[スポンサーリンク]


有機合成

  1. クリストファー・ウエダ Christopher Uyeda

    クリストファー・H・ウエダ(Christopher H. Uyeda、19xx年x月x日-)は、米国の有機化学者である。パデュー大学 助教授(写真:Uyeda Group)。 (さらに…)…

  2. 添加剤でスイッチするアニリンの位置選択的C-Hアルキル化

    Ru触媒を用いたアニリン誘導体のパラ位アルキル化が開発された。極めて位置選択性が高く、添加剤により選…

  3. ジボリルメタンに一挙に二つの求電子剤をくっつける

    ジボリルメタンに対し銅触媒を用いて二種の求電子剤をジアステレオ選択的に連結し、二つの炭素–炭素結合を…

  4. デヴィッド・ナギブ David A. Nagib

    デヴィッド・A・ナギーブ(David A. Nagib、19xx年x月x日-)は、米国の有機化学者で…

  5. Gilbert Stork最後の?論文

    最近、アメリカ化学会の有機化学速報誌Organic Lettersにびっくりする著者の論文が掲載され…

  6. 銀を使ってリンをいれる

  7. 電気化学と金属触媒をあわせ用いてアルケンのジアジド化を制す

  8. 銀カルベノイドの金属特性を活用したフェノール類の不斉脱芳香族化反応

  9. エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian

  10. チャオ=ジュン・リー Chao-Jun Li

  11. アルカロイドの科学 生物活性を生みだす物質の探索から創薬の実際まで

  12. 「触媒的オリゴマー化」によるポリピロロインドリン類の全合成

  13. 機能指向型合成 Function-Oriented Synthesis

  14. スルホキシイミンを用いた一級アミン合成法

  15. いざ、低温反応!さて、バスはどうする?〜水/メタノール混合系で、どんな温度も自由自在〜

  16. 布施 新一郎 Shinichiro Fuse

スポンサー

ピックアップ記事

  1. コープ転位 Cope Rearrangement
  2. フィリップ・イートン Phillip E. Eaton
  3. アルバート・エッシェンモーザー Albert Eschenmoser
  4. 2007年文化勲章・文化功労者決定
  5. デヴィッド・ナギブ David A. Nagib
  6. デーブナー・フォン=ミラー キノリン合成 Doebner-von Miller quinoline synthesis
  7. バトラコトキシン (batrachotoxin)

注目情報

最新記事

染色体分裂で活躍するタンパク質“コンデンシン”の正体は分子モーターだった!

第127回のスポットライトリサーチは、コロンビア大学のDepartment of Biochemis…

クリストファー・ウエダ Christopher Uyeda

クリストファー・H・ウエダ(Christopher H. Uyeda、19xx年x月x日-)は、米国…

添加剤でスイッチするアニリンの位置選択的C-Hアルキル化

Ru触媒を用いたアニリン誘導体のパラ位アルキル化が開発された。極めて位置選択性が高く、添加剤により選…

ジェレマイア・ジョンソン Jeremiah A. Johnson

ジェレマイア・A・ジョンソン(Jeremiah A. Johnson、19xx年xx月xx日)は、ア…

電子ノートか紙のノートか

読者の方々の所属する研究室・会社では実験ノートはどのように保管、データ化されていますでしょうか?…

PAGE TOP