[スポンサーリンク]

海外化学者インタビュー

第60回―「エネルギー・環境化学に貢献する金属-有機構造体」Martin Schröder教授

[スポンサーリンク]

第60回の海外化学者インタビューは、マーティン・シュレーダー教授です。ノッティンガム大学化学科(訳注:現所属はマンチェスター大学)に所属し、異常酸化状態にある金属、多孔性ナノ構造の集積、金属カチオンおよびアニオン錯形成に特に重点を置いた金属配位化学に取り組んでいます。それではインタビューをどうぞ。

Q. あなたが化学者になった理由は?

学校で化学を楽しんでいましたし、Cullingworth先生というインスピレーションあふれる化学の先生がいて幸運でした。Cullingworth先生はいつも、より多くの何か、新しい何か、発見され学ぶべき予期しない何かがあることを示してくれました。両親も私の大学進学に尽力してくれ、家庭からもたくさんの支援を受けました。

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

自分がしていること以外の何かをしようと、真剣に考えたことはありません。もし大学で化学を勉強していなかったら、医学の勉強をしていたかもしれません。しかし私は、教育と研究に常に惹かれていたのではないかと思います。「The Best Band You Never Heard in Your life」のセカンドギタリストは、楽しく儲かったかもしれません。しかし私には音楽的才能がありませんので、今のところ、そのやり方は通用しないと思います。

Q. 概して化学者はどのように世界に貢献する事ができますか?

化学は非常に多面的で、多くの分野に影響を及ぼしており、健康、エネルギー、持続可能性における今日の多くの主要な問題に関連しています。明らかに化学者は、自ら選んだ分野で第一線の研究を行うことで貢献していますが、特にアカデミアの人間にとっては、学部教育に対する熱意とコミットメントを維持することも極めて重要です。挑戦して未来の科学者になるように学生たちには奨励していますが、それは学部の授業中においてです。

Q.あなたがもし歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

チャールズ・ダーウィンです。彼の非常に巧妙な理論は、初めて発表されたときと同じくらい、今日でも大きな影響を与えています。

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

約20年前です!博士課程学生の一人が、機能性アザクラウン分子の単離と精製に問題を抱えていたので、この物質を再結晶する適切な方法を教えました。その学生は何日も悪戦苦闘していましたが、思えば私は問題を5分ほどで解決しました。実験作業を高く評価することにしました。

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

ズルをして、その島で立ち往生している人にCDと本を売ったり、音楽用のハードディスクを買ったりするでしょう。

まずは、オペラのライブ録音ですね。「パルジファル」「ニーベルングの指環」「マイスタージンガー」「トリスタンとイゾルデ」 (ワーグナー)、「フィガロの結婚」(モーツァルト)、「ムツェンスク郡のマクベス夫人」(ショスタコーヴィチ)、「ホーヴァンシチナ」(ムソルグスキー)、「パレストリーナ」(プフィツナー)などです。続いてトッド・ラングレン、フランク・ザッパ、ヨルマ・コーコネンの作品集に、少しばかりのヴァン・ダー・グラフ・ジェネレーター。これで不足でしょうか?

 

原文:Reactions – Martin Schröder

※このインタビューは2008年4月18日に公開されました。

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 第103回―「機能性分子をつくる有機金属合成化学」Nichola…
  2. 第62回―「再生医療・ドラッグデリバリーを発展させる高分子化学」…
  3. 「生物素材で新規構造材料を作り出す」沼田 圭司 教授
  4. 第96回―「発光機能を示す超分子・ナノマテリアル」Luisa D…
  5. 第19回 有機エレクトロニクスを指向した合成 – G…
  6. 第五回 化学の力で生物システムを制御ー浜地格教授
  7. 第一回 福山透教授ー天然物を自由自在につくる
  8. 第90回―「金属錯体の超分子化学と機能開拓」Paul Kruge…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 3日やったらやめられない:独自配位子開発と応用
  2. 青色発光ダイオードの赤﨑勇氏らに京都賞
  3. 各ジャーナル誌、続々とリニューアル!
  4. ダニを食べ毒蓄積 観賞人気のヤドクガエル
  5. 研究者目線からの論文読解を促す抄録フォーマット
  6. なぜあなたは論文が書けないのか
  7. 医薬品の合成戦略ー医薬品中間体から原薬まで
  8. 多置換ケトンエノラートを立体選択的につくる
  9. ケムステイブニングミキサー2019ー報告
  10. 化学ベンチャーが食品/医薬/化粧品業界向けに温度検知ゲル「Thermo Tracker(サーモトラッカー)」を開発

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

導電性ゲル Conducting Gels: 流れない流体に電気を流すお話

「液体のような」相と「固体のような」相、2つの相を持つゲルは様々な分野で用いられています。今回はその…

化学者のためのエレクトロニクス入門④ ~プリント基板業界で活躍する化学メーカー編~

bergです。化学者のためのエレクトロニクス入門と銘打ったこのコーナーも、今回で4回目となりました。…

第103回―「機能性分子をつくる有機金属合成化学」Nicholas Long教授

第103回の海外化学者インタビューは、ニック・ロング教授です。インペリアル・カレッジ・ロンドンの化学…

松原 亮介 Ryosuke Matsubara

松原亮介(まつばら りょうすけ MATSUBARA Ryosuke、1978-)は、日本の化学者であ…

CEMS Topical Meeting Online 超分子ポリマーの進化形

7月31日に理研CEMS主催で超分子ポリマーに関するオンライン講演会が行われるようです。奇しくも第7…

有機合成化学協会誌2020年7月号:APEX反応・テトラアザ[8]サーキュレン・8族金属錯体・フッ素化アミノ酸・フォトアフィニティーラベル

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年7月号がオンライン公開されました。コ…

第102回―「有機薄膜エレクトロニクスと太陽電池の研究」Lynn Loo教授

第102回の海外化学者インタビューは、Lynn Loo教授です。プリンストン大学 化学工学科に所属し…

化学系必見!お土産・グッズ・アイテム特集

bergです。今回は化学系や材料系の学生さんや研究者の方々がつい手に取りたくなりそうなグッズなどを筆…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP