[スポンサーリンク]

M

モンサント酢酸合成プロセス Monsanto Process for Acetic Acid Synthesis

 

概要

ロジウム触媒および助触媒としてヨウ化水素酸を用いることで、メタノールをカルボニル化して酢酸を合成する手法。これはMonsanto法と呼ばれ、代表的な酢酸の工業的合成プロセスである。

 

基本文献

 

反応機構

monsanto_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ケック不斉アリル化 Keck Asymmetric Allyla…
  2. モヴァッサージ脱酸素化 Movassaghi Deoxigena…
  3. ブレデレック オキサゾール合成 Bredereck Oxazol…
  4. 福山アミン合成 Fukuyama Amine Synthesis…
  5. マクコーマック反応 McCormack Reaction
  6. ケック ラジカルアリル化反応 Keck Radicallic A…
  7. 求核置換反応 Nucleophilic Substitution…
  8. 不均一系接触水素化 Heterogeneous Hydrogen…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑤(解答編)
  2. ジルコノセン触媒による第一級アミドとアミンのトランスアミド化反応
  3. 森謙治 Kenji Mori
  4. エッシェンモーザーカップリング Eschenmoser Coupling
  5. メタンハイドレートの化学 ~その2~
  6. 前代未聞のねつ造論文 学会発表したデータを基に第三者が論文を発表
  7. チャールズ・リーバー Charles M. Lieber
  8. 【予告】ケムステ新コンテンツ『CSスポットライトリサーチ』
  9. 危険ドラッグ:創薬化学の視点から
  10. 光延反応 Mitsunobu Reaction

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法

2016年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・Eric J. Alexanianらは、青色光照射下…

硤合 憲三 Kenso Soai

硤合 憲三 (そあい けんそう、1950年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京理科大学 名誉…

カルボン酸からハロゲン化合物を不斉合成する

第119回のスポットライトリサーチは、豊橋技術科学大学大学院 柴富研究室 博士後期課程1年の北原 一…

アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton

アンドリュー・ディヴィッド・ハミルトン (Andrew David Hamilton、1952年11…

耐薬品性デジタルマノメーター:バキューブランド VACUU・VIEW

突然ですが、「バキューブランド」って会社知っていますか?合成化学系の先生方はご存知の人が多い…

生物指向型合成 Biology-Oriented Synthesis

生物の機能主体であるタンパク質では、決まった構造モチーフが種を超越して高度に保存されている。生物活性…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP