[スポンサーリンク]


硫黄

  1. ニンニクの主要成分を人工的につくる

    ニンニクの主要成分であるアホエンの新規全合成が達成された。酸化条件でオレフィンとスルホキシドを一挙に構築する手法により、簡便かつ短工程なアホエンの大量合成が可能となった。ニンニクの主要成分アホエンユリ科ネギ属の植物であるニンニクは香…

  2. 可視光によるC–Sクロスカップリング

    可視光により促進されるアリールチオールとアリールハライドのC–S結合形成クロスカップリングが開発され…

  3. 光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法

    2016年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・Eric J. Alexanianらは、青色光照射下…

  4. 硫黄 Sulfurーニンニク、タマネギから加硫剤まで

    ニンニク、タマネギといった食べ物の刺激が強いのは、硫黄化合物が含まれているからです。日本人が好きな温…

  5. MOFはイオンのふるい~リチウム-硫黄電池への応用事例~

    Tshozoです。そろそろ記事の収拾がつかなくなってきたのでもう少し何とかしようと思います。そんな中…

  6. DABSOを用いるSO2導入反応 SO2 incorporation using DABSO

  7. ニューマン・クワート転位 Newman-Kwart Rearrangement

  8. 硫黄配位子に安定化されたカルボンの合成

  9. ジュリア・コシエンスキー オレフィン合成 Julia-Kocienski Olefination

  10. 硫黄-フッ素交換反応 Sulfur(VI)-Fluoride Exchange (SuFEx)

  11. リーベスカインド・スローグル クロスカップリング Liebeskind-Srogl Cross Coupling

  12. マーティンスルフラン Martin’s Sulfurane

  13. アンデルセン キラルスルホキシド合成 Andersen Chiral Sulfoxide Synthesis

  14. 1,3-ジチアン 1,3-Dithiane

  15. スルホニル保護基 Sulfonyl Protective Group

  16. バートン・マクコンビー脱酸素化 Barton-McCombie Deoxygenation

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 有機溶媒系・濃厚分散系のための微粒子分散・凝集評価【終了】
  2. Reaxys Prize 2013ファイナリスト45名発表!
  3. 科学雑誌 Newton 2019年6月号は化学特集!
  4. エナゴ「学術英語アカデミー」と記事の利用許諾契約を結びました
  5. 文献検索サイトをもっと便利に:X-MOLをレビュー
  6. チャン転位(Chan Rearrangement)
  7. オーストラリア国境警備で大活躍の”あの”機器

注目情報

最新記事

女優・吉岡里帆さんが、化学大好きキャラ「DIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」に変身!

印刷インキや有機顔料世界トップシェアのDIC株式会社は、2020年1月より、数々のヒット作に出演し、…

tRNAの新たな役割:大豆と微生物のコミュニケーション

畑に生えている大豆の根っこを抜いてみると、丸い粒みたいなものがたくさんできています。根粒(こんりゅう…

第46回―「分子レベルの情報操作を目指す」Howard Colquhoun教授

第46回の海外化学者インタビューは、ハワード・コルクホーン教授です。英国レディング大学の化学科に所属…

長期海外出張のお役立ちアイテム

ぼちぼち中堅と呼ばれる年齢にさしかかってきたcosineです。そんなお年頃のせいでしょうか、…

使っては・合成してはイケナイ化合物 |第3回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

PAGE TOP