[スポンサーリンク]


有機合成

  1. ロバート・フィップス Robert J. Phipps

    ロバート・フィップス(Robert J. Phipps、1983年7月3日–)は英国の有機化学者である。ケンブリッジ大学准教授。経歴2006 インペリアル・カレッジ・ロンドン 修了 (Prof. Alan C. Spivey)2…

  2. アレックス・ラドセヴィッチ Alexander Radosevich 

    アレクサンダー・・ラドセヴィッチ (Alexander T. Radosevich、1980年11月…

  3. 第169回―「両性分子を用いる有機合成法の開発」Andrei Yudin教授

    第169回の海外化学者インタビューは、アンドレイ・K・ユーディン教授です。トロント大学化学科に所属し…

  4. 大井貴史 Takashi Ooi

    大井貴史 (おおい たかし)は日本の有機化学者である。名古屋大学大学院工学研究科 教授。専門は有機合…

  5. 腎細胞がん治療の新薬ベルツチファン製造プロセスの開発

    2021年夏に米国 FDA はベルツチファン (belzutifan, WeliregTM) という…

  6. 光照射による有機酸/塩基の発生法:②光塩基発生剤について

  7. 光照射による有機酸/塩基の発生法:①光酸発生剤について

  8. こんなのアリ!?ギ酸でヒドロカルボキシル化

  9. シビれる(T T)アジリジン合成

  10. 狙いを定めて、炭素-フッ素結合の変換!~光触媒とスズの協働作用~

  11. 立体障害を超えろ!-「London分散力」の威力-

  12. 糖鎖を化学的に挿入して糖タンパク質を自在に精密合成

  13. 柴田科学 合成反応装置ケミストプラザ CP-400型をデモしてみた

  14. 第162回―「天然物の合成から作用機序の解明まで」Karl Gademann教授

  15. 第161回―「C-H官能基化と脱芳香族化を鍵反応とする天然物合成」Shu-Li You教授

  16. 第160回―「触媒的ウィッティヒ反応の開発」Christopher O’Brien博士

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 高電気伝導性を有する有機金属ポリイン単分子ワイヤーの開発
  2. 骨粗しょう症治療薬、乳がん予防効果も・米国立がん研究所
  3. Open Babel を使ってみよう~ケモインフォマティクス入門~
  4. 科学予算はイギリスでも「仕分け対象」
  5. 窒素 Nitrogen -アミノ酸、タンパク質、DNAの主要元素
  6. ナノってなんて素敵ナノ
  7. 重医薬品(重水素化医薬品、heavy drug)

注目情報

最新記事

【速報】HGS 分子構造模型「 立体化学 学生用セット」販売再開!

いまから約7年前の2015年10月。分子を愛する学生・研究者に悲報が届けられた。…

次世代型合金触媒の電解水素化メカニズムを解明!アルキンからアルケンへの選択的水素化法

第383回のスポットライトリサーチは、横浜国立大学大学院 理工学府 修士2年(研究当時)の野上 周嗣…

LG化学より発表されたプラスチックに関する研究成果

LG Chem develops advanced plastic materials …

経験の浅い医療系技術者でも希望にかなう転職を実現。 専門性の高い職種にこそ求められる「ビジョンマッチング」

「人財躍動化」をビジョンに掲げるAdecco Group Japanの人財紹介事業ブランドSprin…

創薬における中分子

ここ10年の間で、低分子・高分子の間の化合物の分類として 中分子 という言葉が台頭し…

PAGE TOP