[スポンサーリンク]

D

プレヴォスト/ウッドワード ジヒドロキシル化反応 Prevost/Woodward Dihydroxylation

 

概要

非プロトン溶媒中で、I2と安息香酸銀により環状オレフィンのヨードベンゾイルオキシ化、引き続きアルカリ加水分解を行うことで、trans-1,2-グリコールが得られる(Prévost法)。

一方、 I2と酢酸銀を酸性条件下反応させた後、アルカリで加水分解をすると、cis-1,2-ジオールが得られる(Woodward法)。

基本文献

  • Prévost, C. Compt. Rend. 1933196, 1129.
  • Woodward, R. B.; Brutcher, F. V., Jr. J. Am. Chem. Soc. 195880, 209. DOI: 10.1021/ja01534a053
  • Wilson, C. V. Org. React. 1950, 9, 350.

 

反応機構

ene-ol005.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. コーリー・キム酸化 Corey-Kim Oxidation
  2. パターノ・ビューチ反応 Paterno-Buchi Reacti…
  3. ピニック(クラウス)酸化 Pinnick(Kraus) Oxid…
  4. ウォール・チーグラー臭素化 Wohl-Ziegler Bromi…
  5. ブーボー/ボドロー・チチバビン アルデヒド合成 Bouveaul…
  6. アシロイン縮合 Acyloin Condensation
  7. ブラン環化 Blanc Cyclization
  8. リスト・バルバス アルドール反応 List-Barbas Ald…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. フォルスター・デッカー アミン合成 Forster-Decker Amine Synthesis
  2. 積水化学、工業用接着剤で米最大手と提携
  3. プロリン ぷろりん proline
  4. 化学大手2014年4–9月期決算:概して増収増益
  5. 18F-FDG(フルオロデオキシグルコース)
  6. “関節技”でグリコシル化を極める!
  7. ティフェノー・デミヤノフ転位 Tiffeneau-Demjanov Rearrangement
  8. ヴィルスマイヤー・ハック反応 Vilsmeier-Haack Reaction
  9. YMC-DispoPackAT 「ケムステを見た!!」 30%OFFキャンペーン
  10. 味の素と元社員が和解 人工甘味料の特許訴訟

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

太陽ホールディングスってどんな会社?

私たち太陽ホールディングスグループは、パソコンやスマートフォンなどのIT機器やデジタル家電、車載用電…

「自然冷媒」に爆発・炎上の恐れ

「環境省・経済産業省の指示により、エアコンに使用されているフロン類の入れ替えが必要だ」と偽り、地球環…

効率的に新薬を生み出すLate-Stage誘導体化反応の開発

今回紹介する論文は、Late-Stage-Functionalizationの手法を開発し、新規薬剤…

「次世代医療を目指した細胞間コミュニケーションのエンジニアリング」ETH Zurich、Martin Fussenegger研より

海外留学記第22回目はETH ZurichのDepartment of Biosystems Sci…

チャン転位(Chan Rearrangement)

概要アシロキシエステルに対して塩基を作用させることで、転位を伴い2–ヒドロキシケトエステルを与え…

卓上NMR

卓上NMR (Benchtop NMR)とは、通常のNMRよりも小型で、専用の部屋を必要としないNM…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP