[スポンサーリンク]


身のまわりの分子食べ物

  1. マツタケオール mushroom alcohol

    (慣用名)マツタケオール、IUPAC名:1-オクテン-3-オール(1-octen-3-ol)は松茸の香気成分の中で最も多く存在する成分である。マツタケオールはその他のキノコにも多く含まれ、マツタケオールのみが松茸の香りの要素ではない。松茸の…

  2. セレノネイン selenoneine

    セレノネインはマグロから発見された含セレン有機化合物。活性酸素の除去、および有機水銀の無毒化に関与していると考えられています。

  3. カフェイン caffeine

    カフェインは、コーヒーやチャなどの植物に含まれ、眠気を覚まし、集中力を高める作用を持つ成分。

  4. カルタミン

    カルタミン(カルサミン, カーサミン, carthamin)は、紅花(Carthamus tinct…

  5. アスタキサンチン (astaxanthin)

    アスタキサンチンは節足動物に含まれる色素分子。エビやカニなどの甲殻類を茹でると赤くなる現象は、この色素のため。サケやフラミンゴの色は、餌として摂取した甲殻類のアスタキサンチンに由来します。

  6. グリチルリチン酸 (glycyrrhizic acid)

  7. チアミン (thiamin)

  8. 水 (water, dihydrogen monoxide)

  9. グルコース (glucose)

  10. トリクロロアニソール (2,4,6-trichloroanisole)

  11. プロパンチアールオキシド (propanethial S-oxide)

  12. リコペン / Lycopene

  13. グルタミン酸 / Glutamic Acid

  14. 酒石酸/Tartaric acid

  15. メントール /menthol

  16. アスパルテーム /aspartame

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 電子デバイス製造技術 ーChemical Times特集より
  2. エノラートの酸化的カップリング Oxidative Coupling of Enolate
  3. 「物質と材料のふしぎ」4/17&21はNIMS一般公開
  4. ダグ・ステファン Douglas W. Stephan
  5. キャサリン・M・クラッデン Cathleen M. Crudden
  6. ジボリルメタンに一挙に二つの求電子剤をくっつける
  7. Happy Mole Day to You !!

注目情報

最新記事

「銅触媒を用いた不斉ヒドロアミノ化反応の開発」-MIT Buchwald研より

「ケムステ海外研究記」の第25回目は、マサチューセッツ工科大学 (MIT)博士課程で研究をされている…

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

PAGE TOP