[スポンサーリンク]


硫黄

  1. ニンニクの主要成分を人工的につくる

    ニンニクの主要成分であるアホエンの新規全合成が達成された。酸化条件でオレフィンとスルホキシドを一挙に構築する手法により、簡便かつ短工程なアホエンの大量合成が可能となった。ニンニクの主要成分アホエンユリ科ネギ属の植物であるニンニクは香…

  2. 可視光によるC–Sクロスカップリング

    可視光により促進されるアリールチオールとアリールハライドのC–S結合形成クロスカップリングが開発され…

  3. 光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法

    2016年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・Eric J. Alexanianらは、青色光照射下…

  4. 硫黄 Sulfurーニンニク、タマネギから加硫剤まで

    ニンニク、タマネギといった食べ物の刺激が強いのは、硫黄化合物が含まれているからです。日本人が好きな温…

  5. MOFはイオンのふるい~リチウム-硫黄電池への応用事例~

    Tshozoです。そろそろ記事の収拾がつかなくなってきたのでもう少し何とかしようと思います。そんな中…

  6. DABSOを用いるSO2導入反応 SO2 incorporation using DABSO

  7. ニューマン・クワート転位 Newman-Kwart Rearrangement

  8. 硫黄配位子に安定化されたカルボンの合成

  9. ジュリア・コシエンスキー オレフィン合成 Julia-Kocienski Olefination

  10. 硫黄-フッ素交換反応 Sulfur(VI)-Fluoride Exchange (SuFEx)

  11. リーベスカインド・スローグル クロスカップリング Liebeskind-Srogl Cross Coupling

  12. マーティンスルフラン Martin’s Sulfurane

  13. アンデルセン キラルスルホキシド合成 Andersen Chiral Sulfoxide Synthesis

  14. 1,3-ジチアン 1,3-Dithiane

  15. スルホニル保護基 Sulfonyl Protective Group

  16. バートン・マクコンビー脱酸素化 Barton-McCombie Deoxygenation

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 2009年ノーベル化学賞は誰の手に?
  2. トシルヒドラゾンとボロン酸の還元的カップリング反応とその応用展開
  3. 三菱化学の合弁計画、中国政府が認可・330億円投資へ
  4. 化学者のためのエレクトロニクス入門② ~電子回路の製造工程編~
  5. 日本化学会 平成17年度各賞受賞者決まる
  6. 多核テルビウムクラスターにおけるエネルギー移動機構の解明
  7. シュレンクフラスコ(Schlenk flask)

注目情報

最新記事

化学者のためのエレクトロニクス講座~有機半導体編

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

第120回―「医薬につながる複雑な天然物を全合成する」Richmond Sarpong教授

第120回の海外化学者インタビューは、リッチモンド・サーポン教授です。カリフォルニア大学バークレー校…

DNAナノ構造体が誘起・制御する液-液相分離

第274回のスポットライトリサーチは、佐藤佑介 博士にお願いしました。液-液相分離は近年の一…

常圧核還元(水添)触媒 Rh-Pt/(DMPSi-Al2O3)

一般的な特長Rh-Pt/(DMPSi-Al2O3)は、優れた活性を示す水素還元(水添)触媒です。…

世界最高の耐久性を示すプロパン脱水素触媒

第273回のスポットライトリサーチは、北海道大学触媒科学研究所・中谷勇希さんにお願いしました。…

PAGE TOP