[スポンサーリンク]


アミン

  1. 庄野酸化 Shono Oxidation

    概要アルコール溶媒中にアミドまたはカルバメートを電解酸化し、N,O-アセタールを得る反応。アミンα位の官能基化反応として有用である。 (さらに…)…

  2. 2-(トリメチルシリル)エトキシカルボニル保護基 Teoc Protecting Group

    概要2-(トリメチルシリル)エトキシカルボニル(2-(trimethylsilyl)ethoxy…

  3. ベンジルオキシカルボニル保護基 Cbz(Z) Protecting Group

    概要ベンジルオキシカルボニル(benzyloxycarbonyl, CbzまたはZ)基は、カルバ…

  4. tert-ブトキシカルボニル保護基 Boc Protecting Group

    概要tert-ブトキシカルボニル(tert-butoxycarbonyl, Boc)基は、カルバ…

  5. 「銅触媒を用いた不斉ヒドロアミノ化反応の開発」-MIT Buchwald研より

    「ケムステ海外研究記」の第25回目は、マサチューセッツ工科大学 (MIT)博士課程で研究をされている…

  6. 2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

  7. 9-フルオレニルメチルオキシカルボニル保護基 Fmoc Protecting Group

  8. アリルオキシカルボニル保護基 Alloc Protecting Group

  9. ボロン酸触媒によるアミド形成 Amide Formation Catalyzed by Boronic Acids

  10. スルホキシイミンを用いた一級アミン合成法

  11. スナップ試薬 SnAP Reagent

  12. MSH試薬 MSH reagent

  13. シェンヴィ イソニトリル合成 Shenvi Isonitrile Synthesis

  14. バートン脱アミノ化 Barton Deamination

  15. メリフィールド ペプチド固相合成法 Merrifield Solid-Phase Peptide Synthesis

  16. ジンケ アルデヒド Zincke Aldehyde

スポンサー

ピックアップ記事

  1. リチウムイオン電池のはなし~1~
  2. ノンコーディングRNA 〜 RNA分子の全体像を俯瞰する〜
  3. ご注文は海外大学院ですか?〜選考編〜
  4. 酸と塩基のつとめを個別に完遂した反応触媒
  5. ポリ塩化ビニルがセンター試験に出題されたので
  6. 高選択的なアルカンC–H酸化触媒の開発
  7. 京都賞―受賞化学者一覧

注目情報

最新記事

日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学

■ 概要企画名:    市民公開講座 夢をかなえる科学主催:        公益社団法人…

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

第47回―「ロタキサン・カテナン・クラウンエーテルの超分子化学」Harry Gibson教授

第47回の海外化学者インタビューは、ハリー・ギブソン教授です。バージニア工科大学の化学科に所属し、プ…

女優・吉岡里帆さんが、化学大好きキャラ「DIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」に変身!

印刷インキや有機顔料世界トップシェアのDIC株式会社は、2020年1月より、数々のヒット作に出演し、…

PAGE TOP