[スポンサーリンク]

M

モンサント酢酸合成プロセス Monsanto Process for Acetic Acid Synthesis

 

概要

ロジウム触媒および助触媒としてヨウ化水素酸を用いることで、メタノールをカルボニル化して酢酸を合成する手法。これはMonsanto法と呼ばれ、代表的な酢酸の工業的合成プロセスである。

 

基本文献

 

反応機構

monsanto_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ビンゲル反応 Bingel Reaction
  2. ヒュスゲン環化付加 Huisgen Cycloaddition
  3. マイゼンハイマー転位 Meisenheimer Rearrang…
  4. シュミット転位 Schmidt Rearrangement
  5. セイファース・ギルバート アルキン合成 Seyferth-Gil…
  6. デレピン アミン合成 Delepine Amine Synthe…
  7. 向山水和反応 Mukaiyama Hydration
  8. カストロ・ステファンス カップリング Castro-Stephe…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 含『鉛』芳香族化合物ジリチオプルンボールの合成に成功!①
  2. 元素周期 萌えて覚える化学の基本
  3. 不活性第一級C–H結合の触媒的官能基化反応
  4. 2009年度日本学士院賞、化学では竜田教授が受賞
  5. 2012年10大化学ニュース【前編】
  6. 磁力で生体触媒反応を制御する
  7. Letters to a Young Chemist
  8. ストックホルム市庁舎
  9. パラジウムが要らない鈴木カップリング反応!?
  10. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」③

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

Carl Boschの人生 その2

Tshozoです。前回の続き、早速参ります。筆者のフォルダが火を噴く動画集 おそらく現存…

トヨタ、世界初「省ネオジム耐熱磁石」開発

トヨタは、今後急速な拡大が予想される電動車に搭載される高出力モーターなど様々なモーターに使用されるネ…

触媒のチカラで拓く位置選択的シクロプロパン合成

嵩高いコバルト錯体を触媒として用いた位置選択的Simmons–Smith型モノシクロプロパン化反応が…

「原子」が見えた! なんと一眼レフで撮影に成功

An Oxford University student who captured an image…

2018年3月2日:ケムステ主催「化学系学生対象 企業合同説明会」

2月も後半となり、3月1日の就活解禁に向けて、2019年卒業予定の学生のみなさんは、就活モードが本格…

高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 2: 牛の尿で発電!? 卵殻膜を用いた燃料電池–

1 月 27 日に開催された第 23 回 高専シンポジウム in KOBE の参加報告の後編です。前…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP