[スポンサーリンク]


odos 有機反応データベースM

  1. メチオニン選択的タンパク質修飾反応 Met-Selective Protein Modification

    メチオニン(Methionine, Met)は、存在比率および表面露出数がトリプトファンに次いで低い天然アミノ酸である。その側鎖(メチルスルフィド)は他のアミノ酸側鎖が示す求核性とは相補的な反応性を示す。またMetは疎水性残基であり、荷電側…

  2. マーシャル プロパルギル化 Marshall Propargylation

    概要プロパルギルメシラートを還元的にアルデヒドとカップリングさせ、炭素-炭素結合を作る反応条件。…

  3. MSH試薬 MSH reagent

    概要MSH試薬(O-(mesitylsulfonyl)hydroxylamine)はNH2単位を…

  4. 向山・鈴木グリコシル化反応 Mukaiyama-Suzuki Glycosylation

    概要単離保存可能なフッ化糖をグリコシルドナーとしてグリコシル化を行う手法。向山らによって開発され…

  5. 芳香族メタ光環化付加 Aromatic meta-photocycloaddition

    概要芳香族化合物とアルケンは光照射下に付加環化を起こす。通常の合成法では得られに…

  6. メリフィールド ペプチド固相合成法 Merrifield Solid-Phase Peptide Synthesis

  7. ボロン酸MIDAエステル MIDA boronate

  8. ミニスキ反応 Minisci Reaction

  9. 向山水和反応 Mukaiyama Hydration

  10. マッテソン増炭反応 Matteson Homologation

  11. マルコフニコフ則 Markovnikov’s Rule

  12. マンダー試薬 Mander’s Reagent

  13. MAC試薬 MAC Reagent

  14. モンサント酢酸合成プロセス Monsanto Process for Acetic Acid Synthesis

  15. マクファディン・スティーヴンス反応 McFadyen-Stevens Reaction

  16. 向山縮合試薬 Mukaiyama Condensation Reagent

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 東大キャリア教室で1年生に伝えている大切なこと: 変化を生きる13の流儀
  2. ニューマン・クワート転位 Newman-Kwart Rearrangement
  3. グラフェン技術の最先端 ~量産技術と使いやすさの向上、今後の利用展開~
  4. ジョージ・ホワイトサイズ George M. Whitesides
  5. ケック不斉アリル化 Keck Asymmetric Allylation
  6. 有機分子触媒ーChemical Times特集より
  7. 第37回 糖・タンパク質の化学から生物学まで―Ben Davis教授

注目情報

最新記事

フルオロシランを用いたカップリング反応~ケイ素材料のリサイクルに向けて~

第282回のスポットライトリサーチは、大阪府立大学 大学院理学系研究科(松坂研究室)・山本大貴さんに…

第133回―「遺伝暗号リプログラミングと翻訳後修飾の研究」Jason Chin教授

第133回の海外化学者インタビューはジェイソン・チン教授です。ケンブリッジMRC分子生物学研究所のタ…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(3)

前回・前々回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路やインダストリー就活の流れ…

リンだ!リンだ!ホスフィン触媒を用いたメチルアミノ化だ!

有機リン触媒とアリールボロン酸を用いたニトロメタンの還元的C–Nカップリング反応が報告された。本手法…

化学者のためのエレクトロニクス講座~次世代の通信技術編~

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

PAGE TOP