[スポンサーリンク]


不斉反応

  1. Branch選択的不斉アリル位C(Sp3)–Hアルキル化反応

    1,4ジエンのC3位選択的な不斉アリル位C–Hアルキル化反応が開発された。DFT計算により立体選択性が発現する遷移状態、および、本反応が内圏機構で進行していることが示唆された。アリル位C–Hアルキル化反応Pd触媒アリル位C–Hアルキ…

  2. クゥイリン・ディン Kui-Ling Ding

    丁奎岭(Kui-Ling Ding、1966年3月15日–)は中国の有機化学者である。中国科学院上海…

  3. House-Meinwald転位で立体を操る

    非対称四置換エポキシドからキラルBrønsted酸触媒により、不斉四級炭素をもつα,α-ジアリールケ…

  4. NHCが触媒する不斉ヒドロフッ素化

    キラルなN–ヘテロ環状カルベン(NHC)を触媒として用いたα,β-不飽和アルデヒドに対する不斉ヒドロ…

  5. 不斉カルボニル触媒で酵素模倣型不斉マンニッヒ反応

    ピリドキサール生体模倣触媒によるアリールN-ホスフィニルイミン類とグリシン類の不斉マンニッヒ反応が報…

  6. 量子化学計算を駆使した不斉ホスフィン配位子設計から導かれる新たな不斉ホウ素化反応

  7. 「触媒的オリゴマー化」によるポリピロロインドリン類の全合成

  8. バイオ触媒によるトリフルオロメチルシクロプロパンの不斉合成

  9. 酸と塩基のつとめを個別に完遂した反応触媒

  10. イミンを求核剤として反応させる触媒反応

  11. 宇部興産、オランダDSM社と「キラル技術」で提携

スポンサー

ピックアップ記事

  1. DOIって何?
  2. キニーネ きにーね quinine
  3. ヨン・ピエール Jorn Piel
  4. メカニカルスターラー
  5. 1-ヒドロキシタキシニンの不斉全合成
  6. 尿から薬?! ~意外な由来の医薬品~ その2
  7. 電気化学的HFIPエーテル形成を経る脱水素クロスカップリング反応

注目情報

最新記事

八木 政行 Masayuki Yagi

八木 政行(やぎ まさゆき、Yagi Masayuki、1968年 -)は、日本の化学者である (写…

有機化学を俯瞰する –古代ギリシャ哲学から分子説の誕生まで–【前編】

本連載では、生命体を特別視する "生気説" が覆されたことにより、有機合成化学の幕が開いたことについ…

第92回―「金属錯体を結合形成触媒へ応用する」Rory Waterman教授

第92回の海外化学者インタビューは、ロリー・ウォーターマン教授です。バーモント大学化学科に在籍し、有…

第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」を開催します!

コロナウイルスの自粛も全国で解かれ、日本国内はだいぶ復帰に近づいてました(希望的観測)。しかし今年度…

ボロン酸エステルをモノ・ジフルオロメチル基に変える

ボロン酸エステルを原料としたモノ、ジフルオロメチル化反応が開発された。立体特異的に進行する本反応では…

PAGE TOP