[スポンサーリンク]


身のまわりの分子食べ物

  1. 【解ければ化学者】ビタミン C はどれ?

    突然ですが、問題です! 第一問 抗酸化作用を持ち、老化防止に効果があると言われているビタミンCの構造はどれ?第二問砂糖の主成分であるスクロースの構造はどれ?さっそく正解…

  2. マツタケオール mushroom alcohol

    (慣用名)マツタケオール、IUPAC名:1-オクテン-3-オール(1-octen-3-ol)は松茸の…

  3. セレノネイン selenoneine

    セレノネインはマグロから発見された含セレン有機化合物。活性酸素の除去、および有機水銀の無毒化に関与していると考えられています。

  4. カフェイン caffeine

    カフェインは、コーヒーやチャなどの植物に含まれ、眠気を覚まし、集中力を高める作用を持つ成分。

  5. カルタミン

    カルタミン(カルサミン, カーサミン, carthamin)は、紅花(Carthamus tinct…

  6. アスタキサンチン (astaxanthin)

  7. グリチルリチン酸 (glycyrrhizic acid)

  8. チアミン (thiamin)

  9. 水 (water, dihydrogen monoxide)

  10. グルコース (glucose)

  11. トリクロロアニソール (2,4,6-trichloroanisole)

  12. プロパンチアールオキシド (propanethial S-oxide)

  13. リコペン / Lycopene

  14. グルタミン酸 / Glutamic Acid

  15. 酒石酸/Tartaric acid

  16. メントール /menthol

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 諸熊 奎治 Keiji Morokuma
  2. 秋の味覚「ぎんなん」に含まれる化合物
  3. 4,4,5,5-テトラメチル-1,3,2-ジオキサホスホラン2-オキシド : 4,4,5,5-Tetramethyl-1,3,2-dioxaphospholane 2-Oxide
  4. シラフルオフェン (silafluofen)
  5. オープンアクセスジャーナルの光と影
  6. カンファー(camphor)
  7. 野副鉄男 Tetsuo Nozoe

注目情報

最新記事

葉緑素だけが集積したナノシート

第235回のスポットライトリサーチは、立命館大学 民秋研究室で博士研究員をされていた、庄司 淳(しょ…

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

“つける“と“はがす“の新技術―分子接合と表面制御

お申込み・詳細はこちら日程2020年1月9日(木)・10日(金)定員20名  先着順…

【日産化学】画期的な生物活性を有する新規除草剤の開発  ~ジオキサジン環に苦しみ、笑った日々~

日産化学は、コア技術である「精密有機合成」や「生物評価」を活かして自社独自開発の…

PAGE TOP