[スポンサーリンク]

ケムステニュース

MUKAIYAMA AWARD講演会

向山MUKAIYAMA AWARD講演会

 

主催: 有機合成化学協会

 

日時 平成17年11月9日(水) 13:15~

 

場所: 早稲田大学国際会議場[新宿区西早稲田1-20-14]

 

内容このたび本会では、有機合成化学の分野で輝かしい業績を上げ、文化勲章をご受章された

 

Alois_Furstner

 

向山光昭先生(東京大学名誉教授、東京工業大学名誉教授、本会元会長・名誉会員、社団法人北里研究所名誉所員)が、昨年米国国立科学アカデミー外国人会員に選出され、また喜寿を迎えられたことを記念して、MUKAIYAMA AWARDを創設いたしました。第1回の受賞者はMax-Planck-Institute for Coal Research教授のAlois Fuerstner先生に決まりました。 (引用:有機合成化学協会)

 

 

 

 

関連ニュース

 

ドイツのマックス・プランク研究所をご存じですか(2005.10.14)

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 光触媒で新型肺炎を防止  ノリタケが実証
  2. 「化学の日」はイベント盛り沢山
  3. 環境対策と経済性を両立する電解酸化反応、創造化学が実用化実験
  4. 独バイエル、世界全体で6100人を削減へ
  5. 大阪・池田 リチウム電池の実験中に爆発事故
  6. 春の褒章2011-化学
  7. 武田、フリードライヒ失調症薬をスイス社と開発
  8. 半年服用で中性脂肪3割減 ビタミンPと糖の結合物質

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 禅問答のススメ ~非論理に向き合う~
  2. 博士号とは何だったのか - 早稲田ディプロマミル事件?
  3. 化学五輪、日本代表4人の高校生が「銅」獲得
  4. ゲルマニウムビニリデン
  5. 芳香族フッ素化合物の新規汎用合成法
  6. 静岡大准教授が麻薬所持容疑で逮捕
  7. タンパクの骨格を改変する、新たなスプライシング機構の発見
  8. 第94回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part I
  9. ローソン試薬 Lawesson’s Reagent
  10. 異分野交流のすゝめ

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

出光・昭和シェル、統合を発表

石油元売り2位の出光興産と4位の昭和シェル石油は10日、2019年4月に経営統合すると正式に発表した…

天然物の全合成研究ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP