[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

スルホキシイミンを用いた一級アミン合成法

[スポンサーリンク]

Buchwald–HartwigカップリングあるいはC–H/N–Hカップリングによって得られるN-アリールスルホキシイミンのS-N結合をラジカル開裂させることで一級のアリールアミンを合成した。

スルホキシイミンの合成と利用

スルホキシイミンはスルホンの類縁体として農薬や医薬品として注目を集めている6価の硫黄化合物である。硫黄原子が立体中心をもちうる構造のため、不斉反応にも有用な化合物である。スルホキシイミンは、スルホキシドのイミノ化あるいはスルフィルイミンの酸化により得られる。

これまで非触媒的な手法や遷移金属を用いた触媒的手法、また、多段階反応を短工程化した合成法など多岐にわたる反応が報告されている(図1A)。

最近では、トリフルオロメチル化やシアノ化、アロイル化、アリール化など、スルホキシイミンの触媒的N–H結合変換反応1)の開発が勢力的に行われている(図1B)。このように、容易にスルホキシイミンに炭素官能基が導入できるため、S–N結合を温和な条件で開裂させることができれば、多様な化合物への窒素導入法の1つとなる。

今回、アーヘン大学のBolm教授らは、N-アリールされたジベンゾチオフェン骨格をもつスルホキシイミン1のS–N結合を開裂させ、アリールアミン3を得る手法を開発したため紹介する(図1C)。

図1. スルホキシイミンの合成法およびN–H結合変換反応と新規アリールアミン合成反応

 

“Dibenzothiophene Sulfoximine as an NH3 Surrogate in the Synthesis of Primary Amines by Copper-Catalyzed C–X and C–H Bond Amination”

Li, Z.; Yu, H.; Bolm, C. Angew. Chem., Int. Ed. 2017 accepted

 DOI: 10.1002/anie.201705025

論文著者の紹介

研究者:Carsten Bolm

研究者の経歴:

1984 M.S., University of Wisconsin–Madison, USA (Prof. Hans J. Reich)
1987 Ph.D., Philipps-Universität Marburg, Germany (Prof. Manfred T. Reetz)
1987-1988 Posdoc, Massachusetts Institute of Technology, USA (Prof. K. Barry Sharpless)
1993 Associate Prof., Philipps-Universität Marburg, Germany
1996 Prof, RWTH Aachen University, Germany

研究内容:反応開発、メカノケミストリー、硫黄の化学

論文の概要

著者らはN-アリールスルホキシイミン1のS–N結合開裂において、アジドのアミンへのラジカル還元2)を参考にした (図2A)。

1に対してトリス(トリメチルシリル)シラン(TTMSS)とラジカル開始剤AIBNをトルエン溶媒中、100 °Cで加熱すると、TTMSSラジカルが1に攻撃しスルホキシド2N-シリルアリールアミニルラジカル4が生成した。4が加水分解されることで一級アリールアミン3を与えた。反応には過剰量のTTMSSを用いる必要があるものの、様々な3が良好な収率で得られた。ただし、ブロモ基を置換基にもつ1はラジカル条件にて脱ブロモ化が進行してしまうため3は低収率にとどまった。

なお、前述したようにN-アリールスルホキシイミン1は銅触媒によるジベンゾチオフェンスルホキシイミン(5)とハロゲン化アリール6とのBuchwald–Hartwigカップリングにより得られる(図2B)。

今回、著者らは官能基化されていない芳香族化合物(C–H結合)をアリール化剤として用いたC–H/N–Hカップリング反応によるN-アリールスルホキシイミン8の合成にも挑戦した。

反応条件検討の結果、5とアリールアミド7を酢酸銅(II)触媒存在下、ピリジン溶媒中、100 °Cで加熱することでカップリング体8が得られた。その後、8に対してS–N結合ラジカル開裂条件を適用することで、アミノアミド9を与えた。様々な7を用いて反応条件を適用したが、7 のC–Hカップリングの反応性と、カップリング体8のS–N結合の切れやすさは相反しており、収率は中程度にとどまった。また、3位に置換基をもつ8からは9が2つの位置異性体混合物として得られた。なお、S–N結合ラジカル開裂後に得られるスルホキシド2を回収すれば、5の合成に再び利用することができる。

以上、安定で合成容易なスルホキシイミンを“NH3”の代替剤と考え、カップリング続くS–N結合のラジカル開裂という、一級アミンの新規合成法を開発した。

図2. N-アリールスルホキシイミンのS–N結合ラジカル開裂を利用した一級アリールアミン合成法

参考文献

  1. (a) Teng, F.; Cheng, J.; Bolm, C. Lett. 2015, 17, 3166. DOI: 10.1021/acs.orglett.5b01537 (b) Hu, W.; Teng, F.; Yu, J.; Sun, S.; Cheng, J.; Shao, Y. Tetrahedron Lett. 2015, 56, 7056. DOI: 10.1016/j.tetlet.2015.11.025 (c) Zou, Y.; Xiao, J.; Peng, Z.; Dong, W.; An, D. Chem. Commun. 2015, 51, 14889. DOI: 10.1039/c5cc05483d (d) Sedelmeier, J.; Bolm, C. J. Org. Chem. 2005, 70, 6904. DOI: 10.1021/jo051066l
  2. (a) Benati, L.; Bencivenni, G.; Leardini, R.; Minozzi, M.; Nanni, D.; Scialpi, R.; Spagnolo, P.; Zanardi, G. Org. Chem. 2006, 71, 5822. DOI: 10.1021/jo060824k (b) Postigo, A.; Kopsov, S.; Ferrei, C.; Chatgilialoglu. Org. Lett.20079, 5159. DOI: 10.1021/ol7020803
山口 研究室

山口 研究室

投稿者の記事一覧

早稲田大学山口研究室の抄録会からピックアップした研究紹介記事。

関連記事

  1. 第14回ケムステVシンポ「スーパー超分子ワールド」を開催します!…
  2. 真空ポンプはなぜ壊れる?
  3. 生物のデザインに学ぶ-未来をひらくバイオミメティクス-に行ってき…
  4. 研究職の転職で求められる「面白い人材」
  5. ベンゼン一つで緑色発光分子をつくる
  6. 分子運動を世界最高速ムービーで捉える!
  7. ニッケル触媒による縮合三環式化合物の迅速不斉合成
  8. 病理学的知見にもとづく化学物質の有害性評価

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第16回次世代を担う有機化学シンポジウム
  2. エイダ・ヨナス Ada E. Yonath
  3. 株式会社ユーグレナ マザーズに上場
  4. 鉄鋼のように強いポリプロピレン
  5. 極性表面積 polar surface area
  6. 芝浦工業大学 化学エネルギーのみで駆動するゲルポンプの機能を実証~医療デバイスやソフトロボット分野での応用期待~
  7. ビュッヒ・フラッシュクロマト用カートリッジもれなくプレゼント!
  8. 2010年ノーベル化学賞予想―トムソン・ロイター版
  9. 有機合成化学協会誌2020年6月号:Chaxine 類・前周期遷移金属ヒドリドクラスター・フッ化アシル・インドール ─2,3─エポキシド・プロトン応答性触媒・Z 型配位子
  10. 有機反応を俯瞰する ー芳香族求電子置換反応 その 2

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

転職を成功させる「人たらし」から学ぶ3つのポイント

転職活動を始めた場合、まずは自身が希望する職種、勤務地、年収などの条件を元にインターネットで求人を検…

mRNAワクチン(メッセンジャーRNAワクチン)

病原体のタンパクをコードしたmRNAをベースとしたワクチン。従来のワクチンは、弱毒化・不活化した病原…

第139回―「超高速レーザを用いる光化学機構の解明」Greg Scholes教授

第139回の海外化学者インタビューはグレッグ・ショールズ教授です。トロント大学化学科(訳注:現在はプ…

分子の対称性が高いってどういうこと ?【化学者だって数学するっつーの!: 対称操作】

群論を学んでいない人でも「ある分子の対称性が高い」と直感的に言うことはできるかと思います。しかし分子…

非古典的カルボカチオンを手懐ける

キラルなブレンステッド酸触媒による非古典的カルボカチオンのエナンチオ選択的反応が開発された。低分子触…

CEMS Topical Meeting Online 機能性材料の励起状態化学

1月28日に毎年行われている理研の無料シンポジウムが開催されるようです。事前参加登録が必要なので興味…

カルボン酸に気をつけろ! グルクロン酸抱合の驚異

 カルボン酸は、カルボキシ基 (–COOH) を有する有機化合物の一群です。カルボン…

第138回―「不斉反応の速度論研究からホモキラリティの起源に挑む」Donna Blackmond教授

第138回の海外化学者インタビューはドナ・ブラックモンド教授です。2009年12月現在、インペリアル…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP