[スポンサーリンク]


身のまわりの分子医薬品

  1. 塩化ラジウム223

    塩化ラジウム223(Radium-223 chloride)は、ラジウム223の塩化物でα崩壊を起こす。α線を用いた癌治療薬となっていて商品名は、ゾーフィゴ(Xofigo)である。 (さらに…)…

  2. 18F-FDG(フルオロデオキシグルコース)

    構造グルコースの2位の水酸基を18フッ素で置換したものが18F-FDG(フルオロデオキシグルコー…

  3. シクロクラビン cycloclavine

    シクロクラビン(cycloclavine)は、糸状菌Aspergillus japonicus.が生…

  4. カフェイン caffeine

    カフェインは、コーヒーやチャなどの植物に含まれ、眠気を覚まし、集中力を高める作用を持つ成分。

  5. メラトニン melatonin

    メラトニンは、脊椎動物に見られるホルモン。睡眠の調節に関与します。

  6. アコニチン (aconitine)

  7. グリチルリチン酸 (glycyrrhizic acid)

  8. ペルフルオロデカリン (perfluorodecalin)

  9. オーラノフィン (auranofin)

  10. ボルテゾミブ (bortezomib)

  11. カスガマイシン (kasugamycin)

  12. カルボラン carborane

  13. ニトログリセリン / nitroglycerin

  14. コルチスタチン /Cortistatin

  15. ペラミビル / Peramivir

  16. トラネキサム酸 / tranexamic acid

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ポロノフスキー開裂 Polonovski Fragmentation
  2. タミフル(オセルタミビル) tamiflu (oseltamivir)
  3. デュボア アミノ化反応 Du Bois Amination
  4. 生体外の環境でタンパクを守るランダムポリマーの設計
  5. スケールアップ検討法・反応・晶析と実験のスピードアップ化【終了】
  6. 元素ネイルワークショップー元素ネイルってなに?
  7. エンテロシン Enterocin

注目情報

最新記事

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

アメリカで医者にかかる

アメリカの大学院に進学する際、とても悩んだのが、医療保険についてです。アメリカでは医療費がとても高い…

MOF 結晶表面の敏感な応答をリアルタイム観察

第178回のスポットライトリサーチは、東京大学の細野暢彦講師にお願いしました。細野先生は高分…

有機合成化学協会誌2019年2月号:触媒的脱水素化・官能性第三級アルキル基導入・コンプラナジン・アライン化学・糖鎖クラスター・サリチルアルデヒド型イネいもち病菌毒素

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年2月号がオンライン公開されました。今…

PAGE TOP