[スポンサーリンク]

ケムステニュース

富山化学 「YP-18 」の開発を開始

[スポンサーリンク]

大鵬薬品富山化学<4518>は、大鵬薬品が開発したβラクタマーゼ阻害剤「タゾバクタム」に、富山化学が開発したペニシリン系抗生物質製剤「ピペラシリン」を1:8で配合した「YP-18」の共同開発を開始したと発表した。(引用:証券新報)

 

 

ペニシリンに代表されるβラクタム環を有する化合物はペニシリン系の抗生物質と呼ばれ、多くの感染症から人命を救っています。の骨格を有する、タゾバクタム(tazobactam)はβラクタマーゼ阻害剤(βラクタム環を持ち、βラクタマーゼに不可逆的に結合してこれを不活化する。)で、ピペラシリン(piperacillin)はβラクタム系の抗生物質です。

adcbebc8

 

 

 

81d8d45c

これら2つを組み合わせることで、その抗菌力を高めることができます。

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2019」を発表
  2. 新しい抗生物質発見:MRSAを1分で99.99%殺菌
  3. エストロゲン、閉経を境に正反対の作用
  4. 世界医薬大手の05年売上高、欧州勢伸び米苦戦・武田14位
  5. ゾイジーンが設計した化合物をベースに新薬開発へ
  6. 吸入ステロイド薬「フルタイド」の調査結果を発表
  7. アステラス製薬、過活動膀胱治療剤「ベシケア錠」製造販売承認取得
  8. サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. タンパク質の非特異吸着を抑制する高分子微粒子の合成と応用
  2. 夏の必需品ー虫除けスプレーあれこれ
  3. リン–リン単結合を有する化合物のアルケンに対する1,2-付加反応
  4. 住友化・大日本住友薬、ファイザーと高血圧症薬で和解
  5. スティーヴンス転位 Stevens Rearrangement
  6. 産総研、バイオから環境まで応用可能な新しい質量分析技術の開発に成功
  7. 2009年9月人気化学書籍ランキング
  8. エステルを使った新しいカップリング反応
  9. 2008年10大化学ニュース2
  10. 尿から薬?! ~意外な由来の医薬品~ その2

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

鴻が見る風景 ~山本尚教授の巻頭言より~

Tshozoです。先日公開され色々話題を呼んだ山本尚 元日本化学会会長による日本化学会論説 巻頭言(…

C–NおよびC–O求電子剤間の還元的クロスカップリング

C–N求電子剤とC–O求電子剤間のクロスカップリング反応が初めて開発された。有機化合物中に普遍的に存…

Principles and Applications of Aggregation-Induced Emission

内容This book explores the aggregation-induced e…

セルロースナノファイバーの真価

お申込み・詳細はこちら開講期間2019年12月11日(水)10:00~17:25 <1日のみ…

「日産化学」ってどんな会社?

―ぶれずに価値創造。私たちは、生み出し続ける新たな価値で、ライフサイエンス・情報通信・環境エ…

有機合成化学協会誌2019年10月号:芳香族性・O-プロパルギルオキシム・塩メタセシス反応・架橋型人工核酸・環状ポリアリレン・1,3-双極子付加環化反応

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年10月号がオンライン公開されました。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP