[スポンサーリンク]

一般的な話題

有望な若手研究者を発掘ー研究者探索サービス「JDream Expert Finder」

[スポンサーリンク]

 

あなたの分野で有望な科学者は? 課題解決力をもつ研究者は? 市場に影響力のある研究者は?

自分の関連分野ならば答えることができる人が読者には多いと思います。しかし、クライアントにとってはどうでしょう?正直にいえばまったくわからないのではないでしょうか。

科学の学際化・多様化により独自の「得意技」をもった科学者が増えています。○○を推進してくれる科学者と共同研究したい、ある技術のマーケティングに関わる科学者にヒアリングしたい、自社の市場に影響力のある研究者を支援したい、そんなときどうやってお望みの研究者をみつければよいでしょうか。

そんな研究者探索に最適な検索データベースが登場しました。

それが、今回紹介する「JDeam Expert Finder」です。

JDream Expert Finderとは

JDream Expert Finderとは、思いつくキーワードや文章を入力するだけで、多種多様な研究者のなかからその分野の専門家を素早く見つけ出す探索サービスです。

約3800万件の論文と学会発表により研究者を特徴づけ、海外を含む約100万人の科学技術・医学・薬学分野の研究者を収録しています。2019年8月にリリースましたが、これまで、オープンイノベーション推進機構、産連本部、戦略分析部門にて連携パートナー探索や若手研究者発掘に活躍しています。

20203月に新型コロナウイルス蔓延により、このデータベースを無償提供したそうです。その結果、ウイルス検出キットの開発や感染防止対策などの提携先探索に活用されました。

どこが開発している?

株式会社ジー・サーチという会社です。どこだそれ?と思う方もいるかも知れませんが、富士通の子会社であると言ったほうが信頼性は高いのかもしれません。読者の方なら昔紹介した、「コラボリーの運営会社であるといったほうがわかりやすいと思います。そのジー・サーチが運営している日本最大級の科学技術文献情報データベース「JDreamIII」をうまく利用した検索サービスが今回の「JDream Expert Finder」となります。

どうやって研究者を探すのか?

様々な切り口から研究者を探すことができるようです。例えば、

  1. 技術課題 : キーワードでも文章でも問題ないそうです
  2. 有望な研究者探索:キーワードや文章にマッチする有望な研究者のみを探すことができます
  3. 研究者名から探索:ダイレクトに知っている研究者の名前をいれてどのくらい関連しているのか、もしくは大学を限定して検索も可能です
  4. 類似研究者探索:特定の研究者と研究分野が類似する研究者を調査することによって分野の関連性や、よりマッチした研究者をみつけることが可能です。

有望な研究者探索する?

そのなかでも有望な研究者を探索する方法が秀逸です。産学官連携AIプロジェクトである「ライフインテリジェンスコンソーシアム(LINC)」との共同研究成果のたまものであり、論文の各著者が他の著者との関係性において、どの程度中心的であるか(媒介中心性)を解析し、その年次変化から各著者の将来性を予測します。

個人的にはJSTや産学連携の候補を探す部署で検索して、有望研究者としてざっくりと候補をあげていく使い方が想像できます。

データはどのようにでてくるのか?

もちろんその有望な研究者の名前のみがでてくるわけではありません。研究者の研究実績値をソートし、求める研究者リストを絞り込みます。その研究者個々の詳細情報レポートにより、エビデンスを確認できるそうです。

例えば、論文数や、被引用数、研究分野一致度や、論文リスト、人脈マップ、競争的資金獲得実績へのリンクなど、精査するためのデータも簡単にみることができるとのこと。

あなたは検索する側?それとも検索される側

と、概要を紹介しましたが、実際見てみないことにはよくわからないでしょう。読者の皆様はおそらく検索される側が多いのではないかと思います。自分のデータがどのように表示されるのか気になるところですね。検索する側の方は、ぜひ一度試してみてください。まっさらな気持ちで研究者検索することにより、未来のよりよい共同研究者や大型研究推進候補者をみつけることができるかもしれません。

お問い合わせ

株式会社ジー・サーチ

108-0022 東京都港区海岸3丁目9番15号 LOOP-Xビル

ヘルプデスク お問合わせフォームはこちら

gsh-jd-help@cs.jp.fujitsu.com

03-3452-1244 (受付時間 平日 9:00-11:50, 13:00-17:00)

関連動画

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 積極的に英語の発音を取り入れてみませんか?
  2. ヒドリド転位型C(sp3)-H結合官能基化を駆使する炭素中員環合…
  3. ニセ試薬のサプライチェーン
  4. 「日産化学」ってどんな会社?
  5. 化学研究で役に立つデータ解析入門:回帰分析の活用を広げる編
  6. マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の基礎
  7. 鉄触媒を用いて効率的かつ選択的な炭素-水素結合どうしのクロスカッ…
  8. アブノーマルNHC

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 研究室での英語【Part1】
  2. 令和3年度に登録された未来技術遺産が発表 ~フィッシャー・トロプシュ法や記憶媒体に関する資料が登録~
  3. 狙いを定めて、炭素-フッ素結合の変換!~光触媒とスズの協働作用~
  4. 「優れた研究テーマ」はどう選ぶべき?
  5. ご注文は海外大学院ですか?〜渡航編〜
  6. 窒化ガリウムの低コスト結晶製造装置を開発
  7. 水晶振動子マイクロバランス(QCM)とは~表面分析・生化学研究の強力ツール~
  8. リサーチ・アドミニストレーター (URA) という職業を知っていますか?
  9. ウェブサイトのリニューアル
  10. フリーデル・クラフツアルキル化 Friedel-Crafts Alkylation

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

注目情報

注目情報

最新記事

トンネル構造をもつマンガン酸化物超微粒子触媒を合成

第409回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 物質理工学院 材料系 原・鎌田研究室に在籍されて…

第174回―「特殊な性質を持つフルオロカーボンの化学」David Lemal教授

第174回の海外化学者インタビューは、デヴィッド・レマル教授です。ダートマスカレッジ化学科に所属し、…

二核錯体による窒素固定~世界初の触媒作用実現~

Tshozoです。先月このような論文がNature本誌に発表されました。窒素固定と言えばやはり筆…

有機合成化学協会誌2022年8月号:二酸化炭素・アリル銅中間体・遺伝子治療・Phaeosphaeride・(−)-11-O-Debenzoyltashironin・(−)-Bilobalide

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2022年8月号がオンライン公開されました。筆…

生体分子と疾患のビッグデータから治療標的分子を高精度で予測するAIを開発

第 408 回のスポットライトリサーチは、九州工業大学 情報工学府 博士後期課程…

尿酸 Uric Acid 〜痛風リスクと抗酸化作用のジレンマ〜

皆さん、尿酸値は気にしてますか? ご存知の通り、ビールやお肉に豊富に含まれるプリ…

第173回―「新たな蛍光色素が実現する生細胞イメージングと治療法」Marina Kuimova准教授

第173回の海外化学者インタビューは、マリナ・クイモヴァ准教授です。インペリアル・カレッジ・ロンドン…

Biotage Selekt のバリュープライス版 Enkel を試してみた

Biotage の新型自動フラッシュクロマトシステム Selekt のバリュープライ…

【9月開催】第1回 マツモトファインケミカル技術セミナー 有機チタン、ジルコニウムが使用されている世界は?-オルガチックスの用途例紹介-

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

超分子ランダム共重合を利用して、二つの”かたち”が調和されたような超分子コポリマーを造り、さらに光反応を利用して別々の”かたち”に分ける

第407回のスポットライトリサーチは、千葉大学大学院 融合理工学府 先進理化学専攻 共生応用化学コー…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP