[スポンサーリンク]


アミン

  1. スルホキシイミンを用いた一級アミン合成法

    Buchwald–HartwigカップリングあるいはC–H/N–Hカップリングによって得られるN-アリールスルホキシイミンのS-N結合をラジカル開裂させることで一級のアリールアミンを合成した。スルホキシイミンの合成と利用スルホキシイ…

  2. スナップ試薬 SnAP Reagent

    概要SnAP(Sn(tin) Amine Protocol)試薬は、カルボニル化合物と混合し酸化…

  3. MSH試薬 MSH reagent

    概要MSH試薬(O-(mesitylsulfonyl)hydroxylamine)はNH2単位を…

  4. シェンヴィ イソニトリル合成 Shenvi Isonitrile Synthesis

    概要3級アルコールの立体を反転させつつイソニトリルを簡便に合成できる手法。イソニトリルはアミンの…

  5. バートン脱アミノ化 Barton Deamination

    概要アミンをイソニトリルに変換後、ラジカル還元条件で脱アミノ化を行う手法。…

  6. メリフィールド ペプチド固相合成法 Merrifield Solid-Phase Peptide Synthesis

  7. ジンケ アルデヒド Zincke Aldehyde

  8. ヘキサメチレンテトラミン

  9. Passerini反応を利用できるアルデヒドアルデヒド・イソニトリル・カルボン酸・アミン(

  10. Ugi反応を利用できるアルデヒドアルデヒド・イソニトリル・カルボン酸・アミン

  11. チチバビン反応 Chichibabin Reaction

スポンサー

ピックアップ記事

  1. アレクサンダー・リッチ Alexander Rich
  2. 過酸による求核的エポキシ化 Nucleophilic Epoxidation with Peroxide
  3. スナップ試薬 SnAP Reagent
  4. ヒバリマイシノンの全合成
  5. ナイトレン
  6. 13族元素含有ベンゼンの合成と性質の解明
  7. プメラー転位 Pummerer Rearrangement

注目情報

最新記事

分子で作る惑星、その名もナノサターン!

2018年、東工大の豊田真司先生らによって、まるで土星を型どったような分子の合成が報告された。フラー…

磯部 寛之 Hiroyuki Isobe

磯部寛之(いそべひろゆき、1970年11月9日–東京都生まれ)は日本の有機化学者である。東京大学理学…

死海付近で臭素が漏洩

イスラエル警察は死海付近の向上から臭素が漏れだしたことを明らかにし、付近住民に自宅にとどまるよう呼び…

光触媒反応用途の青色LED光源を比較してみた

巷で大流行の可視光レドックス触媒反応ですが、筆者のラボでも活用するようになりました。しかし経…

宮沢賢治の元素図鑑

概要本書は宮沢賢治の作品に登場する元素を取り上げ、作品を入り口として各元素について解説した書…

PAGE TOP