[スポンサーリンク]

M

ミズロウ・エヴァンス転位 Mislow-Evans Rearrangement

[スポンサーリンク]

 

概要

アリルスルホキシドが熱的条件により転位を起こし、アリルスルフェナートとの平衡状態になる。本現象がMislowらによって発見された後、スルフェナートを捕捉するリン試薬などを添加することでアリルアルコールを合成できることがEvansらにより見出され、合成手法としての可能性が示された。
スルホキシドのα-プロトンは酸性度が高く、LDAなどの強塩基により脱プロトン化できる。アニオンを求電子剤と反応させてMislow-Evans転位を行うと置換アリルアルコールが合成できる。

mislow_evans_2.gif

基本文献

 

反応機構

転位は[2,3]-sigmatropic機構で進行する。立体特異的に進行し、不斉点を持つスルホキシドの場合にはキラル転写が観測される。(参考:J.
Org. Chem.
1995,
60, 6682
.)
mislow_evans_3.gif

反応例

平衡条件転位による立体異性化を、逆に上手く活用してやることが合成に用いる上でのポイントとなる。[1] mislow_evans_4.gif
Asteltoxinの合成[2] mislow_evans_5.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Majetich, G. et al. J. Org. Chem. 199156, 3973.DOI: 10.1021/jo00012a035

[2] Schreiber, S. L.; Hoveyda, A. H. J. Am. Chem. Soc. 1984106, 7200.DOI: 10.1021/ja00335a056

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

 

関連記事

  1. ワインレブケトン合成 Weinreb ketone synthe…
  2. アラン・ロビンソン フラボン合成 Allan-Robinson …
  3. コルベ電解反応 Kolbe Electrolysis
  4. クライゼン転位 Claisen Rearrangement
  5. ウォルフ・キシュナー還元 Wolff-Kishner Reduc…
  6. ブレイズ反応 Blaise Reaction
  7. ピナコールカップリング Pinacol Coupling
  8. セイファース・ギルバート アルキン合成 Seyferth-Gil…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. トロンボキサンA2 /Thromboxane A2
  2. 界面活性剤の市場分析と各社事業戦略について調査結果を発表
  3. 相間移動触媒 Phase-Transfer Catalyst (PTC)
  4. 合同資源上瀑工場
  5. 諸熊 奎治 Keiji Morokuma
  6. 翻訳アルゴリズムで化学反応を予測、IBMの研究者が発表
  7. 小スケール反応での注意点 失敗しないための処方箋
  8. 化学物質でiPS細胞を作る
  9. 求核置換反応 Nucleophilic Substitution
  10. 有機アジド(4)ー芳香族アジド化合物の合成

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第112回―「生体分子センサー・ドラッグデリバリーシステムの開発」Shana Kelley教授

第112回の海外化学者インタビューは、シャナ・ケリー教授です。トロント大学生化学科に所属し、ナノマテ…

電気化学ことはじめ(1) 何が必要なの??

化学の中で酸化還元反応というのは非常によく出てくるトピックであり、高校でも水の電気分解から電気化学系…

【書籍】電気化学インピーダンス 数式と計算で理解する基礎理論

(↓kindle版)概要インピーダンス測定の結果をいかに解釈すべきか.その理…

国際化学オリンピック、日本の高校生4名「銀」獲得

文部科学省は2020年7月31日、オンラインで開催された「第52回国際化学オリンピック」に参加した高…

有機合成化学協会誌2020年8月号:E2212製法・ヘリセン・炭素架橋オリゴフェニレンビニレン・ジケトホスファニル・水素結合性分子集合体

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年8月号がオンライン公開されました。今回は担当…

第八回ケムステVシンポジウム「有機無機ハイブリッド」を開催します!

夏真っ盛りですね。某ウイルスのもろもろに目を奪われがちですが、この季節は熱中症にも気をつけましょう。…

巧みに設計されたホウ素化合物と可視光からアルキルラジカルを発生させる

第268回のスポットライトリサーチは、金沢大学医薬保健研究域薬学系(大宮研究室)の佐藤 由季也(さと…

第111回―「予防・診断に有効なナノバイオセンサーと太陽電池の開発」Ted Sargent教授

第111回の海外化学者インタビューは、Ted Sargent教授です。トロント大学電気・計算機工学科…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP