[スポンサーリンク]

ケムステニュース

アステラス製薬、抗うつ剤の社会不安障害での効能・効果取得

[スポンサーリンク]

マレイン酸フルボキサミン?アステラス製薬は12日、抗うつ剤「ルボックス錠」(一般名マレイン酸フルボキサミン)が社会不安障害での効能・効果を取得したと発表した。中枢神経領域の中核製品として拡販する。

 社会不安障害は人と会うなど他人の注目を浴びるかもしれない状況に過剰な不安を覚え、日常生活に支障をきたす疾病。同剤は社会不安障害を適応とする国内初の治療薬となる。(引用:日本経済新聞)

 

 ルボックス(マレイン酸フルボキサミン FLUVOXAMINE MALEATE)は抗うつ剤です。名前は構造は見てのとおり、トリフルオロメチルベンゼンとオキシム、アミンを有しています。

 神経伝達物質の1つ、セロトニンの量を調節する作用を持っています。(SSRI:selective serotonin reuptake inhibitor ?

関連リンク

デプロメール/ルボックス/SSRI/マレイン酸フルボキサミン

ルボックス服用体験記 Ⅱ

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 産総研、バイオから環境まで応用可能な新しい質量分析技術の開発に成…
  2. 砂糖から透明樹脂、大阪府立大などが開発に成功
  3. 死海付近で臭素が漏洩
  4. カフェインの覚醒効果を分子レベルで立証
  5. 人の鼻の細菌が抗菌作用がある化合物をつくっていたーMRSAに効果…
  6. 武田や第一三共など大手医薬、特許切れ主力薬を「延命」
  7. 「日本化学連合」が発足、化学系学協会18団体加盟
  8. 「サガミオリジナル001」、今月から販売再開 相模ゴム

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 浜地 格 Itaru Hamachi
  2. ウォール・チーグラー臭素化 Wohl-Ziegler Bromination
  3. ブロモジメチルスルホニウムブロミド:Bromodimethylsulfonium Bromide
  4. 連鎖と逐次重合が同時に起こる?
  5. フレーザー・ストッダート James Fraser Stoddart
  6. 【予告】ケムステ新コンテンツ『CSスポットライトリサーチ』
  7. 窒素を挿入してペリレンビスイミドを曲げる〜曲面π共役分子の新設計指針の確立を目指して〜
  8. バイエルスドルフという会社 ~NIVEA、8×4の生みの親~
  9. 名古屋メダル―受賞者一覧
  10. 酢酸フェニル水銀 (phenylmercuric acetate)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

「もはや有機ではない有機材料化学:フルオロカーボンに可溶な材料の創製」– MIT・Swager研より

ケムステ海外研究記の第36回はマサチューセッツ工科大学(MIT)化学科のPhD課程に在籍されている吉…

八木 政行 Masayuki Yagi

八木 政行(やぎ まさゆき、Yagi Masayuki、1968年 -)は、日本の化学者である (写…

有機化学を俯瞰する –古代ギリシャ哲学から分子説の誕生まで–【前編】

本連載では、生命体を特別視する "生気説" が覆されたことにより、有機合成化学の幕が開いたことについ…

第92回―「金属錯体を結合形成触媒へ応用する」Rory Waterman教授

第92回の海外化学者インタビューは、ロリー・ウォーターマン教授です。バーモント大学化学科に在籍し、有…

第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」を開催します!

コロナウイルスの自粛も全国で解かれ、日本国内はだいぶ復帰に近づいてました(希望的観測)。しかし今年度…

ボロン酸エステルをモノ・ジフルオロメチル基に変える

ボロン酸エステルを原料としたモノ、ジフルオロメチル化反応が開発された。立体特異的に進行する本反応では…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP