[スポンサーリンク]

M

芳香族メタ光環化付加 Aromatic meta-photocycloaddition

[スポンサーリンク]

 

概要

芳香族化合物とアルケンは光照射下に[3+2]付加環化を起こす。通常の合成法では得られにくい骨格を短工程で得られる。位置選択性に優れる分子内反応のほうが合成的には有用性が高い。

 

基本文献

<photochemical reaction in total synthesis>

 

反応機構

以下の様なzwitterionicもしくはbiradical中間体を経て進行すると考えられている。σ結合形成過程が律速。[2+2]反応と競争するが、多くの場合[2+2]生成物は不安定であるため、[3+2]付加体が優先する。 meta_cycloadd_2.gif

 

反応例

Retigeranic acidの合成[1] meta_cycloadd_3.gif

実験手順

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Wender, P. A.; Singh, S. K. Tetrahedron Lett. 1990, 31, 2517. doi:10.1016/0040-4039(90)80114-2

 

関連書籍

関連リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. DABSOを用いるSO2導入反応 SO2 incorporati…
  2. クネーフェナーゲル縮合 Knoevenagel Condensa…
  3. 不均一系接触水素化 Heterogeneous Hydrogen…
  4. ジョンソン オレフィン合成 Johnson Olefinatio…
  5. ベロウソフ・ジャボチンスキー反応 Belousov-Zhabot…
  6. 超原子価ヨウ素 Hypervalent Iodine
  7. 向山酸化 Mukaiyama Oxidation
  8. 市川アリルシアナート転位 Ichikawa Allylcyana…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. トマス・リンダール Tomas R. Lindahl
  2. 山本明夫 Akio Yamamoto
  3. アスピリンの梗塞予防検証 慶応大、1万人臨床試験
  4. 塩野義 抗インフルエンザ薬を承認申請
  5. 取扱いが容易なトリフルオロアセチル化試薬
  6. 化学にインスパイアされたジュエリー
  7. 第63回―「生物のコミュニケーションを司る天然物化学」矢島 新 教授
  8. ソモライ教授2008年プリーストリー賞受賞
  9. エチルマグネシウムクロリド(活性化剤:塩化亜鉛):Ethylmagnesium Chloride activated with Zinc Chloride
  10. いつ、どこで体内に 放射性物質に深まる謎

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

研究助成金&海外留学補助金募集:公益財団法人アステラス病態代謝研究会

令和2年度はじまりました。とはいってもほとんどの大学講義開始は延期、講義もオンライン化が進み、いつも…

ウレエートを強塩基性官能基として利用したキラルブレンステッド塩基触媒の創製

第255回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院理学研究科 化学専攻・石川 奨さんにお願いしまし…

天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

ケムステ海外研究記の第 33 回はテキサス大学 Liu 研究室に留学されていた牛丸理一郎先生にお願い…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(2)

前回の記事では、コロナウイルスの基礎知識とコロナウイルスが持つRNA分解酵素(EndoU)について述…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP