[スポンサーリンク]


硫黄

  1. ニンニクの主要成分を人工的につくる

    ニンニクの主要成分であるアホエンの新規全合成が達成された。酸化条件でオレフィンとスルホキシドを一挙に構築する手法により、簡便かつ短工程なアホエンの大量合成が可能となった。ニンニクの主要成分アホエンユリ科ネギ属の植物であるニンニクは香…

  2. 可視光によるC–Sクロスカップリング

    可視光により促進されるアリールチオールとアリールハライドのC–S結合形成クロスカップリングが開発され…

  3. 光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法

    2016年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・Eric J. Alexanianらは、青色光照射下…

  4. 硫黄 Sulfurーニンニク、タマネギから加硫剤まで

    ニンニク、タマネギといった食べ物の刺激が強いのは、硫黄化合物が含まれているからです。日本人が好きな温…

  5. MOFはイオンのふるい~リチウム-硫黄電池への応用事例~

    Tshozoです。そろそろ記事の収拾がつかなくなってきたのでもう少し何とかしようと思います。そんな中…

  6. DABSOを用いるSO2導入反応 SO2 incorporation using DABSO

  7. ニューマン・クワート転位 Newman-Kwart Rearrangement

  8. 硫黄配位子に安定化されたカルボンの合成

  9. ジュリア・コシエンスキー オレフィン合成 Julia-Kocienski Olefination

  10. 硫黄-フッ素交換反応 Sulfur(VI)-Fluoride Exchange (SuFEx)

  11. リーベスカインド・スローグル クロスカップリング Liebeskind-Srogl Cross Coupling

  12. マーティンスルフラン Martin’s Sulfurane

  13. アンデルセン キラルスルホキシド合成 Andersen Chiral Sulfoxide Synthesis

  14. 1,3-ジチアン 1,3-Dithiane

  15. スルホニル保護基 Sulfonyl Protective Group

  16. バートン・マクコンビー脱酸素化 Barton-McCombie Deoxygenation

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 神谷 信夫 Nobuo Kamiya
  2. フロイド・ロムスバーグ Floyd E. Romesberg
  3. 分子モーター Molecular Motor
  4. クライゼン縮合 Claisen Condensation
  5. ネオ元素周期表
  6. トロスト酸化 Trost Oxidation
  7. Brevianamide Aの全合成:長年未解明の生合成経路の謎に終止符

注目情報

最新記事

転職を成功させる「人たらし」から学ぶ3つのポイント

転職活動を始めた場合、まずは自身が希望する職種、勤務地、年収などの条件を元にインターネットで求人を検…

mRNAワクチン(メッセンジャーRNAワクチン)

病原体のタンパクをコードしたmRNAをベースとしたワクチン。従来のワクチンは、弱毒化・不活化した病原…

第139回―「超高速レーザを用いる光化学機構の解明」Greg Scholes教授

第139回の海外化学者インタビューはグレッグ・ショールズ教授です。トロント大学化学科(訳注:現在はプ…

分子の対称性が高いってどういうこと ?【化学者だって数学するっつーの!: 対称操作】

群論を学んでいない人でも「ある分子の対称性が高い」と直感的に言うことはできるかと思います。しかし分子…

非古典的カルボカチオンを手懐ける

キラルなブレンステッド酸触媒による非古典的カルボカチオンのエナンチオ選択的反応が開発された。低分子触…

PAGE TOP