[スポンサーリンク]


odos 有機反応データベースM

  1. メチオニン選択的タンパク質修飾反応 Met-Selective Protein Modification

    メチオニン(Methionine, Met)は、存在比率および表面露出数がトリプトファンに次いで低い天然アミノ酸である。その側鎖(メチルスルフィド)は他のアミノ酸側鎖が示す求核性とは相補的な反応性を示す。またMetは疎水性残基であり、荷電側…

  2. マーシャル プロパルギル化 Marshall Propargylation

    概要プロパルギルメシラートを還元的にアルデヒドとカップリングさせ、炭素-炭素結合を作る反応条件。…

  3. MSH試薬 MSH reagent

    概要MSH試薬(O-(mesitylsulfonyl)hydroxylamine)はNH2単位を…

  4. 向山・鈴木グリコシル化反応 Mukaiyama-Suzuki Glycosylation

    概要単離保存可能なフッ化糖をグリコシルドナーとしてグリコシル化を行う手法。向山らによって開発され…

  5. 芳香族メタ光環化付加 Aromatic meta-photocycloaddition

    概要芳香族化合物とアルケンは光照射下に付加環化を起こす。通常の合成法では得られに…

  6. メリフィールド ペプチド固相合成法 Merrifield Solid-Phase Peptide Synthesis

  7. ボロン酸MIDAエステル MIDA boronate

  8. ミニスキ反応 Minisci Reaction

  9. 向山水和反応 Mukaiyama Hydration

  10. マッテソン反応 Matteson Reaction

  11. マルコフニコフ則 Markovnikov’s Rule

  12. マンダー試薬 Mander’s Reagent

  13. MAC試薬 MAC Reagent

  14. モンサント酢酸合成プロセス Monsanto Process for Acetic Acid Synthesis

  15. マクファディン・スティーヴンス反応 McFadyen-Stevens Reaction

  16. 向山縮合試薬 Mukaiyama Condensation Reagent

スポンサー

ピックアップ記事

  1. JSRとはどんな会社?-2
  2. ノーベル街道起点
  3. レスベラトロール /resveratrol
  4. コーンフォース転位 Cornforth Rearrangement
  5. カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (2)
  6. ハリース オゾン分解 Harries Ozonolysis
  7. ゾル-ゲル変化を自ら繰り返すアメーバのような液体の人工合成

注目情報

最新記事

アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する

不活性C(sp3)–N結合をボリル化する初めての反応が開発された。入手容易なアルキルアミンから様々な…

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

PAGE TOP