[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

Thieme-IUPAC Prize in Synthetic Organic Chemistry ―受賞者一覧

Thieme-IUPAC Prizeは、国際純正応用化学連合(IUPAC)より、傑出した若手有機合成化学者に授与される。2年に一度、国際有機合成学会(ICOS)にの開催にあわせて表彰される。

過去の受賞者は以下のとおり。

1992 Stuart L Schreiber
1994 Paul Knochel
1996 Eric N. Jacobsen
1998 Andrew G. Myers
2000 Alois Furstner
2002 Eric M. Carreira
2004 John F. Hartwig
2006 David W. C. MacMillan
2008 F. Dean Toste
2010 Phil S. Baran
2012 Melanie S. Sanford
2014 Martin D. Burke
2016 Neil Garg

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 黒田 一幸 Kazuyuki Kuroda
  2. 塩谷光彦 Mitsuhiko Shionoya
  3. ザック・ボール Zachary T. Ball
  4. 浜地 格 Itaru Hamachi
  5. シューミン・リー Shu-Ming Li
  6. 小松紘一 Koichi Komatsu
  7. ヴィクター・スニーカス Victor A. Snieckus
  8. キャロライン・ベルトッツィ Carolyne R. Bertoz…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 日本に居ながら、ナマの英語に触れる工夫
  2. スーパーなパーティクル ースーパーパーティクルー
  3. 【読者特典】第92回日本化学会付設展示会を楽しもう!PartII
  4. 産総研、バイオから環境まで応用可能な新しい質量分析技術の開発に成功
  5. ペルフルオロデカリン (perfluorodecalin)
  6. ノーベル化学賞、米・イスラエルの3氏に授与
  7. 呉羽化学、社名を「クレハ」に
  8. パクリタキセル(タキソール) paclitaxel(TAXOL)
  9. AZADOLR ~ 高活性なアルコール酸化触媒
  10. 米デュポン、高機能化学部門を分離へ

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

オハイオ州立大学・David A. Nagibらは、脂肪族アルコールのラジカル関与型β位選択的C(s…

翻訳アルゴリズムで化学反応を予測、IBMの研究者が発表

有機化学を原子や分子ではなく、単語や文と考えることで、人工知能(AI)アルゴリズムを用いて化学反応を…

細胞をつなぐ秘密の輸送路

細胞から細く長く伸びるワイヤー状の管。サイトネームやトンネルナノチューブと呼ばれるこの管は、離れた細…

IGZO

インジウム (Indium) 、ガリウム (Gallium) 、亜鉛 (Zinc) 、酸素 (Oxy…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP