[スポンサーリンク]

一般的な話題

アメリカで Ph. D. を取る –希望研究室にメールを送るの巻– (実践編)

[スポンサーリンク]

本連載は米国で学位を Ph.D することを目標に邁進している学生が、日記感覚で近況や心境を記録するためのものです。前回、希望する研究室の教授にメールを送ってコンタクトを取る際の準備や、実際に送ったメールのテンプレートについて紹介しました。今回は、幸運にも返信をいただけたときの建設的な返信方法についてお話しします。

いざ、ファーストコンタクト

実際に送ります。初めの頃は英語のメールに慣れていなかったので、1 通ずつ送りました。時差を考慮して、相手側がメールを受け取る時間が朝か昼になるように、日本の深夜か早朝に送りました。この思いやりに意味があったかはわかりませんが、うまいタイミングで送ると、最短であれば15分くらい返信が来ました。どうせ簡単には返信こないだろうと思ってメールを投げた後にすぐ寝ようとしたら、返事が来てしまい、寝れなくなります。実際、最初のうちは、返信が来たことの嬉しさよりも、むしろ戸惑いや驚きの感情が先に来ます (実際どう返信したかは、後ほど)。なので、第 3 志望くらいから順に送り、徐々に志望度の高い先生へ送るようにしました。段々英語のメールに慣れてきたので、このやり方は正解でした。

ちなみに、返信がくる場合は、大抵 24 時間以内に来ると思います。一度だけ、メールを送った 2 日後に返信が来ましたが、基本的に1日で返信が来なければ 1 週間待っても来ないという認識でいいと思います。返信がこない場合は催促のメールを送ります。

返信が来たら?

実は困ってしまうのは、どう返すかです。最初のメールはテンプレートに沿って書けば、なんとかなります。個人的にはその後どんな対応を取るかの方が大事な気がしています。この場面では化学知識はもちろんですが、マメな性格とコミュニケーション能力も問われます。というわけで、コンタクトをする際のイメージトレーニングになるよう、実際にどんな返信が返って来たかを何パターンかに分けて紹介します。

ぜひ応募しなさい・歓迎パターン

一瞬テンションが上がる返信です。具体的には You look to have strong background. とか I strongly recommend to apply 〇〇 university. とかそんな感じです。この返信がくれば素直に嬉しいのですが、リップサービスである可能性も否めません。実際、返信の口調は、送り主の性格によるものなので、ぬか喜びはしないように心がけました。ここから志願者の選別は始まっているものだと考えて、自分がいかに意欲と能力を持っているかを示していきます。というわけで、そのアピール方法について紹介します。

まずは現在の研究事情を知る

まず、この種の返信では、ファーストコンタクトを取るときの「どんなプロジェクトがありますか?」という質問に対して、丁寧に答えてくださります。大体は研究室のホームページに書かれている通りですが、今一番ホットなのはこれで、国際的にやってるのはこれで、最近始めたのがこれで、というように内部事情を教えてくださる場合があります。ときどき、研究室のホームページにはまだ載ってないんだけど、こういったテーマのものがもうすぐパブリッシュされるんだよね、と教えてくださる場合もありました。

研究アイデアを提案する

そこで、送られて来た情報を元に、「〇〇のプロジェクトに興味があります。こういった研究をすることは可能ですか。」などと返しました。つまり、自分で研究課題を見つけ出す能力があることを見せつけてやります。といっても、私の場合はこれができたのは第一志望の研究室の一例だけ。具体的な研究計画が見当たらなければ、素直に「その研究を行うにあたって、読んでおくべき論文はありますか」と返して、勉強熱心なことをアピールしました。もちろんアピールするだけでなくて、きちんと勉強します。

学生と連絡を取る

特に聞くこともなければ、「学生と連絡取ってもいいですか」と返しました。逆に、こいつから話を聞いといてくれ、という感じで 最初のメールに対する返信をいただくときに、cc に学生のアドレスが含まれていることもあります。

学生からは、ぶっちゃけた話を聞き出しました。PI の指導スタイル、学生の仲のよさ、学校生活などなど。例えば PI の指導スタイルについては、He is more of a “hands-off” PI, meaning we interact with him mainly during once a week group meetings. とか He is a very hands-on adviser and likes to talk about the research a lot. と教えてくれます。対照的ですね。これらの情報は、研究室を選ぶ判断材料になるので、聞いておいて損はないと思います。

返信はくれるけど、そっけないパターン

具体的には、「学生は取るつもりだよ。頑張ってね。」という感じです。一行で返されます。一発目で返信をくれずに、2回目以降に返信をくれた場合は、このパターンでした。

この返信が来て、なお研究テーマについて知りたければ、うまく聞き出さなければなりません。しかし、1通目のメールで研究テーマについて聞いているにも関わらず、それについて無視されているということは、次も無視される確率が高いと思います。一度だけ、粘り強く返信したことがありますが、あまり態度は変わりませんでした。なので、あまり志望度が高くない相手からこの返信が来た場合は、深追いしない方がよいかもしれません。

返信が来ないパターン

3回までチャレンジしました。10人に送って2人ありました。そもそも返信がもらえることの方が珍しいそうでなので、あまりへこむことはないと思います。ただし、なんとしてもメールの返信が欲しいという場合は、同様のメールを送り続けることは無意味だと思います。例えば、これまでの自分の研究や、興味のある研究の要約を送るなどの手立てが考えられます。私はまだここまで手が回っていませんが、そのうち実践したいと思います。

