[スポンサーリンク]


有機合成

  1. エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian

    エリック・J・アレクサニアン(Eric J. Alexanian、19xx年x月x日-)は、アメリカの有機化学者である。ノースカロライナ大学チャペルヒル校 准教授。(引用:Alexanian Lab) (さらに…)…

  2. チャオ=ジュン・リー Chao-Jun Li

    チャオ=ジュン・リー (Chao-Jun Li、19xx年xx月xx日-)は、カナダの有機化学者であ…

  3. アルカロイドの科学 生物活性を生みだす物質の探索から創薬の実際まで

    概要アルカロイドはその顕著な生物活性のため,さまざまな学問進展の「原動力」として注目され続け…

  4. 「触媒的オリゴマー化」によるポリピロロインドリン類の全合成

    植物アルカロイドポリピロロインドリン類の合成が達成された。合成の鍵は銅触媒によるトリプタミドのヨード…

  5. 機能指向型合成 Function-Oriented Synthesis

     化合物の構造にこだわった合成ではなく、その機能の再現を最重要ポイントと据えた合成法のことを、機能指…

  6. スルホキシイミンを用いた一級アミン合成法

  7. いざ、低温反応!さて、バスはどうする?〜水/メタノール混合系で、どんな温度も自由自在〜

  8. 布施 新一郎 Shinichiro Fuse

  9. ニッケル触媒による縮合三環式化合物の迅速不斉合成

  10. トーマス・ホイ Thomas R. Hoye

  11. デヴィッド・ニセヴィッツ David A. Nicewicz

  12. エリック・メガース Eric Meggers

  13. 還元的にアルケンを炭素官能基で修飾する

  14. ジェフ・ボーディ Jeffrey W. Bode

  15. 新規抗生物質となるか。Pleuromutilinsの収束的短工程合成

  16. 可視光レドックス触媒を用いた芳香環へのC-Hアミノ化反応

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ウィリアム・ノールズ William S. Knowles
  2. サリンを検出可能な有機化合物
  3. 生理活性物質? 生物活性物質?
  4. 触媒的C-H活性化型ホウ素化反応
  5. エノラートのα-アルキル化反応 α-Alkylation of Enolate
  6. 超臨界流体 Supercritical Fluid
  7. 【書籍】10分間ミステリー

注目情報

最新記事

エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian

エリック・J・アレクサニアン(Eric J. Alexanian、19xx年x月x日-)は、アメリカ…

光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法

2016年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・Eric J. Alexanianらは、青色光照射下…

硤合 憲三 Kenso Soai

硤合 憲三 (そあい けんそう、1950年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京理科大学 名誉…

カルボン酸からハロゲン化合物を不斉合成する

第119回のスポットライトリサーチは、豊橋技術科学大学大学院 柴富研究室 博士後期課程1年の北原 一…

アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton

アンドリュー・ディヴィッド・ハミルトン (Andrew David Hamilton、1952年11…

PAGE TOP