[スポンサーリンク]


odos 有機反応データベースS

  1. スマイルス転位 Smiles Rearrangement

    ベンゼン誘導体→ベンゼン誘導体概要芳香族求核置換(SNAr)形式にてアニオン性転位を起こす手法。 (さらに…)…

  2. ショッテン・バウマン反応 Schotten-Baumann Reaction

    カルボン酸誘導体 → カルボン酸誘導体 概要酸ハライドにアルコールもしく…

  3. 史 不斉エポキシ化 Shi Asymmetric Epoxidation

    概要触媒量のフルクトース母核ケトンおよびオキソンを用いてキラルなジオキシランを発…

  4. ゾムレ・ハウザー転位 Sommelet-Hauser Rearrangement

    窒素化合物→窒素化合物概要ベンジル置換4級アンモニウム塩を強塩基で処理すると、アンモニウムイ…

  5. シュミット グリコシル化反応 Schmidt Glycosylation

    概要トリクロロアセトイミデートをBF3OEt2やTBSOTf等のルイス酸で活性化し、オキソニウム…

  6. シュタウディンガー ケテン環化付加 Staudinger Ketene Cycloaddition

  7. シャウ ピリミジン合成 Shaw Pyrimidine Synthesis

  8. スティーヴンス転位 Stevens Rearrangement

  9. 椎名マクロラクトン化 Shiina Macrolactonization

  10. スクラウプ キノリン合成 Skraup Quinoline Synthesis

  11. サレット・コリンズ酸化 Sarett-Collins Oxidation

  12. 芳香族化合物のスルホン化 Sulfonylation of Aromatic Compound

  13. ステッター反応 Stetter reaction

  14. 二酸化セレン Selenium Dioxide

  15. ストライカー試薬 Stryker’s Reagent

  16. ストーク エナミン Stork Enamine

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 全薬工業とゼファーマ、外用抗真菌薬「ラノコナゾール」配合の水虫治療薬を発売
  2. 世界の化学企業いくつ知っていますか?
  3. プラナーボラン - 有機エレクトロニクス界に期待の新化合物
  4. 「優れた研究テーマ」はどう選ぶべき?
  5. 研究者としてうまくやっていくには ー組織の力を研究に活かすー
  6. 分子構造を 3D で観察しよう (1)
  7. 香月 勗 Tsutomu Katsuki

注目情報

最新記事

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学

■ 概要企画名:    市民公開講座 夢をかなえる科学主催:        公益社団法人…

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

第47回―「ロタキサン・カテナン・クラウンエーテルの超分子化学」Harry Gibson教授

第47回の海外化学者インタビューは、ハリー・ギブソン教授です。バージニア工科大学の化学科に所属し、プ…

PAGE TOP