[スポンサーリンク]

M

マクファディン・スティーヴンス反応 McFadyen-Stevens Reaction

[スポンサーリンク]

概要

塩基性条件下、アシルベンゼンスルホニルヒドラジンを熱分解にてアルデヒドに変換する方法。

 

基本文献

・McFadyen, J. S.; Stevens, T. S. J. Chem. Soc. 1936, 584.
・Mosettig, E. Org. React. 1954, 8, 232.
・Dudman, C. C.; Grice, P.; Reese, C. B. Tetrahedron Lett. 1980, 21, 4645. doi:10.1016/0040-4039(80)80096-7
・Iwai, Y.; Ozaki, T.; Takita, R.; Uchiyama, M.; Shimokawa, J.; Fukuyama, T. Chem. Sci. 2012, doi:10.1039/C2SC22045H

 

反応機構

(参照:Chem.Sci. 2012.

mcfadyen_stevens_2.gif

反応例

福山らによる改良法。オリジナルの条件より低温で進行することが特徴。[1]

mcfadyen_stevens_3.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Iwai, Y.; Ozaki, T.; Takita, R.; Uchiyama, M.; Shimokawa, J.; Fukuyama, T. Chem. Sci. 2012, doi:10.1039/C2SC22045H

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

 

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 辻・ウィルキンソン 脱カルボニル化反応 Tsuji-Wilkin…
  2. ネイティブ・ケミカル・ライゲーション Native Chemic…
  3. ピナー ピリミジン合成 Pinner Pyrimidine Sy…
  4. ダフ反応 Duff Reaction
  5. ボーチ還元的アミノ化反応 Borch Reductive Ami…
  6. 野依不斉水素移動反応 Noyori Asymmetric Tra…
  7. ハンチュ ピロール合成 Hantzsch Pyrrole Syn…
  8. コーリー・バクシ・柴田還元 Corey-Bakshi-Shiba…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. クリストフ・レーダー Christoph Rader
  2. アレン・バード Allen J. Bard
  3. コーンフォース転位 Cornforth Rearrangement
  4. トリクロロアニソール (2,4,6-trichloroanisole)
  5. ノーベル化学賞 Nobel Prize in Chemistry
  6. 有機触媒によるトリフルオロボレート塩の不斉共役付加
  7. ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒
  8. (+)-フォーセチミンの全合成
  9. 第六回ケムステVシンポ「高機能性金属錯体が拓く触媒科学」
  10. マイクロプラスチックの諸問題

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

「自分の意見を言える人」がしている3つのこと

コロナ禍の影響により、ここ数カ月はオンラインでの選考が増えている。先日、はじめてオンラインでの面接を…

ブルース・リプシュッツ Bruce H. Lipshutz

ブルース・リプシュッツ(Bruce H. Lipshutz, 1951–)はアメリカの有機化学者であ…

化学者のためのエレクトロニクス入門② ~電子回路の製造工程編~

bergです。さて、前回は日々微細化を遂げる電子回路の歴史についてご紹介しました。二回目の今回は、半…

研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(前編)

研究をやる上で、テーマってやっぱり大事ですよね。私はアメリカの大学院に留学中(終盤)という立場ですが…

島津製作所がケムステVシンポに協賛しました

さて、第5回目があと1週間に迫り、第6回目の開催告知も終えたケムステVシンポ。実は第7回目も既に決定…

第99回―「配位子設計にもとづく研究・超分子化学」Paul Plieger教授

第99回の海外化学者インタビューは、ポール・プリーガー教授です。マッセイ大学基礎科学研究所に所属し、…

化学者のためのエレクトロニクス入門① ~電子回路の歴史編~

「化学者のためのエレクトロニクス入門」シリーズでは、今や私たちの日常生活と切っても切れないエレクトロ…

シグマトロピー転位によるキラルα-アリールカルボニルの合成法

アリールヨーダンとキラルオキサゾリンを用いた-シグマトロピー転位によるジアステレオ選択的α-アリール…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP