[スポンサーリンク]


有機合成

  1. 平井 剛 Go Hirai

    平井剛は、ケミカルバイオロジー応用を志向した擬天然物創製を研究している、日本の有機合成化学者である。九州大学大学院薬学研究院 教授。第35回ケムステVシンポ「有機合成が拓く最先端糖化学」講師経歴2002 東北大学大学院理学研…

  2. 提唱から60年。温和な条件下で反芳香族イソフロリンの合成に成功

    第451回のスポットライトリサーチは、大阪大学 大学院理学研究科化学専攻 物性有機化…

  3. 星本 陽一 Yoichi Hoshimoto

    星本 陽一(ほしもと よういち)は、日本の有機化学者である。大阪大学大学院工学研究科 准教授。専門は…

  4. 諸藤 達也 Tatsuya Morofuji

    諸藤 達也(もろふじ たつや)は、日本の有機化学者および有機化学系YouTuberである。学習院大学…

  5. 南 安規 Yasunori Minami

    南 安規(みなみ やすのり)は、日本の有機合成化学者である。産業技術総合研究所・触媒化学融合研究セン…

  6. 第175回―「酸素を活用できる新規酸化触媒系の開発」Mark Muldoon准教授

  7. 反応経路自動探索が見いだした新規3成分複素環構築法

  8. クロう(苦労)の産物!Clionastatinsの合成

  9. トリテルペノイドの「トリ」!?octanorcucurbitacin Bの全合成

  10. スチレンにCoのHATをかぶせれば、インドールを不斉アルキル化

  11. ヒドロキシ基をスパッと(S)、カット(C)、して(S)、アルキル化

  12. エーテルがDiels–Alder反応?トリチルカチオンでin situ 酸化DA!

  13. ロバート・フィップス Robert J. Phipps

  14. アレックス・ラドセヴィッチ Alexander Radosevich 

  15. 第169回―「両性分子を用いる有機合成法の開発」Andrei Yudin教授

  16. 大井貴史 Takashi Ooi

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ここまでできる!?「DNA折り紙」の最先端 ③ ~立体を作ろう! 編~
  2. プロリン ぷろりん proline
  3. 第42回―「ナノスケールの自己集積化学」David K. Smith教授
  4. 三共と第一製薬が正式に合併契約締結
  5. 有機反応を俯瞰する ーエノラートの発生と反応
  6. 有機合成反応で乳がん手術を改革
  7. 福山透 Tohru Fukuyama

注目情報

最新記事

材料開発の未来とロードマップ -「人の付加価値を高めるインフォマティクスとロボティクス」-

 申込みはこちら■セミナー概要本動画は、20022年11月11日に開催された共催セミナーで弊…

第58回「新しい分子が世界を変える力を信じて」山田容子 教授

第58回目の研究者インタビューです! 今回は第36回ケムステVシンポ「光化学最前線2023」の講演者…

始めよう!3Dプリンターを使った実験器具DIY:準備・お手軽プリント編

オリジナルの実験器具を3Dプリンターで作る企画を始めました。第一弾として3Dプリンターの導入と試しに…

第16回日本化学連合シンポジウム「withコロナ時代における化学への期待」

およそ3年間に渡る新型コロナウイルス感染症の蔓延により、経済、文化、研究、社会活動のすべてが大きなダ…

アカデミアケミストがパパ育休を取得しました!

こんにちは、こんばんは、おはようございます、Macyこと九大院薬 助教の寄立麻琴です。タイトルに…

PAGE TOP