[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

歴史の長いマイクロウェーブ合成装置「Biotage® Initiator+」

[スポンサーリンク]

 

バイオタージと言えば、フラッシュ精製装置というイメージが強いですよね。今日は、フラッシュ精製装置と同じく歴史の長いマイクロウェーブ合成装置Biotage® Initiator+(以下、Initiator+)を紹介したいと思います。

 

Initiator+はとにかく頑丈!コントロールも抜群!特長10選

Initiator+は世界中の化学者に利用されており、オートサンプラーやペプチド合成用オプションなど、より多くのニーズに対応できるように進化したマイクロウェーブ合成装置です。近年、他社からも様々な機能を備えたマイクロウェーブ合成装置が販売されておりますが、ここで改めてInitiator+が他の製品と比較して突出している特長を紹介します。

 

  1. シンプルな操作: ユーザーフレンドリーなインターフェースを提供し、短期間で習得できます。
  2. 高い再現性: 同じ条件下で連続した実験を行っても、結果は一貫しています。
  3. 優れた温度コントロール精度: 精密な温度制御により、反応条件を最適に保つことができます。
  4. 圧力コントロール可能: 他社製品が計測のみであるのに対し、Initiator+は圧力を実際に制御できます。
  5. メンテナンスの容易さ: 反応部分が側面に位置しており、特にバイアルが破裂した後のメンテナンスが容易です。
  6. 信頼性: 幅広いユーザーベースと、その信頼性により、Initiator+は業界の信頼を得ています。
  7. コスパがいい: 高品質でありながら、価格はリーズナブルでコストパフォーマンスに優れています。
  8. スムーズなオートサンプラー: オートサンプラーの動作はスムーズで、効率的なサンプル処理を実現します。
  9. 長時間合成が可能: 長期間にわたる合成実験もサポートします。
  10. タフな構造: 個体差はありますが、Initiator+は比較的タフであり、長期間にわたり信頼できるパフォーマンスを提供します。

このように、Initiator+はシンプルな操作と高い再現性を実現し、研究の効率と品質を向上させます。これまでオイルバスで合成をされていて、難しい反応や合成の効率化をしたいという最初の装置にピッタリです。

独自の圧力コントロールと優れた温度制御精度により、Initiator+は反応条件の精密な制御を可能にし、有機合成実験の再現性と効率を向上させます。研究の効率と品質が飛躍的に向上し、さらなる発見の道を開くことができます。

また、以前ご紹介したBiotageのSelektフラッシュクロマトグラフィーシステムと同様に、Initiator+もまたBiotageの製品ポートフォリオの一部として、研究者の皆様の要求に応える多くのソリューションを提供しています。

マイクロウェーブ反応のチュートリアルのホワイトペーパーも公開していますので、あわせてご覧いただけますと幸いです。

【ホワイトペーパー】マイクロウェーブ反応のチュートリアル

ケムステPR

投稿者の記事一覧

ケムステのPRアカウントです。募集記事や記事体広告関連の記事を投稿します。

関連記事

  1. 【マイクロ波化学(株)医薬分野向けウェビナー】 #ペプチド #核…
  2. 産官学の深耕ー社会への発信+若い力への後押しー第1回CSJ化学フ…
  3. Happy Friday?
  4. Zachary Hudson教授の講演を聴講してみた
  5. アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(2)
  6. 化学者のためのエレクトロニクス入門④ ~プリント基板業界で活躍す…
  7. “腕に覚えあり”の若手諸君、「大津会議」…
  8. 化学と工業

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ペプチドの特定部位を狙って変換する -N-クロロアミドを経由するペプチドの位置選択的C–H塩素化-
  2. アコニチン (aconitine)
  3. 反応探索にDNAナノテクノロジーが挑む
  4. このホウ素、まるで窒素ー酸を塩基に変えるー
  5. マッテソン増炭反応 Matteson Homologation
  6. リサーチ・アドミニストレーター (URA) という職業を知っていますか?
  7. 辻・ウィルキンソン 脱カルボニル化反応 Tsuji-Wilkinson Decarbonylation
  8. 2016年2月の注目化学書籍
  9. 秋の褒章2014ー化学分野からは準結晶研究の蔡安邦教授に
  10. スイス・ロシュの1―6月期、純利益4%増

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2023年11月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

注目情報

最新記事

材料開発における生成AIの活用方法

開催日:2024/06/26 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

Ming Yang教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年6月19日(水)に東京工業大学 大岡山キャンパス(理学部)にて開催さ…

【6/26・27開催ウェビナー】バイオ分野の分析評価・試験~粒子径測定と吸入製剤試験の新技術~(三洋貿易株式会社)

1.ウェビナー概要2024年6月26日・27日の2日間で開催される三洋貿易ウェビ…

なんとオープンアクセス!Modern Natural Product Synthesis

(注)↑上記アマゾンでは売っていますが、実はオープンアクセスで、PDFならば完全無料ですので…

ノーベル化学賞受賞者に会いに行こう!「リンダウ・ノーベル賞受賞者会議」参加者募集中!

ドイツの保養地リンダウで毎年1週間程度の日程で開催される、リンダウ・ノーベル賞受賞者会議(Linda…

ゴードン会議に参加しました【アメリカで Ph.D. を取る: 国際学会の巻】

Gordon Research Conference (GRC, ゴードン研究会議) は、科学の様々…

ノーベル賞受賞者と語り合おう!「第16回HOPEミーティング」参加者募集!

今年もHOPEミーティング の参加者募集の時期がやって来ました。HOPEミーティングは、アジア・…

有機合成化学協会誌2024年6月号:四塩化チタン・選択的フッ素化・環境調和型反応・インデン・インダセン・環状ペプチド

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年6月号がオンライン公開されています。…

【6月開催】 【第二期 マツモトファインケミカル技術セミナー開催】 題目:有機金属化合物 オルガチックスを用いた架橋剤としての利用(溶剤系)

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

マテリアルズ・インフォマティクスの推進成功事例 -なぜあの企業は最短でMI推進を成功させたのか?-

開催日:2024/06/18 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP