[スポンサーリンク]

ケムステニュース

中国産ウナギから合成抗菌剤、厚労省が検査義務づけ

マラカイトグリーン 中国産冷凍ウナギのかば焼きから、食品への含有が禁止されている合成抗菌剤マラカイトグリーンが相次いで検出され、厚生労働省は、輸入業者に食品衛生法に基づく検査を義務づけた。

厚労省によると、大阪検疫所で0・044ppm、神戸検疫所で0・006ppmの抗菌剤を4日にそれぞれ検出した。直ちに健康への影響はないとしている。 (引用:読売新聞)

 

 

マラカイトグリーン(Malachite Green)は有機色素の一種で、観賞魚の白点病や尾腐れ病などの治療薬として用いられていますが、国内では養殖魚への使用は認められていません。

構造はジメチルアミノフェニル基を2つ有した、シュウ酸塩です。基本的に色を有するものはこのようにπ結合の共役系を持つものがほとんどです。

 

関連書籍

 

関連リンク

 

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 化学は切手と縁が深い
  2. ヤクルト、大腸の抗がん剤「エルブラット」発売
  3. 280億円賠償評決 米メルク社治療薬副作用で死亡 テキサス州
  4. 大麻から作られる医薬品がアメリカでオーファンドラッグとして認証へ…
  5. 福井鉄道と大研化学工業、11月に電池使い車両運行実験
  6. オリーブ油の苦み成分に鎮痛薬に似た薬理作用
  7. ベンゼンの害、低濃度でも 血液細胞に損傷
  8. 酸化亜鉛を用い青色ダイオード 東北大開発 コスト減期待

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. (S,S)-DACH-phenyl Trost ligand
  2. エステルからエーテルをつくる脱一酸化炭素金属触媒
  3. エーザイ 巨大市場、抗ガン剤開発でライバルに先行
  4. 芳香族ボロン酸でCatellani反応
  5. J-STAGE新デザイン評価版公開 ― フィードバックを送ろう
  6. イスラエルの化学ってどうよ?
  7. 糖鎖合成化学は芸術か?
  8. 第19回 有機エレクトロニクスを指向した合成 – Glen Miller
  9. 杏林製薬、ノバルティス社と免疫抑制剤「KRP-203」に関するライセンス契約を締結
  10. アマドリ転位 Amadori Rearrangement

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

2016年、イリノイ大学シカゴ校・Vladimir Gevorgyanらは、Pd(0)触媒の共存下、…

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

有機合成化学協会誌2018年11月号:オープンアクセス・英文号!

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年11月号がオンライン公開されました。今月…

観客が分泌する化学物質を測定することで映画のレーティングが可能になるかもしれない

映画には、年齢による鑑賞制限が設けられているものがあります。その制限は映画の内容に応じて各国の審査団…

庄野酸化 Shono Oxidation

概要アルコール溶媒中にアミドまたはカルバメートを電解酸化し、N,O-アセタールを得る反応。アミン…

ゲルセジン型アルカロイドの網羅的全合成

ゲルセジン型アルカロイドを網羅的に合成する手法が開発された。巧みな短工程骨格構築法により4種類の同ア…

PAGE TOP