有機化学

  1. 高選択的なアルカンC–H酸化触媒の開発

    第83回目のスポットライトリサーチは、小寺政人先生と人見 譲先生が主宰する同志社大学分子生命化学研究室の、辻 朋和さんと櫻井克俊さんにお願いしました。こちらの研究室は、生体内で起きる化学反応に分子レベルで着目し、金属タンパク質の機能…

  2. 有機反応を俯瞰する ーエノラートの発生と反応

    今回は、アルドール反応を起点としてかなり広範囲に反応を俯瞰します。具体的には、アルドール反応から、ベ…

  3. 「アニオン–π触媒の開発」–ジュネーブ大学・Matile研より

    「ケムステ海外研究記」は節目となる第10回目を迎えました!記念すべき本寄稿は、第6回目の志村さんから…

  4. 最近の有機化学論文2

    前回に引き続き、注目の有機化学に関する論文を紹介いたします。【有機反応】δ位選択的なsp3C–H…

  5. 最近の有機化学注目論文1

    久々の投稿になります。これまで不定期で、有機化学に関する論文を1つ1つ紹介してきましたが、もう少し多…

  6. 有機反応を俯瞰する ー挿入的 [1,2] 転位

  7. 「シカゴとオースティンの6年間」 山本研/Krische研より

  8. Heterocyclic Chemistry

  9. 高難度分子変換、光学活性α-アミノカルボニル化合物の直接合成法

  10. 酸で活性化された超原子価ヨウ素

  11. アルミニウムで水素分子を活性化する

  12. 幾何学の定理を活用したものづくり

  13. 触媒でヒドロチオ化反応の位置選択性を制御する

  14. 【速報】2016年ノーベル化学賞は「分子マシンの設計と合成」に!

  15. 有機アジド(1):歴史と基本的な性質

  16. 林 雄二郎 Yujiro Hayashi

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 2005年8月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  2. トリメトキシフェニルシラン:Trimethoxyphenylsilane
  3. 生物発光のスイッチ制御でイメージング
  4. カプサイシンβ-D-グルコピラノシド : Capsaicin beta-D-Glucopyranoside
  5. 「サイエンスアワードエレクトロケミストリー賞」が気になったので調べてみた
  6. 化学のうた
  7. 平尾一郎 Ichiro Hirao

注目情報

最新記事

高選択的なアルカンC–H酸化触媒の開発

第83回目のスポットライトリサーチは、小寺政人先生と人見 譲先生が主宰する同志社大学分子生命化学研究…

有名研究者の論文であったとしても

今回取り上げる論文は、以前ケムステで紹介した研究「なんと!アルカリ金属触媒で進む直接シリル化反応」の…

有機反応を俯瞰する ーエノラートの発生と反応

今回は、アルドール反応を起点としてかなり広範囲に反応を俯瞰します。具体的には、アルドール反応から、ベ…

名古屋市科学館で化学してみた

寒い毎日が続いていますね。仕事に恋愛に忙しい(ようでありたい)この季節、化学徒の皆様はいかがお過ごし…

START your chemi-storyー日産化学工業会社説明会

いまや学生の皆さんは就職活動真っ盛りの時期ではないでしょうか。博士課程や奨学生制度に申し込んだ方は既…

PAGE TOP