[スポンサーリンク]

M

芳香族メタ光環化付加 Aromatic meta-photocycloaddition

 

概要

芳香族化合物とアルケンは光照射下に[3+2]付加環化を起こす。通常の合成法では得られにくい骨格を短工程で得られる。位置選択性に優れる分子内反応のほうが合成的には有用性が高い。

 

基本文献

<photochemical reaction in total synthesis>

 

反応機構

以下の様なzwitterionicもしくはbiradical中間体を経て進行すると考えられている。σ結合形成過程が律速。[2+2]反応と競争するが、多くの場合[2+2]生成物は不安定であるため、[3+2]付加体が優先する。 meta_cycloadd_2.gif

 

反応例

Retigeranic acidの合成[1] meta_cycloadd_3.gif

実験手順

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Wender, P. A.; Singh, S. K. Tetrahedron Lett. 1990, 31, 2517. doi:10.1016/0040-4039(90)80114-2

 

関連書籍

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 縮合剤 Condensation Reagent
  2. ベンゾイン縮合反応 Benzoin Condensation
  3. ダフ反応 Duff Reaction
  4. メーヤワイン アリール化反応 Meerwein Arylatio…
  5. 福山インドール合成 Fukuyama Indole Synthe…
  6. コルベ・シュミット反応 Kolbe-Schmitt Reacti…
  7. ワートン反応 Wharton Reaction
  8. ミズロウ・エヴァンス転位 Mislow-Evans Rearra…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 上村 大輔 Daisuke Uemura
  2. 【書籍】クロスカップリング反応 基礎と産業応用
  3. 金属原子のみでできたサンドイッチ
  4. 化学エンターテイメント小説第3弾!『ラブ・リプレイ』
  5. マッテソン反応 Matteson Reaction
  6. プロペランの真ん中
  7. 光触媒の活性化機構の解明研究
  8. 第13回 化学を楽しみ、創薬に挑み続ける ―Derek Lowe博士
  9. ピナコール転位 Pinacol Rearrangement
  10. 2007年10大化学ニュース

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

オハイオ州立大学・David A. Nagibらは、脂肪族アルコールのラジカル関与型β位選択的C(s…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP