[スポンサーリンク]


身のまわりの分子食べ物

  1. 【解ければ化学者】ビタミン C はどれ?

    突然ですが、問題です! 第一問 抗酸化作用を持ち、老化防止に効果があると言われているビタミンCの構造はどれ?第二問砂糖の主成分であるスクロースの構造はどれ?さっそく正解…

  2. マツタケオール mushroom alcohol

    (慣用名)マツタケオール、IUPAC名:1-オクテン-3-オール(1-octen-3-ol)は松茸の…

  3. セレノネイン selenoneine

    セレノネインはマグロから発見された含セレン有機化合物。活性酸素の除去、および有機水銀の無毒化に関与していると考えられています。

  4. カフェイン caffeine

    カフェインは、コーヒーやチャなどの植物に含まれ、眠気を覚まし、集中力を高める作用を持つ成分。

  5. カルタミン

    カルタミン(カルサミン, カーサミン, carthamin)は、紅花(Carthamus tinct…

  6. アスタキサンチン (astaxanthin)

  7. グリチルリチン酸 (glycyrrhizic acid)

  8. チアミン (thiamin)

  9. 水 (water, dihydrogen monoxide)

  10. グルコース (glucose)

  11. トリクロロアニソール (2,4,6-trichloroanisole)

  12. プロパンチアールオキシド (propanethial S-oxide)

  13. リコペン / Lycopene

  14. グルタミン酸 / Glutamic Acid

  15. 酒石酸/Tartaric acid

  16. メントール /menthol

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 第31回「植物生物活性天然物のケミカルバイオロジー」 上田 実 教授
  2. 化学は切手と縁が深い
  3. できる研究者の論文作成メソッド 書き上げるための実践ポイント
  4. マレーシア警察:神経剤VX検出で、正男氏は化学兵器による毒殺と判定
  5. 潤滑剤なしで抜群の滑りを実現する「自己潤滑性XXドーム」が開発されている
  6. 不均一系接触水素化 Heterogeneous Hydrogenation
  7. ジョージ・ホワイトサイズ George M. Whitesides

注目情報

最新記事

年収で内定受諾を決定する際のポイントとは

転職活動の終盤で複数の企業から内定を獲得した際、「年収が決め手となって内定を受諾…

安定なケトンのケイ素類縁体“シラノン”の合成 ケイ素—酸素2重結合の構造と性質

第214回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院理学研究科化学専攻(岩本研究室)・小林 良さんに…

99.7%の精度で偽造ウイスキーを見抜ける「人工舌」が開発される

 まるで人間の舌のように偽造ウイスキーを見抜くことができる小型のセンサーが開発されました。このセンサ…

天然のナノチューブ「微小管」の中にタンパク質を入れると何が起こる?

第213回のスポットライトリサーチは、鳥取大学大学院 工学研究科・稲葉 央 助教にお願いしました。…

有機合成化学協会誌2019年8月号:パラジウム-フェナントロリン触媒系・環状カーボネート・素粒子・分子ジャイロコマ・テトラベンゾフルオレン・海洋マクロリド

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年8月号がオンライン公開されました。ひ…

PAGE TOP