[スポンサーリンク]


身のまわりの分子食べ物

  1. マツタケオール mushroom alcohol

    (慣用名)マツタケオール、IUPAC名:1-オクテン-3-オール(1-octen-3-ol)は松茸の香気成分の中で最も多く存在する成分である。マツタケオールはその他のキノコにも多く含まれ、マツタケオールのみが松茸の香りの要素ではない。松茸の…

  2. セレノネイン selenoneine

    セレノネインはマグロから発見された含セレン有機化合物。活性酸素の除去、および有機水銀の無毒化に関与していると考えられています。

  3. カフェイン caffeine

    カフェインは、コーヒーやチャなどの植物に含まれ、眠気を覚まし、集中力を高める作用を持つ成分。

  4. カルタミン

    カルタミン(カルサミン, カーサミン, carthamin)は、紅花(Carthamus tinct…

  5. アスタキサンチン (astaxanthin)

    アスタキサンチンは節足動物に含まれる色素分子。エビやカニなどの甲殻類を茹でると赤くなる現象は、この色素のため。サケやフラミンゴの色は、餌として摂取した甲殻類のアスタキサンチンに由来します。

  6. グリチルリチン酸 (glycyrrhizic acid)

  7. チアミン (thiamin)

  8. 水 (water, dihydrogen monoxide)

  9. グルコース (glucose)

  10. トリクロロアニソール (2,4,6-trichloroanisole)

  11. プロパンチアールオキシド (propanethial S-oxide)

  12. リコペン / Lycopene

  13. グルタミン酸 / Glutamic Acid

  14. 酒石酸/Tartaric acid

  15. メントール /menthol

  16. アスパルテーム /aspartame

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ファイトスルフォカイン (phytosulfokine)
  2. 米メルク、業績低迷長期化へ
  3. アカデミックから民間企業への転職について考えてみる 第2回
  4. バイエル薬品、アスピリンをモチーフにしたTシャツをユニクロで発売
  5. 9,10-Dihydro-9,10-bis(2-carboxyethyl)-N-(4-nitrophenyl)-10,9-(epoxyimino)anthracene-12-carboxamide
  6. アセチレン、常温で圧縮成功
  7. 【速報】2017年のノーベル生理学・医学賞は「概日リズムを制御する分子メカニズムの発見」に!

注目情報

最新記事

持続可能性社会を拓くバイオミメティクス

内容生物に学ぶ考え方は,ナイロンに見られるように古くからあった.近年,ナノテクノロジーの飛躍…

鉄カルベン活性種を用いるsp3 C-Hアルキル化

2017年、イリノイ大学 M. Christina Whiteらは鉄フタロシアニン触媒から生成するメ…

「生合成に基づいた網羅的な天然物全合成」—カリフォルニア大学バークレー校・Sarpong研より

「ケムステ海外研究記」の第19回目は、向井健さんにお願いしました。向井さんはカリフォルニア大…

研究者向けプロフィールサービス徹底比較!

研究者にとって、業績を適切に管理しアピールすることは重要です。以前にも少し触れましたが、科研費の審査…

天然有機化合物の全合成:独創的なものづくりの反応と戦略

概要生物活性天然有機化合物(天然物)は生命の40億年にわたる進化によって選択された高機能分子…

PAGE TOP