[スポンサーリンク]


身のまわりの分子食べ物

  1. 【解ければ化学者】オリーブオイルの主成分の素はどれ?【脂肪の素ってどんな分子? そして脂と油の差は?】

    突然ですが、問題です!オリーブオイルの主成分の素であるオレイン酸の構造はどれ?さっそく正解と解説に移りましょう、と言いたいところですが、問題のすぐ下に答えを乗せてしまうと間違って答えを見てしまう恐れがあるので、少し間を挟…

  2. 【解ければ化学者】ビタミン C はどれ?

    突然ですが、問題です! 第一問 抗酸化作用を持ち、老化防止に効果があると言われているビタ…

  3. マツタケオール mushroom alcohol

    (慣用名)マツタケオール、IUPAC名:1-オクテン-3-オール(1-octen-3-ol)は松茸の…

  4. セレノネイン selenoneine

    セレノネインはマグロから発見された含セレン有機化合物。活性酸素の除去、および有機水銀の無毒化に関与していると考えられています。

  5. カフェイン caffeine

    カフェインは、コーヒーやチャなどの植物に含まれ、眠気を覚まし、集中力を高める作用を持つ成分。

  6. カルタミン

  7. アスタキサンチン (astaxanthin)

  8. グリチルリチン酸 (glycyrrhizic acid)

  9. チアミン (thiamin)

  10. 水 (water, dihydrogen monoxide)

  11. グルコース (glucose)

  12. トリクロロアニソール (2,4,6-trichloroanisole)

  13. プロパンチアールオキシド (propanethial S-oxide)

  14. リコペン / Lycopene

  15. グルタミン酸 / Glutamic Acid

  16. 酒石酸/Tartaric acid

スポンサー

ピックアップ記事

  1. natureasia.com & Natureダイジェスト オンラインセミナー開催
  2. ポヴァロフ反応 Povarov Reaction
  3. ローゼンムント還元 Rosenmund Reduction
  4. 国際化学オリンピック2016でもメダルラッシュ!
  5. 兵庫で3人が農薬中毒 中国産ギョーザ食べる
  6. 分子で作る惑星、その名もナノサターン!
  7. メソリティック開裂を経由するカルボカチオンの触媒的生成法

注目情報

最新記事

ホウ素でがんをやっつける!

「ホウ素」と言ったときに皆さんは何を思い浮かべますか?鈴木宮浦カップリング、ルイス酸(BF3…

広瀬すずさんがTikTok動画に初挑戦!「#AGCチャレンジ」を開始

TikTok For BusinessとAGC株式会社は、AGCをより多くの人に知っていただくことを…

新規性喪失の例外規定とは?

bergです。今回は論文投稿・学会発表と特許出願を同時に行うための新規性喪失の例外規定の適用手続きに…

新車の香りは「発がん性物質」の香り、1日20分嗅ぐだけで発がんリスクが高まる可能性

「新車の香り」には、がんや生殖障害、子どもの先天性欠損症などを引き起こす可能性があるベンゼンやホルム…

溶液を流すだけで誰でも簡単に高分子を合成できるリサイクル可能な不均一系ラジカル発生剤の開発

第 295 回のスポットライトリサーチは東京大学豊田研究室の博士課程 1 年 岡美奈実さんと修士課程…

PAGE TOP