[スポンサーリンク]


odos 有機反応データベースM

  1. メチオニン選択的タンパク質修飾反応 Met-Selective Protein Modification

    メチオニン(Methionine, Met)は、存在比率および表面露出数がトリプトファンに次いで低い天然アミノ酸である。その側鎖(メチルスルフィド)は他のアミノ酸側鎖が示す求核性とは相補的な反応性を示す。またMetは疎水性残基であり、荷電側…

  2. マーシャル プロパルギル化 Marshall Propargylation

    概要プロパルギルメシラートを還元的にアルデヒドとカップリングさせ、炭素-炭素結合を作る反応条件。…

  3. MSH試薬 MSH reagent

    概要MSH試薬(O-(mesitylsulfonyl)hydroxylamine)はNH2単位を…

  4. 向山・鈴木グリコシル化反応 Mukaiyama-Suzuki Glycosylation

    概要単離保存可能なフッ化糖をグリコシルドナーとしてグリコシル化を行う手法。向山らによって開発され…

  5. 芳香族メタ光環化付加 Aromatic meta-photocycloaddition

    概要芳香族化合物とアルケンは光照射下に付加環化を起こす。通常の合成法では得られに…

  6. メリフィールド ペプチド固相合成法 Merrifield Solid-Phase Peptide Synthesis

  7. ボロン酸MIDAエステル MIDA boronate

  8. ミニスキ反応 Minisci Reaction

  9. 向山水和反応 Mukaiyama Hydration

  10. マッテソン増炭反応 Matteson Homologation

  11. マルコフニコフ則 Markovnikov’s Rule

  12. マンダー試薬 Mander’s Reagent

  13. MAC試薬 MAC Reagent

  14. モンサント酢酸合成プロセス Monsanto Process for Acetic Acid Synthesis

  15. マクファディン・スティーヴンス反応 McFadyen-Stevens Reaction

  16. 向山縮合試薬 Mukaiyama Condensation Reagent

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 今度こそ目指せ!フェロモンでリア充生活
  2. ギルバート・ストーク Gilbert Stork
  3. 大学の講義を無料聴講! Academic Earth & Youtube EDU
  4. 信越化学、塩化ビニル樹脂を値上げ
  5. 2016年4月の注目化学書籍
  6. ジョージ・ホワイトサイズ George M. Whitesides
  7. 黒よりも黒い? 「最も暗い」物質 米大学チーム作製

注目情報

最新記事

光/熱で酸化特性のオン/オフ制御が可能な分子スイッチの創出に成功

第244回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院・林 裕貴さんにお願いしました。…

続・企業の研究を通して感じたこと

自分は、2014年に「企業の研究を通して感じたこと」という記事を執筆しましたが、それから5年が経ち、…

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学

■ 概要企画名:    市民公開講座 夢をかなえる科学主催:        公益社団法人…

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

PAGE TOP