[スポンサーリンク]


身のまわりの分子食べ物

  1. マツタケオール mushroom alcohol

    (慣用名)マツタケオール、IUPAC名:1-オクテン-3-オール(1-octen-3-ol)は松茸の香気成分の中で最も多く存在する成分である。マツタケオールはその他のキノコにも多く含まれ、マツタケオールのみが松茸の香りの要素ではない。松茸の…

  2. セレノネイン selenoneine

    セレノネインはマグロから発見された含セレン有機化合物。活性酸素の除去、および有機水銀の無毒化に関与していると考えられています。

  3. カフェイン caffeine

    カフェインは、コーヒーやチャなどの植物に含まれ、眠気を覚まし、集中力を高める作用を持つ成分。

  4. カルタミン

    カルタミン(カルサミン, カーサミン, carthamin)は、紅花(Carthamus tinct…

  5. アスタキサンチン (astaxanthin)

    アスタキサンチンは節足動物に含まれる色素分子。エビやカニなどの甲殻類を茹でると赤くなる現象は、この色素のため。サケやフラミンゴの色は、餌として摂取した甲殻類のアスタキサンチンに由来します。

  6. グリチルリチン酸 (glycyrrhizic acid)

  7. チアミン (thiamin)

  8. 水 (water, dihydrogen monoxide)

  9. グルコース (glucose)

  10. トリクロロアニソール (2,4,6-trichloroanisole)

  11. プロパンチアールオキシド (propanethial S-oxide)

  12. リコペン / Lycopene

  13. グルタミン酸 / Glutamic Acid

  14. 酒石酸/Tartaric acid

  15. メントール /menthol

  16. アスパルテーム /aspartame

スポンサー

ピックアップ記事

  1. エッシェンモーザー・クライゼン転位 Eschenmoser-Claisen Rearrangement
  2. まっすぐなペプチドがつまらないなら「さあ輪になって踊ろ!」
  3. IRの基礎知識
  4. ジョナス・ピータース Jonas C. Peters
  5. 単分子レベルでの金属―分子接合界面構造の解明
  6. 世界が終わる日までビスマス
  7. ドナルド・トマリア Donald Tomalia

注目情報

最新記事

Baird芳香族性、初のエネルギー論

第126回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科(相田卓三教授) 博士後期課程1年の…

N末端選択的タンパク質修飾反応 N-Terminus Selective Protein Modification

N末端はタンパク鎖の中で1箇所しか存在しないため、これを標的とする修飾反応は必然的に高い位置・化学選…

デヒドロアラニン選択的タンパク質修飾反応 Dha-Selective Protein Modification

デヒドロアラニン(dehydroalanine, Dha)はセリンもしくはシステインから誘導される特…

DNAを切らずにゲノム編集-一塩基変換法の開発

ゲノム編集といえば、今流行りのCRISPR/Cas9を思い浮かべる方が多いと思います。CRISPR/…

文献管理ソフトを徹底比較!

今や、科学者向けの文献管理ソフトはよりどりみどりだ。その中から代表的な8つを検討した。タイト…

PAGE TOP