[スポンサーリンク]


有機合成

  1. 有機フォトレドックス触媒による酸化還元電位を巧みに制御した[2+2]環化付加反応

    新年第一回、通算第291回のスポットライトリサーチは、田中健太 助教にお願いしました。有機合成化学の世界で目下大流行中の反応コンセプト・フォトレドックス触媒。さまざまな角度から改良・発展が現在も続いていますが、応用範囲を広げる取り組…

  2. クレブス回路代謝物と水素でエネルギー炭素資源を創出

    第290回のスポットライトリサーチは、名古屋大学物質科学国際研究センター・吉岡 頌太さんにお願いしま…

  3. 水素移動を制御する精密な分子設計によるNHC触媒の高活性化

    第289回のスポットライトリサーチは、静岡大学 大学院総合科学技術研究科 (鳴海研究室)・喜屋武 龍…

  4. ものづくりのコツ|第10回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

    理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

  5. Grignard反応剤が一人二役!? 〜有機硫黄化合物を用いるgem-ジフルオロアルケン類の新規合成法〜

    第284回のスポットライトリサーチは、名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所・前川侑輝 博士…

  6. フルオロシランを用いたカップリング反応~ケイ素材料のリサイクルに向けて~

  7. 連続アズレン含有グラフェンナノリボンの精密合成

  8. 第126回―「分子アセンブリによって複雑化合物へとアプローチする」Zachary Aron博士

  9. パーソナル有機合成装置 EasyMax 402 をデモしてみた

  10. 第46回「趣味が高じて化学者に」谷野圭持教授

  11. 第45回「天然物合成化学の新展開を目指して」大栗博毅教授

  12. 第120回―「医薬につながる複雑な天然物を全合成する」Richmond Sarpong教授

  13. 第一手はこれだ!:古典的反応から最新反応まで3 |第8回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

  14. 第115回―「分子機械と天然物の化学合成」Ross Kelly教授

  15. 巧みに設計されたホウ素化合物と可視光からアルキルラジカルを発生させる

  16. ボリル化剤を無駄なく使えるsp3C–H結合ボリル化

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 性フェロモン感じる遺伝子、ガで初発見…京大グループ
  2. マット・シェア Matthew D. Shair
  3. シャープレス不斉ジヒドロキシル化 Sharpless Asyemmtric Dihydroxylation (SharplessAD)
  4. ノンコーディングRNA 〜 RNA分子の全体像を俯瞰する〜
  5. カンプトテシン /camptothecin
  6. 人の鼻の細菌が抗菌作用がある化合物をつくっていたーMRSAに効果
  7. 消せるボールペンのひみつ ~30年の苦闘~

注目情報

最新記事

Ru触媒で異なるアルキン同士をantiで付加させる

Ru触媒を用いたアルキンのanti選択的ヒドロおよびクロロアルキニル化反応が開発された。本反応は共役…

化学系必見!博物館特集 野辺山天文台編~HC11Nってどんな分子?~

bergです。突然ですが今回から「化学系必見!博物館特集」と銘打って、私が実際に訪れたいちおしの博物…

有機合成化学協会誌2021年1月号:コロナウイルス・脱ニトロ型カップリング・炭素環・ヘテロ環合成法・環状γ-ケトエステル・サキシトキシン

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2021年1月号がオンライン公開されました。あ…

第137回―「リンや硫黄を含む化合物の不斉合成法を開発する」Stuart Warren教授

第137回の海外化学者インタビューはスチュアート・ウォーレン教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属し…

吉岡里帆さん演じる「化学大好きDIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」シリーズ、第2弾公開!

印刷インキや有機顔料世界トップシェアのDIC株式会社は、2021年1月より、数々のヒット作に出演し、…

PAGE TOP