20代~30代の若手社員が重要な主要案件を担当しています。広範囲で高レベルな化…

アブラナ科植物の自家不和合性をタンパク質複合体の観点から解明:天然でも希少なSP11タンパク質の立体構造予測を踏まえて

第340回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院農学生命科学研究科の森脇 由隆…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP