[スポンサーリンク]

ケムステニュース

アステラス製薬、抗うつ剤の社会不安障害での効能・効果取得

[スポンサーリンク]

マレイン酸フルボキサミン?アステラス製薬は12日、抗うつ剤「ルボックス錠」(一般名マレイン酸フルボキサミン)が社会不安障害での効能・効果を取得したと発表した。中枢神経領域の中核製品として拡販する。

 社会不安障害は人と会うなど他人の注目を浴びるかもしれない状況に過剰な不安を覚え、日常生活に支障をきたす疾病。同剤は社会不安障害を適応とする国内初の治療薬となる。(引用:日本経済新聞)

 

 ルボックス(マレイン酸フルボキサミン FLUVOXAMINE MALEATE)は抗うつ剤です。名前は構造は見てのとおり、トリフルオロメチルベンゼンとオキシム、アミンを有しています。

 神経伝達物質の1つ、セロトニンの量を調節する作用を持っています。(SSRI:selective serotonin reuptake inhibitor ?

関連リンク

デプロメール/ルボックス/SSRI/マレイン酸フルボキサミン

ルボックス服用体験記 Ⅱ

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ドイツのマックス・プランク研究所をご存じですか
  2. 薬価4月引き下げ 製薬各社は「アジア」「非医薬」に活路
  3. 呉羽化学、社名を「クレハ」に
  4. のむ発毛薬の輸入承認 国内初、年内にも発売へ
  5. シイタケ由来成分に抗アレルギー効果を確認
  6. 超薄型、曲げられるMPU開発 セイコーエプソン
  7. タルセバ、すい臓がんではリスクが利点を上回る可能性 =FDA
  8. 製薬各社 2010年度 第2四半期決算を発表

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 有機ホウ素化合物を用いたSNi型立体特異的β-ラムノシル化反応の開発
  2. 環化異性化反応 Cycloisomerization
  3. 「田中さん惜しかった」--分解酵素「プロテアソーム」を精製
  4. リベロマイシンA /Reveromycin A
  5. 人工軟骨への応用を目指した「ダブルネットワークゲル」
  6. カテラニ反応 Catellani Reaction
  7. とある水銀化合物のはなし チメロサールとは
  8. プラテンシマイシン /platensimycin
  9. 機能性ナノマテリアル シクロデキストリンの科学ーChemical Times特集より
  10. 光触媒を用いたC末端選択的な脱炭酸型bioconjugation

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2005年10月
« 9月   11月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目情報

注目情報

最新記事

実験手袋をいろいろ試してみたーつかいすてから高級手袋までー

前回は番外編でしたが、試してみたシリーズ本編に戻ります。引き続き実験関係の消耗品…

第164回―「光・熱エネルギーを変換するスマート材料の開発」Panče Naumov教授

第164回の海外化学者インタビューは、パンチェ・ナウモフ教授です。大阪大学大学院工学研究科 生命先端…

SNS予想で盛り上がれ!2021年ノーベル化学賞は誰の手に?

今年もノーベル賞シーズンの到来です!化学賞は日本時間 10月6日(水) 18時45分に発表です。昨年…

カーボンナノチューブ薄膜のSEM画像を生成し、物性を予測するAIが開発される

先端素材高速開発技術研究組合(ADMAT)、日本ゼオンは産業技術総合研究所(AIST)と共同で、NE…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2021年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある、存命化学者」をリストアップし…

ライトケミカル工業2023卒採用情報

当社の技術グループは、20代~30代の若手社員が重要な主要案件を担当しています。広範囲で高レベルな化…

アブラナ科植物の自家不和合性をタンパク質複合体の観点から解明:天然でも希少なSP11タンパク質の立体構造予測を踏まえて

第340回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院農学生命科学研究科の森脇 由隆…

オンライン講演会に参加してみた~学部生の挑戦記録~

hodaです。講演会やシンポジウムのオンライン化によって学部生でもいろいろな講演会にボタンひとつで参…

令和3年度に登録された未来技術遺産が発表 ~フィッシャー・トロプシュ法や記憶媒体に関する資料が登録~

国立科学博物館は、平成20年度から重要科学技術史資料(愛称:未来技術遺産)の登録を実施しています。令…

企業研究者のためのMI入門②:Pythonを学ぶ上でのポイントとおすすめの参考書ご紹介

現在、多くの企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)による生産性向上を試みています。特に化学メ…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP