[スポンサーリンク]


有機合成

  1. 第120回―「医薬につながる複雑な天然物を全合成する」Richmond Sarpong教授

    第120回の海外化学者インタビューは、リッチモンド・サーポン教授です。カリフォルニア大学バークレー校化学科に所属し、複雑天然物の全合成のための戦略および方法論の開発に取り組んでいます。それではインタビューをどうぞ。 (さらに&hel…

  2. 第一手はこれだ!:古典的反応から最新反応まで3 |第8回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

    理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

  3. 第115回―「分子機械と天然物の化学合成」Ross Kelly教授

    第115回の海外化学者インタビューは、ロス・ケリー教授です。ボストンカレッジ化学科に所属し、天然物や…

  4. 巧みに設計されたホウ素化合物と可視光からアルキルラジカルを発生させる

    第268回のスポットライトリサーチは、金沢大学医薬保健研究域薬学系(大宮研究室)の佐藤 由季也(さと…

  5. ボリル化剤を無駄なく使えるsp3C–H結合ボリル化

    不活性なアルケンの効率的なsp3C–Hボリル化反応が開発された。鍵はジピリジルアリールメタン配位子を…

  6. 光を吸わないはずの重原子化合物でも光反応が進行するのはなぜか?

  7. 高橋 大介 Daisuke Takahashi

  8. 松原 亮介 Ryosuke Matsubara

  9. 第七回ケムステVシンポジウム「有機合成化学の若い力」を開催します!

  10. 第41回「合成化学で糖鎖の未知を切り拓く」安藤弘宗教授

  11. 焦宁 Ning Jiao

  12. 炭素-炭素結合を組み替えて多環式芳香族化合物を不斉合成する

  13. 千田憲孝 Noritaka Chida

  14. ヌノ・マウリド Nuno Maulide

  15. 第80回―「グリーンな変換を実現する有機金属触媒」David Milstein教授

  16. ウレエートを強塩基性官能基として利用したキラルブレンステッド塩基触媒の創製

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 日本化学会第85回春季年会
  2. 3色に変化する熱活性化遅延蛍光材料の開発
  3. 金属容器いろいろ
  4. 始まるPCB処理 利便性追求、重い代償
  5. バートリ インドール合成 Bartoli Indole Synthesis
  6. アライン種の新しい発生法
  7. 小林製薬、「神薬」2種類を今春刷新

注目情報

最新記事

第一回ケムステVプレミアレクチャー「光化学のこれから ~ 未来を照らす光反応・光機能 ~」を開催します!

ノーベル賞の発表も来週に迫っていますし、後期も始まりますね。10月から新しく始まるシーズンに、どこと…

細胞懸濁液をのせて、温めるだけで簡単に巨大ながんスフェロイドができる

第276回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学研究院 准教授の吉野 大輔(よしの だい…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2020」を発表!

9月23日に、クラリベイト・アナリティクス社から、2020年の引用栄誉賞が発表されました。こ…

アズワンが第一回ケムステVプレミアレクチャーに協賛しました

さて先日お知らせいたしましたが、ケムステVプレミアクチャーという新しい動画配信コンテンツをはじめます…

化学者のためのエレクトロニクス講座~代表的な半導体素子編

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

PAGE TOP