[スポンサーリンク]


身のまわりの分子医薬品

  1. 塩化ラジウム223

    塩化ラジウム223(Radium-223 chloride)は、ラジウム223の塩化物でα崩壊を起こす。α線を用いた癌治療薬となっていて商品名は、ゾーフィゴ(Xofigo)である。 (さらに…)…

  2. 18F-FDG(フルオロデオキシグルコース)

    構造グルコースの2位の水酸基を18フッ素で置換したものが18F-FDG(フルオロデオキシグルコー…

  3. シクロクラビン cycloclavine

    シクロクラビン(cycloclavine)は、糸状菌Aspergillus japonicus.が生…

  4. カフェイン caffeine

    カフェインは、コーヒーやチャなどの植物に含まれ、眠気を覚まし、集中力を高める作用を持つ成分。

  5. メラトニン melatonin

    メラトニンは、脊椎動物に見られるホルモン。睡眠の調節に関与します。

  6. アコニチン (aconitine)

  7. グリチルリチン酸 (glycyrrhizic acid)

  8. ペルフルオロデカリン (perfluorodecalin)

  9. オーラノフィン (auranofin)

  10. ボルテゾミブ (bortezomib)

  11. カスガマイシン (kasugamycin)

  12. カルボラン carborane

  13. ニトログリセリン / nitroglycerin

  14. コルチスタチン /Cortistatin

  15. ペラミビル / Peramivir

  16. トラネキサム酸 / tranexamic acid

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 芳香族メタ光環化付加 Aromatic meta-photocycloaddition
  2. ウコンの成分「クルクミン」自体に効果はない?
  3. わずかな末端修飾で粘度が1万倍も変わる高分子
  4. 周期表の歴史を振り返る【周期表生誕 150 周年特別企画】
  5. アフリカの化学ってどうよ?
  6. 大阪・池田 リチウム電池の実験中に爆発事故
  7. コンラッド・リンパック キノリン合成 Conrad-Limpach Quinoline Synthesis

注目情報

最新記事

第121回―「亜鉛勾配を検出する蛍光分子の開発」Lei Zhu教授

第121回の海外化学者インタビューは、Lei Zhu教授です。フロリダ州立大学 化学・生化学科で、亜…

高知市で「化学界の権威」を紹介する展示が開催中

明治から昭和にかけて“化学界の権威”として活躍した高知出身の化学者=近重真澄を紹介する展示が高知市で…

ケムステバーチャルプレミアレクチャーの放送開始決定!

主に最先端化学に関する講演者をテーマ別で招待しオンライン講演を行っていただくケムステバーチャルシンポ…

分子運動を世界最高速ムービーで捉える!

第275回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院理学系研究科化学専攻 博士課程・清水俊樹 さんに…

「未来博士3分間コンペティション2020」の挑戦者を募集

科学技術人材育成のコンソーシアムの構築事業(次世代研究者育成プログラム)「未来を拓く地方協奏プラ…

PAGE TOP