[スポンサーリンク]

M

芳香族メタ光環化付加 Aromatic meta-photocycloaddition

 

概要

芳香族化合物とアルケンは光照射下に[3+2]付加環化を起こす。通常の合成法では得られにくい骨格を短工程で得られる。位置選択性に優れる分子内反応のほうが合成的には有用性が高い。

 

基本文献

<photochemical reaction in total synthesis>

 

反応機構

以下の様なzwitterionicもしくはbiradical中間体を経て進行すると考えられている。σ結合形成過程が律速。[2+2]反応と競争するが、多くの場合[2+2]生成物は不安定であるため、[3+2]付加体が優先する。 meta_cycloadd_2.gif

 

反応例

Retigeranic acidの合成[1] meta_cycloadd_3.gif

実験手順

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Wender, P. A.; Singh, S. K. Tetrahedron Lett. 1990, 31, 2517. doi:10.1016/0040-4039(90)80114-2

 

関連書籍

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. パーコウ反応 Perkow Reaction
  2. 水素化リチウムアルミニウム Lithium Alminum Hy…
  3. ノリッシュ反応 Norrish Reaction
  4. モッシャー法 Mosher Method
  5. デーブナー・フォン=ミラー キノリン合成 Doebner-von…
  6. ダンハイザー環形成反応 Danheiser Annulation…
  7. アルブライト・ゴールドマン酸化 Albright-Goldman…
  8. 2-(トリメチルシリル)エトキシカルボニル保護基 Teoc Pr…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 薬学部6年制の現状と未来
  2. ジョージ・フェール George Feher
  3. アカデミックの世界は理不尽か?
  4. ホフマン転位 Hofmann Rearrangement
  5. 構造式の効果
  6. アンソニー・アルジュンゴ Anthony J. Arduengo, III
  7. 高収率・高選択性―信頼性の限界はどこにある?
  8. スルホキシド/セレノキシドのsyn-β脱離 Syn-β-elimination of Sulfoxide/Selenoxide
  9. ファージディスプレイでシステイン修飾法の配列選択性を見いだす
  10. 金属錯体化学を使って神経伝達物質受容体を選択的に活性化する

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

カクテルにインスパイアされた男性向け避妊法が開発される

男性の避妊法はXXドームを付ける一時的なものか、パイプカットを行って完全に生殖行為を不可能にするかと…

水素社会実現に向けた連続フロー合成法を新開発

第179回のスポットライトリサーチは、東京大学理学系研究科化学専攻有機合成化学教室の宮村浩之先生にお…

【大阪開催2月26日】 「化学系学生のための企業研究セミナー」

2020年卒業予定の学生の皆さんは、3月から就活本番を迎えますが、すでに企業の選考がスタートしている…

Nature 創刊150周年記念シンポジウム:ポスター発表 募集中!

本年、Nature 創刊150周年を迎えるそうです。150年といえば、明治時代が始まったばかり、北海…

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP