[スポンサーリンク]

海外化学者インタビュー

第161回―「C-H官能基化と脱芳香族化を鍵反応とする天然物合成」Shu-Li You教授

[スポンサーリンク]

第161回の海外化学者インタビューは、シューリー・ユー教授です。中国科学院上海有機化学研究所・有機金属化学国家重点実験室に有機化学教授として勤務し、方法論の開発、全合成、医薬化学に取り組んでいます。それではインタビューをどうぞ。

Q. あなたが化学者になった理由は?

高校時代に化学が得意で、大学では化学を専攻しました。今は、興味のある新しい分子に簡単にアクセスできるような新しいツールを開発することで、化学者としての仕事を楽しんでいます。

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

現実として、もし大学で学ぶ機会がなかったら今頃、親の仕事を継いで農家をしているでしょう。しかし、もし選べるのなら、科学雑誌の編集者になりたいと思っています。すべての投稿が公平に扱われるように、最善を尽くしたいと思います。

Q. 現在取り組んでいることは何ですか?そしてそれをどう展開させたいですか?

C-H結合の直接官能基化と不斉脱芳香化をベースにした新しい方法論の開発に取り組んでいます。究極的には、興味ある分子を作ろうとするとき、すべての化学者が私たちの方法論を使用できるようになるといいですね。

Q.あなたがもし、歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

インスリンの発見で1923年にノーベル賞を受賞したフレデリック・G・バンティング氏です。インスリンの発見物語にはとても興味をそそられており、聞きたいことがたくさんあります。

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

そういえば、かなり久しぶりにラボワークをしました。最後に実験したのは約1年前で、不斉フリーデル・クラフツ反応でした。独立して間もない頃、実験時間がたくさんあった頃が、今となってはとても懐かしいです。

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

化学の本ではないことは確かです。難しい選択ですが、おそらくダン・ブラウンの「ダ・ヴィンチ・コード」と、ポップシンガーの故・テレサ・テンの音楽集を持っていくと思います。

Q.「Reactions」でインタビューしてほしい化学者と、その理由を教えてください。

同じ学部にいるLixin Dai教授です。Dai先生は高貴な方であり、偉大な化学者であり、ユニークな個性を持つ方です。

 

原文:Reactions – Shuli You

※このインタビューは2011年6月23日に公開されました。

関連動画

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 第43回「はっ!」と気づいたときの喜びを味わい続けたい R…
  2. 第76回―「化学を広める雑誌編集者として」Neil Wither…
  3. 第104回―「生体分子を用いる有機エレクトロニクス」David …
  4. 第31回 ナノ材料の階層的組織化で新材料をつくる―Milo Sh…
  5. 第86回―「化学実験データのオープン化を目指す」Jean-Cla…
  6. 第47回「目指すは究極の“物質使い”」前田和彦 准教授
  7. 第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Bala…
  8. 第89回―「タンパク質間相互作用阻害や自己集積を生み出す低分子」…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アレン・バード Allen J. Bard
  2. EU、玩具へのフタル酸エステル類の使用禁止
  3. 有機合成化学協会誌2018年12月号:シアリダーゼ・Brook転位・末端選択的酸化・キサンテン・ヨウ素反応剤・ニッケル触媒・Edoxaban中間体・逆電子要請型[4+2]環化付加
  4. SelectfluorR
  5. 名大・山本名誉教授に 「テトラへドロン賞」 有機化学分野で業績
  6. ノーベル週間にスウェーデンへ!若手セミナー「SIYSS」に行こう!
  7. ナノ孔に吸い込まれていく分子の様子をスナップショット撮影!
  8. Pallambins A-Dの不斉全合成
  9. 工程フローからみた「どんな会社が?」~タイヤ編 その2
  10. 抗アレルギー薬「アレジオン」の販売、BIに一本化

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2021年8月
« 7月   9月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

注目情報

注目情報

最新記事

なぜあの研究室の成果は一流誌ばかりに掲載されるのか【考察】

Nature誌やScience誌は科学者ならば誰もが認める一流ジャーナルとして認識されています。そう…

PEG化合物を簡単に精製したい?それなら塩化マグネシウム!

ケミカルバイオロジー・生体関連化学用途の分子構造において、とにかくよく見かけるポリエチレングリコール…

バリー・ハリウェル Barry Halliwell

バリー・ハリウェル (Barry Halliwell、1949年10月18日-)は、イギリスの生化学…

湾曲したパラフェニレンで繋がれたジラジカルの挙動  〜湾曲効果による電子スピン状態の変化と特異性〜

第342回のスポットライトリサーチは、広島大学大学院 先進理工系科学研究科・宮澤友樹 さんにお願いし…

第165回―「光電変換へ応用可能な金属錯体の開発」Ed Constable教授

第165回の海外化学者インタビューは、エドウィン(エド)・コンステイブル教授です。バーゼル大学化学科…

MEDCHEM NEWSと提携しました

「くすり」に関係する研究者や技術者が約1万7専任が所属する日本薬学会。そ…

抗体を液滴に濃縮し細胞内へ高速輸送:液-液相分離を活用した抗体の新規細胞内輸送法の開発

第341回のスポットライトリサーチは、京都大学 薬学研究科(二木研究室)博士後期課程1年の岩田恭宗さ…

革新的なオンライン会場!「第53回若手ペプチド夏の勉強会」参加体験記

夏休みも去って新学期も始まり、研究者としては科研費申請に忙しい時期ですね。学会シーズン到来の足音も聞…

実験手袋をいろいろ試してみたーつかいすてから高級手袋までー

前回は番外編でしたが、試してみたシリーズ本編に戻ります。引き続き実験関係の消耗品…

第164回―「光・熱エネルギーを変換するスマート材料の開発」Panče Naumov教授

第164回の海外化学者インタビューは、パンチェ・ナウモフ教授です。大阪大学大学院工学研究科 生命先端…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP