[スポンサーリンク]


身のまわりの分子医薬品

  1. アセトアミノフェン Acetaminophen

     アセトアミノフェン (acetaminophen) は、有機化合物の一つ。海外ではパラセタモール (paracetamol) とも呼ばれる。解熱鎮痛剤として古くから使用されている医薬品である。本品単剤を有効成分として含む製品にはカ…

  2. 重医薬品(重水素化医薬品、heavy drug)

    重医薬品(重水素化医薬品, heavy drug)とは重水素(2H, D)で標識…

  3. みんなおなじみ DMSO が医薬品として承認!

    2021年1月22日、間質性膀胱炎治療薬ジメチルスルホキシド (商品名ジムソ膀胱内注…

  4. ロピニロールのメディシナルケミストリー -iPS創薬でALS治療に光明-

    神経難病における iPS 細胞創薬に基づいた医師主導治験を完了 -筋萎縮性側索硬化症(A…

  5. 塩化ラジウム223

    塩化ラジウム223(Radium-223 chloride)は、ラジウム223の塩化物でα崩壊を起こ…

  6. 18F-FDG(フルオロデオキシグルコース)

  7. シクロクラビン cycloclavine

  8. カフェイン caffeine

  9. メラトニン melatonin

  10. アコニチン (aconitine)

  11. グリチルリチン酸 (glycyrrhizic acid)

  12. ペルフルオロデカリン (perfluorodecalin)

  13. オーラノフィン (auranofin)

  14. ボルテゾミブ (bortezomib)

  15. カスガマイシン (kasugamycin)

  16. カルボラン carborane

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 実験器具・設備の価格を知っておきましょう
  2. 2023年から始めるマテリアルズ・インフォマティクスの進め方 〜<期間限定>MIスターティングパッケージ企画もご紹介〜
  3. トイレから学ぶ超撥水と超親水
  4. ボリレン
  5. 配位子保護金属クラスターを用いた近赤外―可視光変換
  6. MOFはイオンのふるい~リチウム-硫黄電池への応用事例~
  7. 日本学士院賞・受賞化学者一覧

注目情報

最新記事

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

第11回 慶應有機化学若手シンポジウム

シンポジウム概要主催:慶應有機化学若手シンポジウム実行委員会共催:慶應義塾大…

薬学部ってどんなところ?

自己紹介Chemstationの新入りスタッフのねこたまと申します。現在は学部の4年生(薬学部)…

光と水で還元的環化反応をリノベーション

第609回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院薬学研究院(精密合成化学研究室)の中村顕斗 …

ブーゲ-ランベルト-ベールの法則(Bouguer-Lambert-Beer’s law)

概要分子が溶けた溶液に光を通したとき,そこから出てくる光の強さは,入る前の強さと比べて小さくなる…

PAGE TOP