[スポンサーリンク]


硫黄

  1. ニンニクの主要成分を人工的につくる

    ニンニクの主要成分であるアホエンの新規全合成が達成された。酸化条件でオレフィンとスルホキシドを一挙に構築する手法により、簡便かつ短工程なアホエンの大量合成が可能となった。ニンニクの主要成分アホエンユリ科ネギ属の植物であるニンニクは香…

  2. 可視光によるC–Sクロスカップリング

    可視光により促進されるアリールチオールとアリールハライドのC–S結合形成クロスカップリングが開発され…

  3. 光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法

    2016年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・Eric J. Alexanianらは、青色光照射下…

  4. 硫黄 Sulfurーニンニク、タマネギから加硫剤まで

    ニンニク、タマネギといった食べ物の刺激が強いのは、硫黄化合物が含まれているからです。日本人が好きな温…

  5. MOFはイオンのふるい~リチウム-硫黄電池への応用事例~

    Tshozoです。そろそろ記事の収拾がつかなくなってきたのでもう少し何とかしようと思います。そんな中…

  6. DABSOを用いるSO2導入反応 SO2 incorporation using DABSO

  7. ニューマン・クワート転位 Newman-Kwart Rearrangement

  8. 硫黄配位子に安定化されたカルボンの合成

  9. ジュリア・コシエンスキー オレフィン合成 Julia-Kocienski Olefination

  10. 硫黄-フッ素交換反応 Sulfur(VI)-Fluoride Exchange (SuFEx)

  11. リーベスカインド・スローグル クロスカップリング Liebeskind-Srogl Cross Coupling

  12. マーティンスルフラン Martin’s Sulfurane

  13. アンデルセン キラルスルホキシド合成 Andersen Chiral Sulfoxide Synthesis

  14. 1,3-ジチアン 1,3-Dithiane

  15. スルホニル保護基 Sulfonyl Protective Group

  16. バートン・マクコンビー脱酸素化 Barton-McCombie Deoxygenation

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ペプチドの革新的合成
  2. 有機EL素子の開発と照明への応用
  3. 【書籍】機器分析ハンドブック3 固体・表面分析編
  4. ティシチェンコ反応 Tishchenko Reaction
  5. 元素周期表:文科省の無料配布用、思わぬ人気 10万枚増刷、100円で販売
  6. 第七回ケムステVシンポジウム「有機合成化学の若い力」を開催します!
  7. ピーター・シュルツ Peter G. Schultz

注目情報

最新記事

ロピニロールのメディシナルケミストリー -iPS創薬でALS治療に光明-

神経難病における iPS 細胞創薬に基づいた医師主導治験を完了 -筋萎縮性側索硬化症(A…

令和4年度(2022年度)リンダウ・ノーベル賞受賞者会議派遣事業募集開始のお知らせ

リンダウ・ノーベル賞受賞者会議への参加者を募集しています。本会議は、世界各地の若手研究者の育…

【ケムステSlackに訊いてみた⑤】再現性が取れなくなった!どうしてる?

日本初のオープン化学コミュニティ・ケムステSlackの質問チャンネルに流れてきたQ&Aの紹介…

但馬 敬介 Keisuke TAJIMA

但馬 敬介(TAJIMA Keisuke, 1974年7月23日 – )は、日本の高分子化学者である…

Carl Boschの人生 その10

Tshozoです。このシリーズも10回を迎えましたが筆者の人生は進んでいません。先日気づいた…

PAGE TOP