[スポンサーリンク]

海外化学者インタビュー

第40回「分子エレクトロニクスの新たなプラットフォームを目指して」Paul Low教授

[スポンサーリンク]

第40回の海外化学者インタビューは、ポール・ロウ教授です。英国ダラム大学の化学科に所属(訳注:2007年当時。2019年時の所属はUniversity of Western Australia)しており、共役有機化合物および有機金属化合物の合成、ならびに酸化還元状態の機能および電子構造に興味を持っています。それではインタビューをどうぞ。

Q. あなたが化学者になった理由は?

自分の嗅覚に従って化学者になってしまったのは、本当は少し悲しいです。私は学校で数学/物理/化学を専攻していたので、大学の学士号が当然のルートでした。1年次の後、私は特別な才能のある数学者ではないことに気付きました。そして、兄と父という二人の物理学者もいれば、選ぶべきは明確でした。化学者になるのが最善でした!3年次のとき、マイケル・ブルースの有機金属化学の授業にすっかりはまってしまい、それから進むべき道が設定されました。

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

「出来たこと」がここでは大部分を占めます。私はクリケットのフィールドで四年生以上のスコアを出すことはめったにありませんでしたが、オーストラリアのテスト・クリケット選手の上位100人に、幸運にも選ばれました。その試合のテレビ解説者は僅差で次点だったかと。

Q. 概して化学者はどのように世界に貢献する事ができますか?

CO2の回収、貯留、活性化を短期的な目標とし、炭素のリサイクルにつなげることが大きな課題となっている中で、エネルギー・ゲームはキャッチオールであるべきだと思います。長期的には、ますます不安定になる世界的な政治・環境情勢の中で、私たちは皆、炭素貯蔵量の管理に目を向け始める方がよいでしょう。結局のところ、化石燃料は化学産業の原料でもあり、この有用な資源を一気に燃やして地球を汚染するのは恥ずべきことでしょう。残念ながら、太陽エネルギー変換をマスターできるまでは、大規模な原子力発電を行わないと、炭素代替エネルギー経済の見通しはほとんど立ちません。

Q.あなたがもし歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

簡単なことではありませんが、他の何人かと同じように、レオナルド・ダ・ヴィンチに触れなければならないでしょう。たくさんのビアマットとペンが用意されたテーブルでの夕食を強く希望します…結局のところ、最高のアイデアは、ビアマット上で示される議論から生まれるのです!

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

学生に尋ねて見れば、「最後に実験を台無しにしたのはいつですか?」と言われるかもしれません。私は研究室で指を濡らしたくなるひどい癖があります。何かわくわくするようなことが起きているのを見たら、私をあまり遊ばせないよう、学生は注意しなければなりません。本当の意味で最新・最後の実験は、金曜日の午後にやったもので、trans-RuCl2(dppe)2-アセチリド複合体の合成でした。それ以外にも我々は、ドデカカルボニル錯体を合成しようとして行ったOsO4 50gのエタノール還元によって不意に生成したOsO2のバッチをなんとか回収しようとしていました。退屈なことは研究室ではめったにありません。

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

CDは簡単で、ロード・ロックンロールの中盤を収録したものなら何でも構いません。本選びははるかに難しいですし、私がどれくらいの長期滞在を期待していたかにももちろん依るでしょう!とはいえ、フランス語を学ぼうとしたタイミングでもあるので、きちんとした語学教育の本は数時間を過ごすのに良いかもしれません。

 

原文:Reactions – Paul Low

※このインタビューは2007年11月23日に公開されました。

 

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 第25回「ペプチドを化学ツールとして細胞を操りたい」 二木史朗 …
  2. 第28回「ナノバイオデバイスが拓く未来医療」馬場嘉信教授
  3. 第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kai…
  4. 第28回 錯体合成から人工イオンチャンネルへ – P…
  5. 第47回―「ロタキサン・カテナン・クラウンエーテルの超分子化学」…
  6. 第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champ…
  7. 第93回―「発光金属錯体と分子センサーの研究」Cristina …
  8. 第51回―「超分子化学で生物学と材料科学の境界を切り拓く」Car…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 2011年ノーベル化学賞予想ーケムステ版
  2. 国際化学オリンピック2016でもメダルラッシュ!
  3. sp3炭素のクロスカップリング反応の機構解明研究
  4. 動画で見れる!アメリカ博士留学生の一日
  5. 光/熱で酸化特性のオン/オフ制御が可能な分子スイッチの創出に成功
  6. ヴェンキィ・ラマクリシュナン Venkatraman Ramakrishnan
  7. 大型リチウムイオン電池及び関連商品・構成材料の開発【終了】
  8. 「アジア発メジャー」狙う大陽日酸、欧州市場に参入
  9. バイオマスからブタジエンを生成する新技術を共同開発
  10. 渡辺芳人 Yoshihito Watanabe

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第18回ケムステVシンポ『”やわらか電子材料” 有機半導体の世界』を開催します!

こんにちは、Spectol21です。作日、第16回ケムステVシンポが開催され、来週には第17回ケムス…

有機合成化学協会誌2021年6月号:SGLT2阻害薬・シクロペンチルメチルエーテル・4-メチルテトラヒドロピラン・糖-1-リン酸・新規ホスホジエステラーゼ阻害薬

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2021年6月号がオンライン公開されました。新…

フェノール類を選択的に加水素分解する新触媒を開発:リグニンから芳香族炭化水素へ

第316回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科 化学生命工学専攻(野崎研究室)・金…

【書籍】化学系学生にわかりやすい 平衡論・速度論

『化学系学生にわかりやすい 平衡論・速度論』(酒井 健一 著、コロナ社)という書籍をご紹介します。…

これからの理系の転職について考えてみた

Employability(エンプロイアビリティ)という言葉をご存じでしょうか。…

日本で始まる最先端半導体の開発 ~多くの素材メーカーが参画~

半導体の受託生産で世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)が茨城県つくば市に研究開発拠点を新設し、最…

「リチウムイオン電池用3D炭素電極の開発」–Caltech・Greer研より

久々のケムステ海外研究記です。第40回はカリフォルニア工科大学(Caltech)材料科学科のPhD課…

ペプシとヒドラゾンが作る枝分かれフッ素化合物

gem-ジフルオロシクロプロパンを原料としたbranch選択的なモノフルオロアルケン合成法が開発され…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP