[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

はしか流行?

日本、特に都内の大学では「麻疹(はしか)」が大流行らしい。あちこちの大学で休講が相次いでいるとか。「学級閉鎖なんて小学校以来じゃねーかな?」とか思えて妙に新鮮な日々なり。

とはいえ全く実感が湧きません。なぜなら、ラボの周りのメンバーは誰一人としてはしかで休んだりしてないのです。朝から晩まで実験実験の彼らは体力的にも忍耐力的にも恵まれているのでしょうか。

こういう状況になると「そこら辺に有機溶媒が蔓延してるからウィルスのほうが近寄りがたいんじゃね?」「うちは外界から隔離された牢獄だからねー」「かかるやつらってゆとりでしょ?」などの自虐風味な冗談が飛び交うのも多忙な有機化学系ラボでのお約束。

まあそれはさておき、実のところ、主には10代後半に流行っているとか、予防接種率が低いとか、しばらく流行が無かったために全体として免疫が落ちているとか、その辺が原因みたいです。

「『はしか』の特効薬って合成できたら話題性抜群だよな?」とかいう話も普通に出てました。(よく調べてないですが)そんなものは無い、というのが現状のようですが、研究テーマがそんな短絡的に決まるものであらまほしきはなくもがな(?)。

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 透明なカニ・透明な紙:バイオナノファイバーの世界
  2. アルミニウムで水素分子を活性化する
  3. サリンを検出可能な有機化合物
  4. 地域の光る化学企業たち-1
  5. 2013年ノーベル化学賞は誰の手に?トムソンロイター版
  6. 第10回次世代を担う有機化学シンポジウムに参加してきました
  7. ベンジル位アセタールを選択的に酸素酸化する不均一系触媒
  8. ホウ素ーホウ素三重結合を評価する

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第38回有機金属若手の会
  2. デーリング・ラフラム アレン合成 Doering-LaFlamme Allene Synthesis
  3. 目指せ化学者墓マイラー
  4. 求電子的フッ素化剤 Electrophilic Fluorination Reagent
  5. 論文引用ランキングから見る、化学界の世界的潮流
  6. 化学で「透明人間」になれますか? 人類の夢をかなえる最新研究15
  7. 2017年の注目分子はどれ?
  8. 第28回 錯体合成から人工イオンチャンネルへ – Peter Cragg教授
  9. 松本和子氏がIUPACのVice Presidentに選出される
  10. 鉄の新たな可能性!?鉄を用いたWacker型酸化

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

酵母菌に小さなソーラーパネル

Harvard大学のNeel S. Joshi教授らは、光合成を行わない微生物に光増感剤を担持するこ…

有機合成反応で乳がん手術を改革

理化学研究所(理研)、大阪大学、カザン大学の国際共同研究グループは、乳がんの手術中に摘出した組織で有…

有機合成化学協会誌2018年12月号:シアリダーゼ・Brook転位・末端選択的酸化・キサンテン・ヨウ素反応剤・ニッケル触媒・Edoxaban中間体・逆電子要請型[4+2]環化付加

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年12月号がオンライン公開されました。…

Googleの面接で話した自分の研究内容が勝手に特許出願された

This is what happened when I went to visit a giant…

信頼度の高い合成反応を学ぶ:Science of Synthesis(SoS)

今回はScience of Synthesis(SoS)という合成化学のオンラインデータベースを紹介…

ホイスラー合金を用いる新規触媒の発見と特性調節

第174回目のスポットライトリサーチは、東北大学 学際科学フロンティア研究所・小嶋隆幸 助教にお願い…

PAGE TOP