[スポンサーリンク]


全合成

  1. フィル・バラン Phil S. Baran

    フィル・S・バラン(Phil.S.Baran、1977年8月10日-)は、アメリカの有機化学者である(写真:Search Scholars Program) 。米国スクリプス研究所教授。 (さらに…)…

  2. アルカロイド alkaloid

    アルカロイド(alkaloid) とは、植物などに含まれる塩基性を示す化合物の総称です。"アルカ…

  3. パクリタキセル(タキソール) paclitaxel(TAXOL)

    パクリタキセル(paclitaxel)は、イチイの樹皮から単離されるテルペノイドの一種で、強力な…

  4. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(3)

    前回に続きまして「ノーベル化学賞がとれそうでとれないであろうでももしかしたらとれるかもしれない化学者…

  5. サミュエル・ダニシェフスキー Samuel J. Danishefsky

    サミュエル・J・ダニシェフスキー(Samuel J. Danishefsky、1936年3月10日(…

  6. バリー・トロスト Barry M. Trost

  7. (+)-フォーセチミンの全合成

  8. ブートキャンプ

  9. ピンナ酸の不斉全合成

  10. タミフルの新規合成法・その2

  11. タミフルの新規合成法

  12. ニコラウ祭り

  13. 何を全合成したの?Hexacyclinolの合成

  14. 階段状分子の作り方

  15. テトラサイクリン類の全合成

  16. タミフルをどう作る?~インフルエンザ治療薬の合成~

スポンサー

ピックアップ記事

  1. DFMS:ビス(ジフルオロメチルスルホニル)亜鉛
  2. 長井長義 Nagayoshi Nagai
  3. 新規糖尿病治療薬「DPPIV阻害剤」‐熾烈な開発競争
  4. 米国へ講演旅行へ行ってきました:Part IV
  5. シモンズ・スミス反応 Simmons-Smith Reaction
  6. 低分子の3次元構造が簡単にわかる!MicroEDによる結晶構造解析
  7. 不正の告発??

注目情報

最新記事

【書籍】機器分析ハンドブック1 有機・分光分析編

kindle版↓概要はじめて機器を使う学生にもわかるよう,代表的な分析機器の…

第46回「趣味が高じて化学者に」谷野圭持教授

第46回目の研究者インタビューです。今回のインタビューは第10回目のケムステVシンポ講演者の一人であ…

【山口代表も登壇!!】10/19-11/18ケミカルマテリアルJapan2020-ONLINE-

「ケミカルマテリアルJapan2020-ONLINEー(主催:株式会社化学工業日報社)」は、未来に向…

「誰がそのシャツを縫うんだい」~新材料・新製品と廃棄物のはざま~ 2

Tshozoです。前回の続き、②リチウムイオン電池についてです。なおこの関連の技術は進化が非常に早く…

炊きたてご飯の香り成分測定成功、米化学誌に発表 福井大学と福井県農業試験場

 福井大学と福井県農業試験場は、これまで難しいとされていた炊きたてご飯の香り成分の測定に成功したと米…

PAGE TOP