ちなみに、私は返信をいただけた割合が高い方だと思います。高い返信率に対する確かな理由はわかりませんが、テストのスコアを揃えていたことは、一つの要因であったと思います。特に学部卒からの応募の場合は、研究業績よりも、今後のポテンシャルを見るために、学校の成績や GRE のスコアを重視するという噂も聞いています。なので、スケジュールに余裕のある人は、夏の前までに全ての試験のスコアを揃えておくことをお勧めします。

振り返り

このように教授にメールを送ったところで、合格を確約してくれるような言葉はもらえませんでした。そして、複数の研究室にメールを送ることは手間がかかりました。そもそも日本語のメールであっても、目上の方とのメールは気を使います。それを英語で 3, 4 人同時期に相手するというのは、相当に神経を使います。しかし、この活動には次のようなメリットがありました。

  1. 内部事情や最新の研究プロジェクトがわかる
  2. モチベーションが上がる

1つめに関しては、志望研究室を見極める材料になりました。Ph.D を取得するまでには 5 年かそれ以上はかかるでしょう。研究室との相性を調べ、希望する研究テーマに取り組めるかを知っておくことは重要だと思います。特に Nature や Science に載ったようなテーマでは、実際には accept までに数年かかっているらしいです (今の自分には無縁なので、聞いた話です)。ということは、それらの研究をやりたいと思っても、自分が留学する頃には、関連するプロジェクトは終わっていることもあるかもしれません。逆に、現在の研究テーマを聞き出すことができ、その研究背景について知識を深めておくと、奨学金を申請で研究計画を書く際に武器になります。奨学金の申請書作成の奮闘ぶりについては、また改めて記事を作ろうと思います。

2 つめに関しては、完全に気持ちの問題です。しかし、重要です。私は、学生さんとメールのやり取りをする中でと「この研究室に行きたいんだ」と再認識することができました。遠い国にある憧れのグループであっても、実際には、年がそう離れてはいない学生が研究しているという、当たり前のことを確認できます。勇気を出して連絡してみると、夢が少し現実味を帯び、モチベーションが上がるのでオススメです。

以上、完全に個人的な経験に基づいたお話でした。この記事が、教授にメールを送る際のイメージトレーニングの一環になれば幸いです。次回は奨学金の申請書作成についてお話しします。 (有機反応も俯瞰したいところですが、一旦ペースダウンしています。ごめんなさい。)

関連記事

関連書籍

やぶ

やぶ

投稿者の記事一覧

PhD候補生の候補生として無機材料を研究しています。Chem-Station を見て育った学生として、このコミュニティをより盛り上げていきたいです。高専出身。Twitter はじめました (下の Twitter のバナーでリンクがつながります)。ケムステ記事にはならないような些細なことを不定期につぶやきます。

関連記事

  1. π電子系イオンペアの精密合成と集合体の機能開拓
  2. 長期海外出張のお役立ちアイテム
  3. 固体なのに動くシャトリング分子
  4. コーヒーブレイク
  5. 2012年イグノーベル賞発表!
  6. 化学系学生のための企業合同説明会
  7. 【書籍】「喜嶋先生の静かな世界」
  8. Stephacidin Bの全合成と触媒的ヒドロアミノアルキル化…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. エリック・ジェイコブセン Eric N. Jacobsen
  2. 真空ポンプはなぜ壊れる?
  3. 気になるあの会社~東京エレクトロン~
  4. バイヤー・ビリガー酸化 Baeyer-Villiger Oxidation
  5. 日本の海底鉱物資源の開発状況と課題、事業展望【終了】
  6. 光触媒-ニッケル協働系によるシステイン含有ペプチドのS-アリール化
  7. Late-Stage C(sp3)-H活性化法でステープルペプチドを作る
  8. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑫:「コクヨのペーパーナイフ」の巻
  9. トリフルオロ酢酸パラジウム(II):Palladium(II) Trifluoroacetate
  10. Name Reactions: A Collection of Detailed Mechanisms and Synthetic Applications Fifth Edition

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機化学を俯瞰する –古代ギリシャ哲学から分子説の誕生まで–【前編】

本連載では、生命体を特別視する "生気説" が覆されたことにより、有機合成化学の幕が開いたことについ…

第92回―「金属錯体を結合形成触媒へ応用する」Rory Waterman教授

第92回の海外化学者インタビューは、ロリー・ウォーターマン教授です。バーモント大学化学科に在籍し、有…

第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」を開催します!

コロナウイルスの自粛も全国で解かれ、日本国内はだいぶ復帰に近づいてました(希望的観測)。しかし今年度…

ボロン酸エステルをモノ・ジフルオロメチル基に変える

ボロン酸エステルを原料としたモノ、ジフルオロメチル化反応が開発された。立体特異的に進行する本反応では…

特許情報から読み解く大手化学メーカーの比較

前回のIR情報から読み解く大手化学メーカーの比較では、IR情報からわかる売上や収益で比較を行いました…

千田憲孝 Noritaka Chida

千田憲孝(ちだ のりたか)は、日本の化学者である(写真はこちらより引用)。慶應義塾大学理工学部教授。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP