[スポンサーリンク]


2005年 10月

  1. R・スモーリー氏死去 米国のノーベル賞化学者

    米ライス大によると、同国のノーベル賞受賞化学者、リチャード・スモーリー氏が28日、がんのためテキサス州ヒューストンの病院で死去した。62歳。1943年米オハイオ州生まれ。ミシガン大卒業後、プリンストン大などを経て、ライス大教授。…

  2. 富山化学 「YP-18 」の開発を開始

    大鵬薬品と富山化学<4518>は、大鵬薬品が開発したβラクタマーゼ阻害剤「タゾバクタム」…

  3. 茅幸二、鈴木昭憲、田中郁三ら文化功労者に

    ?政府は28日、2005年度の文化勲章受章者5人と文化功労者15人を発表した。 (引用:読売新聞)(…

  4. 半導体で水から水素 クリーンエネルギーに利用

    青色発光ダイオードに使われる窒化物半導体を水の中に入れ、光を当てて水から水素を発生させること…

  5. 米デュポンの7-9月期、ハリケーン被害などで最終赤字

    米化学大手デュポンが25日発表した7―9月期決算は、最終損益が8200万ドルの赤字だった。前年同期は…

  6. 京のX線分析装置、国際標準に  島津製・堀場、EU環境規制で好調

  7. 「抗菌」せっけん、効果は「普通」…米FDA

  8. 米ファイザーの第3・四半期決算は52%減益

  9. アムロジンのデータ資料返還でファイザーが住友化学に仮処分命令申立

  10. スイス医薬大手のロシュ、「タミフル」の生産能力を増強へ

  11. MUKAIYAMA AWARD講演会

  12. 第15回光学活性シンポジウム

  13. ダニを食べ毒蓄積 観賞人気のヤドクガエル

  14. アステラス製薬、抗うつ剤の社会不安障害での効能・効果取得

  15. サンケイ化学、フェロモン剤を自社生産

  16. ドイツのマックス・プランク研究所をご存じですか

スポンサー

ピックアップ記事

  1. アニオンUV硬化に有用な光塩基発生剤(PBG)
  2. 「炭素ナノリング」の大量合成と有機デバイス素子の作製に成功!
  3. ミツバチの活動を抑えるスプレー 高知大発の企業が開発
  4. 元素紀行
  5. シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?
  6. 学会会場でiPadを活用する①~手書きの講演ノートを取ろう!~
  7. 新たな青色発光素子 京大化学研教授ら発見

注目情報

最新記事

【速報】HGS 分子構造模型「 立体化学 学生用セット」販売再開!

いまから約7年前の2015年10月。分子を愛する学生・研究者に悲報が届けられた。…

次世代型合金触媒の電解水素化メカニズムを解明!アルキンからアルケンへの選択的水素化法

第383回のスポットライトリサーチは、横浜国立大学大学院 理工学府 修士2年(研究当時)の野上 周嗣…

LG化学より発表されたプラスチックに関する研究成果

LG Chem develops advanced plastic materials …

経験の浅い医療系技術者でも希望にかなう転職を実現。 専門性の高い職種にこそ求められる「ビジョンマッチング」

「人財躍動化」をビジョンに掲げるAdecco Group Japanの人財紹介事業ブランドSprin…

創薬における中分子

ここ10年の間で、低分子・高分子の間の化合物の分類として 中分子 という言葉が台頭し…

PAGE TOP