[スポンサーリンク]


有機合成

  1. 第七回ケムステVシンポジウム「有機合成化学の若い力」を開催します!

    第5回のケムステVシンポもうすぐですね。そして、第6回からほとんど連続となりますが、第7回のケムステVシンポジウムの開催告知です!今回は昨年度末の日本薬学会第140年会で開催される予定だった「有機合成化学の若い力」シンポジウムをオン…

  2. 第41回「合成化学で糖鎖の未知を切り拓く」安藤弘宗教授

    さて、今回は第41回目の研究者インタビューです。今回も前回に引き続き第5回ケムステVシンポの講演者に…

  3. 焦宁 Ning Jiao

    焦宁 (Ning Jiao、1976年5月13日–)は中国の有機化学者である。中国北京大学教授。…

  4. 炭素-炭素結合を組み替えて多環式芳香族化合物を不斉合成する

    第264回のスポットライトリサーチは、高野 秀明 博士にお願いしました。多環式芳香族炭化水素…

  5. 千田憲孝 Noritaka Chida

    千田憲孝(ちだ のりたか)は、日本の化学者である(写真はこちらより引用)。慶應義塾大学理工学部教授。…

  6. ヌノ・マウリド Nuno Maulide

  7. 第80回―「グリーンな変換を実現する有機金属触媒」David Milstein教授

  8. ウレエートを強塩基性官能基として利用したキラルブレンステッド塩基触媒の創製

  9. もう別れよう:化合物を分離・精製する|第5回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

  10. 第65回―「タンパク質代替機能を発揮する小分子の合成」Marty Burke教授

  11. ヒドリド転位型C(sp3)-H結合官能基化を駆使する炭素中員環合成

  12. 第54回―「ナノカーボンを機能化する合成化学」Maurizio Prato教授

  13. スルホンアミドからスルホンアミドを合成する

  14. サラ・E・リースマン Sarah E. Reisman

  15. クゥイリン・ディン Kui-Ling Ding

  16. 光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応

スポンサー

ピックアップ記事

  1. Cleavage of Carbon-Carbon Single Bonds by Transition Metals
  2. 化学パズル・不斉窒素化合物
  3. LG化学がグローバルイノベーションコンテストを開催へ
  4. 最近の有機化学論文2
  5. MOFはイオンのふるい~リチウム-硫黄電池への応用事例~
  6. ESI-MSの開発者、John B. Fenn氏 逝去
  7. ミック因子 (Myc factor)

注目情報

最新記事

大学院生になっても宿題に追われるってどないなんだが?【アメリカでPh.D.を取る–コースワークの巻–】

アメリカでの PhD 課程の1年目には、多くの大学院の場合, 研究だけでなく、講義の受講やTAの義務…

島津製作所 創業記念資料館

島津製作所の創業から現在に至るまでの歴史を示す資料館で、数々の発明品が展示されている。第10回化学遺…

研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(後編)

前回の記事では、私がPhD留学を始めた際のテーマ決めの流れや、その後テーマ変更を考え始めてからの教授…

ジョン・ケンドリュー John C. Kendrew

ジョン・コウデリー・ケンドリュー(John Cowdery Kendrew、1917年3月24日-1…

食品添加物はなぜ嫌われるのか: 食品情報を「正しく」読み解くリテラシー

(さらに…)…

PAGE TOP