[スポンサーリンク]


有機合成

  1. ウレエートを強塩基性官能基として利用したキラルブレンステッド塩基触媒の創製

    第255回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院理学研究科 化学専攻・石川 奨さんにお願いしました。石川さんの所属する寺田研究室では、寺田-秋山リン酸触媒に代表されるBINOL骨格を用いた有機触媒開発で世界の最先端を走る研究室。…

  2. もう別れよう:化合物を分離・精製する|第5回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

    理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

  3. 第65回―「タンパク質代替機能を発揮する小分子の合成」Marty Burke教授

    第65回の海外化学者インタビューは、マーティン・バーク教授です。イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校…

  4. ヒドリド転位型C(sp3)-H結合官能基化を駆使する炭素中員環合成

    第246回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学部・大多和 柚奈さんにお願いしました。…

  5. 第54回―「ナノカーボンを機能化する合成化学」Maurizio Prato教授

    第54回の海外化学者インタビューは、マウリーツィオ・プラート教授です。イタリア・トリエステ大学の薬学…

  6. スルホンアミドからスルホンアミドを合成する

  7. サラ・E・リースマン Sarah E. Reisman

  8. クゥイリン・ディン Kui-Ling Ding

  9. 光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応

  10. 実験でよくある失敗集30選|第2回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

  11. 2つのグリニャールからスルホンジイミンを作る

  12. 特長のある豊富な設備:ライトケミカル工業

  13. シリルエノールエーテルのβ位を選択的に官能基化する

  14. rhodomolleins XX と XXIIの全合成

  15. 金属ヒドリド水素原子移動(MHAT)を用いた四級炭素構築法

  16. Arborisidineの初の全合成

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 「溶融炭酸塩基の脱プロトン化で有用物質をつくる」スタンフォード大学・Kanan研より
  2. ジャン=ルック・ブレダス Jean-Luc Bredas
  3. クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2019」を発表
  4. 生合成を模倣しない(–)-jorunnamycin A, (–)-jorumycinの全合成
  5. アンモニアを用いた環境調和型2級アミド合成
  6. 化学研究ライフハック :RSSリーダーで新着情報をチェック!2015年版
  7. 住友チタニウム、スポンジチタン生産能力を3割増強

注目情報

最新記事

東京化成工業より 春の学会年会に参加予定だったケムステ読者の皆様へ

東京化成工業は、東京理科大学で開催の日本化学会第100春季年会付設展示会、京都国際会館で開催の日本薬…

研究助成金&海外留学補助金募集:公益財団法人アステラス病態代謝研究会

令和2年度はじまりました。とはいってもほとんどの大学講義開始は延期、講義もオンライン化が進み、いつも…

ウレエートを強塩基性官能基として利用したキラルブレンステッド塩基触媒の創製

第255回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院理学研究科 化学専攻・石川 奨さんにお願いしまし…

天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

ケムステ海外研究記の第 33 回はテキサス大学 Liu 研究室に留学されていた牛丸理一郎先生にお願い…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

PAGE TOP