化学者のつぶやき製品情報

  1. 生きた細胞内でケイ素と炭素がはじめて結合!

    生物は豊富にあるケイ素を利用しない。このたび、ケイ素と化学結合を形成して体内の生化学経路に取り込むことのできる酵素が見いだされた。タイトルはシュプリンガー・ネイチャーの出版している日本語の科学まとめ雑誌である「Natureダイジェス…

  2. 高速エバポレーションシステムを使ってみた:バイオタージ「V-10 Touch」

    タイトルから何だそれ?と思った方々。正しいです。高速のエバポ?どういうこと?と思うことでしょう。…

  3. 免疫/アレルギーーChemical Times特集より

    アレルギーといえば、外敵から身を守るためにつくられた抗体が、それらをやっつける免疫反応を過剰に起こし…

  4. ビュッヒ・フラッシュクロマト用カートリッジもれなくプレゼント!

    ここ数年で一挙に広まったフラッシュ自動精製装置。昔は、山善、ちょっと前まではバイオタージしかなかった…

  5. 天才児の見つけ方・育て方

    並外れて優秀な子どもたち5000 人を45 年にわたり追跡してきた米国のSMPY による調査から、そ…

  6. 無限の可能性を秘めたポリマー

  7. NMR が、2016年度グッドデザイン賞を受賞

  8. 金属スカベンジャーを試してみた

  9. 「温故知新」で医薬品開発

  10. 分子模型を比べてみた

  11. 情報の最小単位がついに原子?超次世代型メモリー誕生!

  12. ヒト胚研究、ついに未知領域へ

  13. 再生医療ーChemical Times特集より

  14. 脈動がほとんどない小型精密ポンプ:スムーズフローポンプQシリーズ

  15. たるんだ肌を若返らせる薄膜

  16. ナノスケールの虹が世界を変える

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 中性ケイ素触媒でヒドロシリル化
  2. 4-メルカプト安息香酸:4-Mercaptobenzoic Acid
  3. 生体深部イメージングに有効な近赤外発光分子の開発
  4. 平田 義正 Yoshimasa Hirata
  5. 国連番号(UN番号)
  6. コーンブルム酸化 Kornblum Oxidation
  7. ビュッヒ・フラッシュクロマト用カートリッジもれなくプレゼント!

注目情報

最新記事

国連番号(UN番号)

危険な化学品を飛行機や船を使って輸送することは、現代では日常的に行われていることである。安全に化学品…

生きた細胞内でケイ素と炭素がはじめて結合!

生物は豊富にあるケイ素を利用しない。このたび、ケイ素と化学結合を形成して体内の生化学経路に取り込むこ…

H-1B ビザの取得が難しくなる!?

先日、米国の博士研究員の最低賃金変更についてお伝えしました。トランプ政権では、専門職に就くために…

高速エバポレーションシステムを使ってみた:バイオタージ「V-10 Touch」

タイトルから何だそれ?と思った方々。正しいです。高速のエバポ?どういうこと?と思うことでしょう。…

最も安価なエネルギー源は太陽光発電に

A transformation is happening in global energy mar…

PAGE TOP