[スポンサーリンク]


有機合成

  1. デニス・ホール Dennis G. Hall

    デニス・G・ホール(Dennis G. Hall、1968年1月2日(ケベック・カナダ生)-)は、カナダの化学者である。アルバータ大学 教授。(写真:Hall Group) (さらに…)…

  2. 官能基選択的な 5 員環ブロック連結反応を利用したステモアミド系アルカロイドの網羅的全合成

    第144回のスポットライトリサーチは、カリフォルニア大学バークレー校(John F. Hartwig…

  3. 塩基と酸でヘテロ環サイズを”調節する”

    塩基と酸を作用させるだけで環サイズを調節できるユニークな中員環合成手法が報告された。塩基による環拡大…

  4. 「遠隔位のC-H結合を触媒的に酸化する」―イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校・M.C.White研より

    「ケムステ海外研究記」の第21回目は、南條毅さんにお願いしました。南條さんはイリノイ大学アー…

  5. 「生合成に基づいた網羅的な天然物全合成」—カリフォルニア大学バークレー校・Sarpong研より

    「ケムステ海外研究記」の第19回目は、向井健さんにお願いしました。向井さんはカリフォルニア大…

  6. 有機分子触媒ーChemical Times特集より

  7. 「不斉有機触媒の未踏課題に挑戦する」—マックス・プランク石炭化学研究所・List研より

  8. リッチー・サーポン Richmond Sarpong

  9. 홍 순 혁 Soon Hyeok Hong

  10. 医薬品への新しい合成ルートの開拓 〜協働的な触媒作用を活用〜

  11. 有機ルイス酸触媒で不斉向山–マイケル反応

  12. 有機合成化学協会誌 紹介記事シリーズ

  13. アミン化合物をワンポットで簡便に合成 -新規還元的アミノ化触媒-:関東化学

  14. Junfeng Zhao

  15. Wen-Jing Xiao

  16. 有機合成化学の豆知識botを作ってみた

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ついに成功した人工光合成
  2. HOW TO 分子シミュレーション―分子動力学法、モンテカルロ法、ブラウン動力学法、散逸粒子動力学法
  3. パール・クノール ピロール合成 Paal-Knorr Pyrrole Synthesis
  4. 硫黄化合物で新めっき 岩手大工学部
  5. 原田 明 Akira Harada
  6. 有機化合物で情報を記録する未来は来るか
  7. 世界医薬大手の05年売上高、欧州勢伸び米苦戦・武田14位

注目情報

最新記事

磯部 寛之 Hiroyuki Isobe

磯部寛之(いそべひろゆき、1970年11月9日–東京都生まれ)は日本の有機化学者である。東京大学理学…

死海付近で臭素が漏洩

イスラエル警察は死海付近の向上から臭素が漏れだしたことを明らかにし、付近住民に自宅にとどまるよう呼び…

光触媒反応用途の青色LED光源を比較してみた

巷で大流行の可視光レドックス触媒反応ですが、筆者のラボでも活用するようになりました。しかし経…

宮沢賢治の元素図鑑

概要本書は宮沢賢治の作品に登場する元素を取り上げ、作品を入り口として各元素について解説した書…

電子豊富芳香環に対する触媒的芳香族求核置換反応

2017年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・David Nicewiczらは、可視光レドックス触…

PAGE TOP