[スポンサーリンク]


身のまわりの分子食べ物

  1. ルテイン / lutein

    ルテインはカロテノイドの一つで、身近なところではマリーゴールドやモロヘイヤ、小松菜などに多く含まれている。400〜500 nmの青色光を吸収するため肉眼では黄〜橙色に見える。ルテインに限らずカロテノイドに属する分子は、長いポ…

  2. 【解ければ化学者】オリーブオイルの主成分の素はどれ?【脂肪の素ってどんな分子? そして脂と油の差は?】

    突然ですが、問題です!オリーブオイルの主成分の素であるオレイン酸の構造はどれ?さ…

  3. 【解ければ化学者】ビタミン C はどれ?

    突然ですが、問題です! 第一問 抗酸化作用を持ち、老化防止に効果があると言われているビタ…

  4. マツタケオール mushroom alcohol

    (慣用名)マツタケオール、IUPAC名:1-オクテン-3-オール(1-octen-3-ol)は松茸の…

  5. セレノネイン selenoneine

    セレノネインはマグロから発見された含セレン有機化合物。活性酸素の除去、および有機水銀の無毒化に関与していると考えられています。

  6. カフェイン caffeine

  7. カルタミン

  8. アスタキサンチン (astaxanthin)

  9. グリチルリチン酸 (glycyrrhizic acid)

  10. チアミン (thiamin)

  11. 水 (water, dihydrogen monoxide)

  12. グルコース (glucose)

  13. トリクロロアニソール (2,4,6-trichloroanisole)

  14. プロパンチアールオキシド (propanethial S-oxide)

  15. リコペン / Lycopene

  16. グルタミン酸 / Glutamic Acid

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 向かい合わせになったフェノールが織りなす働き
  2. 極性表面積 polar surface area
  3. 2019年ケムステ人気記事ランキング
  4. 【第二回】シード/リード化合物の合成
  5. 私が思う化学史上最大の成果-1
  6. Comprehensive Organic Transformations: A Guide to Functional Group Preparations
  7. 第一製薬、仏サノフィに脳梗塞予防薬の営業権を返還

注目情報

最新記事

bassler ボニー・L.・バスラー Bonnie L. Bassler

ボニー・L.・バスラー (Bonnie Lynn Bassler , 1962年XX月XX日-)は、…

電子を閉じ込める箱: 全フッ素化キュバンの合成

第 423 回のスポットライトリサーチは、東京大学 工学系研究科 化学生命工学専…

プラズモンTLC:光の力でナノ粒子を自在に選別できる新原理クロマトグラフィー

第422回のスポットライトリサーチは、名古屋大学 大学院工学研究科 鳥本研究室の秋吉 一孝 (あきよ…

マテリアルズ・インフォマティクスの基礎知識とよくある誤解

開催日:2022/10/04 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

クオラムセンシング Quorum Sensing

クオラムセンシング (Quorum Sensing)とは、細菌が自己誘導因子 (autoinduce…

PAGE TOP