[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

ショッテン・バウマン反応 Schotten-Baumann Reaction

カルボン酸誘導体 → カルボン酸誘導体

 

概要

酸ハライドにアルコールもしくはアミンを作用させて、エステルもしくはアミドを得る反応。塩基としてアミンではなく、水酸化ナトリウムなどの塩基水溶液を用いる二層系条件を、特にSchotten-Baumann反応と呼ぶ。

基本文献

  • Schotten, C. Ber. 1884, 17, 2544.
  • Baumann, E. Ber. 1886, 19, 3218.
  • Sonntag, N. O. V. Chem. Rev. 1953, 52, 237. DOI: 10.1021/cr60162a001

 

反応機構

Schotten_Baumann_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ピロティ・ロビンソン ピロール合成 Piloty-Robinso…
  2. ランバーグ・バックランド転位 Ramberg-Backlund …
  3. 1,3-双極子付加環化反応 1,3-Dipolar Cycloa…
  4. ブラン・ウレー クロロアルキル化 Blanc-Quellet C…
  5. シャウ ピリミジン合成 Shaw Pyrimidine Synt…
  6. 相間移動触媒 Phase-Transfer Catalyst (…
  7. エヴァンスアルドール反応 Evans Aldol Reactio…
  8. 玉尾・フレミング酸化 Tamao-Fleming Oxidati…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 高分子と低分子の間にある壁 1:分子量分布
  2. Appel反応を用いるホスフィンの不斉酸化
  3. アンディ・マイヤース Andrew G. Myers
  4. コルベ・シュミット反応 Kolbe-Schmitt Reaction
  5. ケージド化合物 caged compound
  6. 「イスラム国(ISIS)」と同名の製薬会社→社名変更へ
  7. 金よりも価値のある化学者の貢献
  8. ディーター・ゼーバッハ Dieter Seebach
  9. 宮坂 力 Tsutomu Miyasaka
  10. 動画:知られざる元素の驚きの性質

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

オハイオ州立大学・David A. Nagibらは、脂肪族アルコールのラジカル関与型β位選択的C(s…

翻訳アルゴリズムで化学反応を予測、IBMの研究者が発表

有機化学を原子や分子ではなく、単語や文と考えることで、人工知能(AI)アルゴリズムを用いて化学反応を…

細胞をつなぐ秘密の輸送路

細胞から細く長く伸びるワイヤー状の管。サイトネームやトンネルナノチューブと呼ばれるこの管は、離れた細…

IGZO

インジウム (Indium) 、ガリウム (Gallium) 、亜鉛 (Zinc) 、酸素 (Oxy…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP