[スポンサーリンク]

海外化学者インタビュー

第50回―「糖やキラル分子の超分子化学センサーを創り出す」Tony James教授

[スポンサーリンク]

第50回の海外化学者インタビューは、トニー・ジェームズ教授です。英国バース大学の化学科で超分子化学の分野、特に糖類用センサー分子の開発に取り組んでいます。それではインタビューをどうぞ。

Q. あなたが化学者になった理由は?

これは二階層のプロセスだと捉えています。第一に、なぜ化学を選んだのか?第二に、なぜ自分のためにアカデミックキャリアを選んだのか?

一つ目は単刀直入です。大学で化学を学ぶことにしたのは、アブラハム・ダービー校での先生が、化学を楽しく勉強できるようにと、相当な努力をしていたからです。

アカデミックキャリアを決めた理由は、より曖昧なものですが、素晴らしい講演に刺激を受けたことも含まれています。中でも、故 Donald J. Cram (Pacifichem 1987)はカルセランドのCPKモデルを聴衆に回し、J. Fraser Stoddart (1990 Halifax, カナダ)は、難解な概念を伝えるべく言語と色彩を巧みに使っていました。化学者としてのスキルを磨き、「猿も木から落ちる」と私に教えてくれた新海征治教授には、特に感謝しています!

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

芸術家です――芸術はいつも、最も情熱を注げるものの一つでした。特に彫刻と3Dアートに感銘を受けています。彫刻への愛があるからこそ、私は化学者たり得ている、とも言えるでしょう。なぜなら化学では、分子彫刻の形で芸術を創造するからです。

Q. 概して化学者はどのように世界に貢献する事ができますか?

科学者としての我々が行うことは、より大きな善のためであるべきだと信じています。私はまた、化学者としてではなく、為しえた化学こそが貢献すべきだと信じています。科学で重要なのは個人ではなく、達成されたことなのです。

Q.あなたがもし歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

リチャード・ファインマンです。20世紀で最も刺激的な科学者の一人でした。特に1981年のHorizon Interview―「発見する喜び」では、科学者のあるべき生き様が要約されています。一つ問題になるかもしれないのは、彼が食事中に氷水へOリングを落とすことを止めなければならないことです。とはいえ、夕食後の娯楽にボンゴを提供できれば、埋め合わせできるかもしれません。

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

できるだけ実験に参加したいと思っています。今年の夏、イギリス王立協会の国際共同プロジェクトに参加している日本人学生が蛍光データを集めるのを手伝いました。これは結果として益のある経験で、学生(Jusaku Minari)と関わっていたアカデミック研究者(Kazuo Sakurai, John S. Fossey, Steven D. Bull, Tony D. James)を著者とする論文が発表できました。実験時間を見つけるのは難しくなっていますが、JSPSのおかげで、九州大学の客員教授として1月の終わりから60日間(短期フェローシップ)を得て、心ゆくまで実験に時間を費やすことができています。

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

「ながら」でもできるので、本を読むよりは音楽を聴く方が好きです。

博士課程学生としてカナダで過ごした時を思い出す歌と、日本での博士課程修了後の研究を思い出す歌が入ったCDを2枚選びました。一つは ピンク・フロイドの「Time」が収録されている「The Dark Side of the Moon」、もう一つは「島唄」が収録されているTHE BOOMのCDです。前者はガリアーノ島でのキャンプを、後者は蒸し暑い夏に日本中をサイクリングして過ごしたことを思い出させてくれます。

原文:Reactions – Tony James

※このインタビューは2008年2月1日に公開されました。

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 第46回「趣味が高じて化学者に」谷野圭持教授
  2. 第17回 研究者は最高の実験者であるー早稲田大学 竜田邦明教授
  3. 第25回「ペプチドを化学ツールとして細胞を操りたい」 二木史朗 …
  4. 第107回―「ソフトマター表面の物理化学」Jacob Klein…
  5. 第119回―「腸内細菌叢の研究と化学プロテオミクス」Aaron …
  6. 第62回―「再生医療・ドラッグデリバリーを発展させる高分子化学」…
  7. 第15回 有機合成化学者からNature誌編集者へ − Andr…
  8. 第23回「化学結合の自在切断 ・自在構築を夢見て」侯 召民 教授…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. モリブデンのチカラでニトロ化合物から二級アミンをつくる
  2. ジェームス・ツアー James M. Tour
  3. アルカリ金属でメトキシアレーンを求核的にアミノ化する
  4. 温和な室温条件で高反応性活性種・オルトキノジメタンを生成
  5. ネバー転位 Neber Rearrangement
  6. 何を全合成したの?Hexacyclinolの合成
  7. 信頼度の高い合成反応を学ぶ:Science of Synthesis(SoS)
  8. 塩野義製薬/米クレストール訴訟、控訴審でも勝訴
  9. ソモライ教授2008年プリーストリー賞受賞
  10. 【追悼企画】世のためになる有機合成化学ー松井正直教授

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

CEMS Topical Meeting Online 超分子ポリマーの進化形

1月28日に毎年行われている理研の無料シンポジウムが開催されるようです。事前参加登録が必要なので興味…

カルボン酸に気をつけろ! グルクロン酸抱合の驚異

 カルボン酸は、カルボキシ基 (–COOH) を有する有機化合物の一群です。カルボン…

第138回―「不斉反応の速度論研究からホモキラリティの起源に挑む」Donna Blackmond教授

第138回の海外化学者インタビューはドナ・ブラックモンド教授です。2009年12月現在、インペリアル…

Ru触媒で異なるアルキン同士をantiで付加させる

Ru触媒を用いたアルキンのanti選択的ヒドロおよびクロロアルキニル化反応が開発された。本反応は共役…

化学系必見!博物館特集 野辺山天文台編~HC11Nってどんな分子?~

bergです。突然ですが今回から「化学系必見!博物館特集」と銘打って、私が実際に訪れたいちおしの博物…

有機合成化学協会誌2021年1月号:コロナウイルス・脱ニトロ型カップリング・炭素環・ヘテロ環合成法・環状γ-ケトエステル・サキシトキシン

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2021年1月号がオンライン公開されました。あ…

第137回―「リンや硫黄を含む化合物の不斉合成法を開発する」Stuart Warren教授

第137回の海外化学者インタビューはスチュアート・ウォーレン教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属し…

吉岡里帆さん演じる「化学大好きDIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」シリーズ、第2弾公開!

印刷インキや有機顔料世界トップシェアのDIC株式会社は、2021年1月より、数々のヒット作に出演し、…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP