[スポンサーリンク]


不斉反応

  1. エナンチオ選択的ジフルオロアルキルブロミド合成

    ブロモ基の転位を伴うアルケニルブロミドの不斉α,α-ジフルオロ化反応が開発された。本反応により生成する含フッ素キラルアルキルブロミドの医農薬品合成への利用が期待される。ジフルオロメチレン基とアルケンのジフルオロ化反応ジフルオロメタン…

  2. Branch選択的不斉アリル位C(Sp3)–Hアルキル化反応

    1,4ジエンのC3位選択的な不斉アリル位C–Hアルキル化反応が開発された。DFT計算により立体選択性…

  3. クゥイリン・ディン Kui-Ling Ding

    丁奎岭(Kui-Ling Ding、1966年3月15日–)は中国の有機化学者である。中国科学院上海…

  4. House-Meinwald転位で立体を操る

    非対称四置換エポキシドからキラルBrønsted酸触媒により、不斉四級炭素をもつα,α-ジアリールケ…

  5. NHCが触媒する不斉ヒドロフッ素化

    キラルなN–ヘテロ環状カルベン(NHC)を触媒として用いたα,β-不飽和アルデヒドに対する不斉ヒドロ…

  6. 不斉カルボニル触媒で酵素模倣型不斉マンニッヒ反応

  7. 量子化学計算を駆使した不斉ホスフィン配位子設計から導かれる新たな不斉ホウ素化反応

  8. 「触媒的オリゴマー化」によるポリピロロインドリン類の全合成

  9. バイオ触媒によるトリフルオロメチルシクロプロパンの不斉合成

  10. 酸と塩基のつとめを個別に完遂した反応触媒

  11. イミンを求核剤として反応させる触媒反応

  12. 宇部興産、オランダDSM社と「キラル技術」で提携

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 4,7-ジブロモ-2,1,3-ベンゾチアジアゾール:4,7-Dibromo-2,1,3-benzothiadiazole
  2. こんなサービスが欲しかった! 「Chemistry Reference Resolver」
  3. ODOOSをリニューアル!
  4. 小林 修 Shu Kobayashi
  5. ウルフ賞化学部門―受賞者一覧
  6. 光学活性有機ホウ素化合物のカップリング反応
  7. 大麻から作られる医薬品がアメリカでオーファンドラッグとして認証へ

注目情報

最新記事

第133回―「遺伝暗号リプログラミングと翻訳後修飾の研究」Jason Chin教授

第133回の海外化学者インタビューはジェイソン・チン教授です。ケンブリッジMRC分子生物学研究所のタ…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(3)

前回・前々回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路やインダストリー就活の流れ…

リンだ!リンだ!ホスフィン触媒を用いたメチルアミノ化だ!

有機リン触媒とアリールボロン酸を用いたニトロメタンの還元的C–Nカップリング反応が報告された。本手法…

化学者のためのエレクトロニクス講座~次世代の通信技術編~

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

第132回―「遷移金属触媒における超分子的アプローチ」Joost Reek教授

第132回の海外化学者インタビューはジュースト・リーク教授です。アムステルダム大学ファント・ホッフ分…

PAGE TOP