[スポンサーリンク]


身のまわりの分子食べ物

  1. 【解ければ化学者】ビタミン C はどれ?

    突然ですが、問題です! 第一問 抗酸化作用を持ち、老化防止に効果があると言われているビタミンCの構造はどれ?第二問砂糖の主成分であるスクロースの構造はどれ?さっそく正解…

  2. マツタケオール mushroom alcohol

    (慣用名)マツタケオール、IUPAC名:1-オクテン-3-オール(1-octen-3-ol)は松茸の…

  3. セレノネイン selenoneine

    セレノネインはマグロから発見された含セレン有機化合物。活性酸素の除去、および有機水銀の無毒化に関与していると考えられています。

  4. カフェイン caffeine

    カフェインは、コーヒーやチャなどの植物に含まれ、眠気を覚まし、集中力を高める作用を持つ成分。

  5. カルタミン

    カルタミン(カルサミン, カーサミン, carthamin)は、紅花(Carthamus tinct…

  6. アスタキサンチン (astaxanthin)

  7. グリチルリチン酸 (glycyrrhizic acid)

  8. チアミン (thiamin)

  9. 水 (water, dihydrogen monoxide)

  10. グルコース (glucose)

  11. トリクロロアニソール (2,4,6-trichloroanisole)

  12. プロパンチアールオキシド (propanethial S-oxide)

  13. リコペン / Lycopene

  14. グルタミン酸 / Glutamic Acid

  15. 酒石酸/Tartaric acid

  16. メントール /menthol

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ヒストリオニコトキシン histrionicotoxin
  2. ESI-MSの開発者、John B. Fenn氏 逝去
  3. 核酸医薬の物語1「化学と生物学が交差するとき」
  4. ヒスチジン近傍選択的なタンパク質主鎖修飾法
  5. 日本にあってアメリカにないガラス器具
  6. 荒木飛呂彦のイラストがCell誌の表紙を飾る
  7. ビタミンB12を触媒に用いた脱ハロゲン化反応

注目情報

最新記事

光/熱で酸化特性のオン/オフ制御が可能な分子スイッチの創出に成功

第244回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院・林 裕貴さんにお願いしました。…

続・企業の研究を通して感じたこと

自分は、2014年に「企業の研究を通して感じたこと」という記事を執筆しましたが、それから5年が経ち、…

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学

■ 概要企画名:    市民公開講座 夢をかなえる科学主催:        公益社団法人…

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

PAGE TOP