[スポンサーリンク]

ケムステニュース

アムロジンのデータ資料返還でファイザーが住友化学に仮処分命令申立

ノルバスク アムロジン?住友化学は17日、高血圧症・狭心症治療薬「アムロジン」(一般名:ペシル酸アムロジピン)事業のライセンサーであるファイザー社(Pfizer Ltd.=英国法人、Pfizer Corp.=パナマ法人)から、住友化学子会社の大日本住友製薬が販売するアムロジンに関する医学関連データなどの資料の返還を求める仮処分命令を東京地方裁判所に申し立したてられたと発表した。

 大日本住友製薬の売上高は約2700億円(アボット製品除く)だが、アムロジンは500億円を超え、今後の成長を牽引する製品の一つとして位置づけられている。(引用:薬事日報)

?

アムロジンはファイザーの「ノルバスク」と同様の薬です。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 住友化学の9月中間営業益は+20.5%、精密・医薬など好調で
  2. リアル「ブレイキング・バッド」!薬物製造元教授を逮捕 中国
  3. 室温で液状のフラーレン
  4. 「ペプチドリーム」東証マザーズ上場
  5. 住友化学、液晶関連事業に100億円投資・台湾に新工場
  6. 「男性型脱毛症薬が登場」新薬の承認を審議
  7. 東亜合成と三井化学、高分子凝集剤の事業統合へ
  8. 国際シンポジウム;創薬・天然物―有機合成化学の展望―

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 赤絵磁器を彩る絵具:その特性解明と改良
  2. ナノの世界に朗報?!-コラニュレンのkg合成-
  3. 高分子と高分子の反応も冷やして加速する
  4. いざ、低温反応!さて、バスはどうする?〜水/メタノール混合系で、どんな温度も自由自在〜
  5. Wiiで育てる科学の心
  6. 170年前のワインの味を化学する
  7. 還元的アルドール反応 Reductive Aldol Reaction
  8. 世界初!うつ病が客観的に診断可能に!?
  9. 【鎮痛・抗炎症薬】医師の認知・愛用率のトップはロキソニン
  10. 元素占いはいかが?

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

チャールズ・スターク・ドレイパー賞―受賞者一覧

チャールズ・スターク・ドレイパー賞(Charles Stark Draper Prize)とは、全米…

染色体分裂で活躍するタンパク質“コンデンシン”の正体は分子モーターだった!

第127回のスポットライトリサーチは、コロンビア大学のDepartment of Biochemis…

クリストファー・ウエダ Christopher Uyeda

クリストファー・H・ウエダ(Christopher H. Uyeda、19xx年x月x日-)は、米国…

添加剤でスイッチするアニリンの位置選択的C-Hアルキル化

Ru触媒を用いたアニリン誘導体のパラ位アルキル化が開発された。極めて位置選択性が高く、添加剤により選…

ジェレマイア・ジョンソン Jeremiah A. Johnson

ジェレマイア・A・ジョンソン(Jeremiah A. Johnson、19xx年xx月xx日)は、ア…

電子ノートか紙のノートか

読者の方々の所属する研究室・会社では実験ノートはどのように保管、データ化されていますでしょうか?…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP