[スポンサーリンク]


硫黄

  1. ニンニクの主要成分を人工的につくる

    ニンニクの主要成分であるアホエンの新規全合成が達成された。酸化条件でオレフィンとスルホキシドを一挙に構築する手法により、簡便かつ短工程なアホエンの大量合成が可能となった。ニンニクの主要成分アホエンユリ科ネギ属の植物であるニンニクは香…

  2. 可視光によるC–Sクロスカップリング

    可視光により促進されるアリールチオールとアリールハライドのC–S結合形成クロスカップリングが開発され…

  3. 光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法

    2016年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・Eric J. Alexanianらは、青色光照射下…

  4. 硫黄 Sulfurーニンニク、タマネギから加硫剤まで

    ニンニク、タマネギといった食べ物の刺激が強いのは、硫黄化合物が含まれているからです。日本人が好きな温…

  5. MOFはイオンのふるい~リチウム-硫黄電池への応用事例~

    Tshozoです。そろそろ記事の収拾がつかなくなってきたのでもう少し何とかしようと思います。そんな中…

  6. DABSOを用いるSO2導入反応 SO2 incorporation using DABSO

  7. ニューマン・クワート転位 Newman-Kwart Rearrangement

  8. 硫黄配位子に安定化されたカルボンの合成

  9. ジュリア・コシエンスキー オレフィン合成 Julia-Kocienski Olefination

  10. 硫黄-フッ素交換反応 Sulfur(VI)-Fluoride Exchange (SuFEx)

  11. リーベスカインド・スローグル クロスカップリング Liebeskind-Srogl Cross Coupling

  12. マーティンスルフラン Martin’s Sulfurane

  13. アンデルセン キラルスルホキシド合成 Andersen Chiral Sulfoxide Synthesis

  14. 1,3-ジチアン 1,3-Dithiane

  15. スルホニル保護基 Sulfonyl Protective Group

  16. バートン・マクコンビー脱酸素化 Barton-McCombie Deoxygenation

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 信越化学、塩化ビニル樹脂を値上げ
  2. すごい分子 世界は六角形でできている
  3. 第71回―「化学のリーディングジャーナルを編集する」Stephen Davey博士
  4. Guide to Fluorine NMR for Organic Chemists
  5. 富山化学とエーザイ 抗リウマチ薬(DMARD)T-614を国内申請
  6. ダウ・ケミカル、液晶パネル用化学品をアジア生産へ
  7. 北原武 Takeshi Kitahara

注目情報

最新記事

MEDCHEM NEWSと提携しました

「くすり」に関係する研究者や技術者が約1万7専任が所属する日本薬学会。そ…

抗体を液滴に濃縮し細胞内へ高速輸送:液-液相分離を活用した抗体の新規細胞内輸送法の開発

第341回のスポットライトリサーチは、京都大学 薬学研究科(二木研究室)博士後期課程1年の岩田恭宗さ…

革新的なオンライン会場!「第53回若手ペプチド夏の勉強会」参加体験記

夏休みも去って新学期も始まり、研究者としては科研費申請に忙しい時期ですね。学会シーズン到来の足音も聞…

実験手袋をいろいろ試してみたーつかいすてから高級手袋までー

前回は番外編でしたが、試してみたシリーズ本編に戻ります。引き続き実験関係の消耗品…

第164回―「光・熱エネルギーを変換するスマート材料の開発」Panče Naumov教授

第164回の海外化学者インタビューは、パンチェ・ナウモフ教授です。大阪大学大学院工学研究科 生命先端…

PAGE TOP