[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

スナップ試薬 SnAP Reagent

概要

SnAP(Sn(tin) Amine Protocol)試薬は、カルボニル化合物と混合し酸化処理を行う簡便な操作によって、飽和複素環やスピロ骨格を有するアミンを与える。安定で取り扱いやすく、様々なタイプのSnAP試薬が市販されている。

複素環の飽和度(sp3炭素含有率)を増すことは、これが組み込まれる医薬の特性に対してポジティブな効果をもたらす。

基本文献

<review>
  • Vo, C.-V.; Bode, J. W. J. Org. Chem. 2014, 79, 2809. DOI: 10.1021/jo5001252
  • Luescher, M. U.; Geoghegan, K.; Nichols, P. L.; Bode, J. W. Aldrichim. Acta 2015, 48, 43. [PDF]

反応機構

反応例

ケトンに対して反応を行うと、構築の難しいスピロ型骨格を得ることが出来る。

スズフリー、光触媒条件で駆動するSLAP(Silicon amine protocol)試薬[1]

参考文献

  1. (a) Hsieh, S.-Y.; Bode, J. W. Org. Lett. 2016, 18, 2098. DOI: 10.1021/acs.orglett.6b00722 (b) Hsieh, S-H.; Bode, J. W. ACS Cent. Sci. 2017, 3, 66. DOI: 10.1021/acscentsci.6b00334

関連書籍

ケムステ内関連記事

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ダルツェンス縮合反応 Darzens Condensation
  2. デヒドロアラニン選択的タンパク質修飾反応 Dha-Selecti…
  3. コニア エン反応 Conia–Ene Reaction
  4. ジスルフィド架橋型タンパク質修飾法 Disulfide-Brid…
  5. チロシン選択的タンパク質修飾反応 Tyr-Selective P…
  6. エッシェンモーザー・クライゼン転位 Eschenmoser-Cl…
  7. カーン グリコシド化反応 Kahne Glycosidation…
  8. オルトメタル化 Directed Ortho Metalatio…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 銀カルベノイドの金属特性を活用したフェノール類の不斉脱芳香族化反応
  2. 第二回触媒科学国際シンポジウム
  3. 過塩素酸カリウム (potassium perchlorate)
  4. デイヴィッド・マクミラン David W. C. MacMillan
  5. 天然階段状分子の人工合成に成功
  6. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑦(解答編)
  7. コンビナトリアル化学 Combinatorial Chemistry
  8. シュガーとアルカロイドの全合成研究
  9. アルデヒドからアルキンをつくる新手法
  10. ケムステ10年回顧録― 副代表版

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アルキルラジカルをトリフルオロメチル化する銅錯体

中国科学院 上海有機化学研究所のChaozhong Liらは、アルキルハライドから系中生成させた炭素…

Baird芳香族性、初のエネルギー論

第126回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科(相田卓三教授) 博士後期課程1年の…

N末端選択的タンパク質修飾反応 N-Terminus Selective Protein Modification

N末端はタンパク鎖の中で1箇所しか存在しないため、これを標的とする修飾反応は必然的に高い位置・化学選…

デヒドロアラニン選択的タンパク質修飾反応 Dha-Selective Protein Modification

デヒドロアラニン(dehydroalanine, Dha)はセリンもしくはシステインから誘導される特…

DNAを切らずにゲノム編集-一塩基変換法の開発

ゲノム編集といえば、今流行りのCRISPR/Cas9を思い浮かべる方が多いと思います。CRISPR/…

文献管理ソフトを徹底比較!

今や、科学者向けの文献管理ソフトはよりどりみどりだ。その中から代表的な8つを検討した。タイト…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP