[スポンサーリンク]


全合成

  1. ブライアン・ストルツ Brian M. Stoltz

    ブライアン・M・ストルツ(Brian Mark. Stoltz、19xx年xx月xx日-)は、アメリカの有機化学者である。米カリフォルニア工科大学教授(写真:Caltech)。 (さらに…)…

  2. コンプラナジンAの全合成

    Synthesis of (+)-Complanadine A, an Inducer of Neu…

  3. 超難関天然物 Palau’amine・ついに陥落

    "Total Synthesis of Palau'amine"Seiple, I. B.; S…

  4. (+)-11,11′-Dideoxyverticillin Aの全合成

    "Total Synthesis of (+)-11,11'-Dideoxyverticillin …

  5. ラウリマライドの全合成

    Evaluating Transition-Metal-Catalyzed Tran…

  6. (-)-ナカドマリンAの全合成

  7. スティーブン・レイ Steven V. Ley

  8. ハウアミンAのラージスケール合成

  9. 天然物の全合成―2000~2008

  10. ポール・ウェンダー Paul A. Wender

  11. アンディ・マイヤース Andrew G. Myers

  12. デヴィッド・エヴァンス David A. Evans

  13. (-)-ウシクライドAの全合成と構造決定

  14. イライアス・コーリー E. J. Corey

  15. エリック・ジェイコブセン Eric N. Jacobsen

  16. (+)-ゴニオトキシンの全合成

スポンサー

ピックアップ記事

  1. カイニン酸 kainic acid
  2. イミダゾリニウムトリフラート塩の合成に有用なビニルスルホニウム塩前駆体
  3. トリ(2-フリル)ホスフィン:Tri(2-furyl)phosphine
  4. キラルLewis酸触媒による“3員環経由4員環”合成
  5. 可視光で働く新しい光触媒を創出 -常識を覆す複合アニオンの新材料を発見-
  6. 東北地方太平洋沖地震に募金してみませんか。
  7. コルベ電解反応 Kolbe Electrolysis

注目情報

最新記事

フルオロシランを用いたカップリング反応~ケイ素材料のリサイクルに向けて~

第282回のスポットライトリサーチは、大阪府立大学 大学院理学系研究科(松坂研究室)・山本大貴さんに…

第133回―「遺伝暗号リプログラミングと翻訳後修飾の研究」Jason Chin教授

第133回の海外化学者インタビューはジェイソン・チン教授です。ケンブリッジMRC分子生物学研究所のタ…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(3)

前回・前々回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路やインダストリー就活の流れ…

リンだ!リンだ!ホスフィン触媒を用いたメチルアミノ化だ!

有機リン触媒とアリールボロン酸を用いたニトロメタンの還元的C–Nカップリング反応が報告された。本手法…

化学者のためのエレクトロニクス講座~次世代の通信技術編~

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

PAGE TOP