[スポンサーリンク]


身のまわりの分子食べ物

  1. 【解ければ化学者】ビタミン C はどれ?

    突然ですが、問題です! 第一問 抗酸化作用を持ち、老化防止に効果があると言われているビタミンCの構造はどれ?第二問砂糖の主成分であるスクロースの構造はどれ?さっそく正解…

  2. マツタケオール mushroom alcohol

    (慣用名)マツタケオール、IUPAC名:1-オクテン-3-オール(1-octen-3-ol)は松茸の…

  3. セレノネイン selenoneine

    セレノネインはマグロから発見された含セレン有機化合物。活性酸素の除去、および有機水銀の無毒化に関与していると考えられています。

  4. カフェイン caffeine

    カフェインは、コーヒーやチャなどの植物に含まれ、眠気を覚まし、集中力を高める作用を持つ成分。

  5. カルタミン

    カルタミン(カルサミン, カーサミン, carthamin)は、紅花(Carthamus tinct…

  6. アスタキサンチン (astaxanthin)

  7. グリチルリチン酸 (glycyrrhizic acid)

  8. チアミン (thiamin)

  9. 水 (water, dihydrogen monoxide)

  10. グルコース (glucose)

  11. トリクロロアニソール (2,4,6-trichloroanisole)

  12. プロパンチアールオキシド (propanethial S-oxide)

  13. リコペン / Lycopene

  14. グルタミン酸 / Glutamic Acid

  15. 酒石酸/Tartaric acid

  16. メントール /menthol

スポンサー

ピックアップ記事

  1. English for Presentations at International Conferences
  2. 化学Webギャラリー@Flickr 【Part 3】
  3. 固体高分子電解質の基礎、材料技術と実用化【終了】
  4. ウルリッヒ・ウィーズナー Ulrich Wiesner
  5. 標準物質ーChemical Times特集より
  6. ボールドウィン則 Baldwin’s Rule
  7. 磁気ナノ粒子でガン細胞を選別する

注目情報

最新記事

研究のための取引用語

企業の研究員や研究室のスタッフになると、必要な機器や物品を自ら購入する機会が多々ある。その際に知って…

研究室でDIY!~割れないマニホールドをつくろう~

どこでも誰でも使える、ちょっとしたDIYテクニックを共有し、皆でラボを便利に使いましょう・節約しまし…

材料研究分野で挑戦、“ゆりかごから墓場まで”データフル活用の効果

材料研究分野でデータを“ゆりかごから墓場まで”フル活用するシステムの構築が進んでいる。人工知能(AI…

150度以上の高温で使える半導体プラスチック

Perdue大学のMei教授らは、150ºC以上の高温でも安定的に電気を流せる半導体ポリマー材料を開…

化学構造式描画のスタンダードを学ぼう!【応用編】

前回の【基本編】に引き続き、化学構造式描画の標準ガイドラインをご紹介します。“Graphical…

PAGE TOP