[スポンサーリンク]


有機合成

  1. マダンガミンの網羅的全合成

    高度に縮環した構造を有するマダンガミンA、C、Eの全合成が達成された。E/Z選択的なスキップジエン合成法の開発とN-アシルイミニウム環化反応が本合成の鍵である。マダンガミンA–Eマダンガミン類(madangamine)はパプアニュー…

  2. ザック・ボール Zachary T. Ball

    ザッカリー・T・ボール(Zachary T. Ball, 19xx年x月x日-)は、アメリカの有機化…

  3. 第5回慶應有機化学若手シンポジウム

    第5回慶應有機化学若手シンポジウムの御案内   有機合成・反応化学、天然物化学・ケミカルバイオロ…

  4. 芳香族カルボン酸をHAT触媒に応用する

    ミュンスター大・Gloriusらは、可視光レドックス触媒を用いる位置選択的なC(sp3)-Hチオトリ…

  5. ロバート・ノールズ Robert R. Knowles

    ロバート・R・ノールズ(Robert R. Knowles, 19xx年x月x日(ニューヨーク生)-…

  6. エリック・ソレンセン Eric J. Sorensen

  7. フランク・グローリアス Frank Glorius

  8. グァンビン・ドン Guangbin Dong

  9. マイケル・クリシェー Michael J. Krische

  10. マニュエル・アルカラゾ Manuel Alcarazo

  11. 第33回 新たな手法をもとに複雑化合物の合成に切り込む―Steve Marsden教授

  12. 化学合成で「クモの糸」を作り出す

  13. 脱芳香化反応を利用したヒンクデンチンAの不斉全合成

  14. パラジウム触媒の力で二酸化炭素を固定する

  15. 無金属、温和な条件下で多置換ピリジンを構築する

  16. 林 雄二郎 Yujiro Hayashi

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 2009年イグノーベル賞決定!
  2. 仙台の高校生だって負けてません!
  3. 第43回―「均質ナノ粒子の合成と生命医学・触媒への応用」Taeghwan Hyeon教授
  4. 生理活性物質? 生物活性物質?
  5. 2012年分子生物学会/生化学会 ケムステキャンペーン
  6. 米ファイザー、感染予防薬のバイキュロンを買収
  7. 国内 ブロックバスター後発品続々と販売開始

注目情報

最新記事

東京化成工業より 春の学会年会に参加予定だったケムステ読者の皆様へ

東京化成工業は、東京理科大学で開催の日本化学会第100春季年会付設展示会、京都国際会館で開催の日本薬…

研究助成金&海外留学補助金募集:公益財団法人アステラス病態代謝研究会

令和2年度はじまりました。とはいってもほとんどの大学講義開始は延期、講義もオンライン化が進み、いつも…

ウレエートを強塩基性官能基として利用したキラルブレンステッド塩基触媒の創製

第255回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院理学研究科 化学専攻・石川 奨さんにお願いしまし…

天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

ケムステ海外研究記の第 33 回はテキサス大学 Liu 研究室に留学されていた牛丸理一郎先生にお願い…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

PAGE TOP