有機化学

  1. 岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

    岩澤 伸治 (いわさわ のぶはる、19xx年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大学 教授。(写真:Tokyo Tech News)経歴1984 東京大学 博士号取得(向山光昭 教授)1984-1991 東京大学 助…

  2. 二段励起型可視光レドックス触媒を用いる還元反応

    2014年、レーゲンスブルク大学・Burkhard Königらは、二段階励起によって強力な反応駆動…

  3. 有機反応を俯瞰する ーリンの化学 その 1 (Wittig 型シン脱離)ー

    有機化合物中に主に現れる元素は C, H, N, O あるいは S 原子などですが、有機反応の中には…

  4. ブルクハルト・ケーニッヒ Burkhard König

    ブルクハルト・ケーニッヒ (Burkhard König、1963年x月x日(Wiesbaden生)…

  5. 黎书华 Shuhua Li

     黎书华(Shuhua Li 、1969年x月x日(Hunan生)-)は、中国の物理化学者である。南…

  6. 三中心四電子結合とは?

  7. エリック・フェレイラ Eric M. Ferreira

  8. アンドレイ・ユーディン Andrei K. Yudin

  9. Late-Stage C(sp3)-H活性化法でステープルペプチドを作る

  10. 銅触媒と可視光が促進させる不斉四置換炭素構築型C-Nカップリング反応

  11. フェルナンド・アルベリシオ Fernando Albericio

  12. 合成後期多様化法 Late-Stage Diversification

  13. マダンガミンの網羅的全合成

  14. 第5回慶應有機化学若手シンポジウム

  15. 光触媒が可能にする新規C-H/N-Hカップリング

  16. 室温でアルカンから水素を放出させる紫外光ハイブリッド触媒系

スポンサー

ピックアップ記事

  1. イベルメクチン /Ivermectin
  2. The Art of Problem Solving in Organic Chemistry
  3. エタール反応 Etard Reaction
  4. フライデーハーバー研究所
  5. マーティン・バーク Martin D. Burke
  6. 植物生合成の謎を解明!?Heteroyohimbine の立体制御
  7. 東亜合成と三井化学、高分子凝集剤の事業統合へ

注目情報

最新記事

高機能な導電性ポリマーの精密合成法の開発

そろそろ100回目が近づいてきました。第97回のスポットライトリサーチ。今回は首都大学東京 理工学研…

ストックホルム国際青年科学セミナー参加学生を募集開始 ノーベル賞のイベントに参加できます!

一週間スウェーデンに滞在し、ノーベル賞受賞者と直接交流するなどの貴重な機会が与えられるセミナーSto…

「電子の動きを観る」ーマックスプランク研究所・ミュンヘン大学・Krausz研より

「ケムステ海外研究記」の第13回目は、第6回目の志村さんのご紹介で、マックス・プランク量子光学研究所…

岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

岩澤 伸治 (いわさわ のぶはる、19xx年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大学 教…

NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」

ワシントン大学・Champak Chatterjeeらは、独自開発した固相担持ユニット「MEGAリン…

PAGE TOP