[スポンサーリンク]

ケムステニュース

「富士フイルム和光純薬」として新たにスタート

 富士フイルム和光純薬株式会社(本社:大阪市中央区/社長:小畠伸三)は、2018年4月1日付で、和光純薬工業株式会社より社名を変更するとともに、富士フイルムファインケミカルズ株式会社と統合し、新たにスタートしました(引用:富士フイルム和光純薬株式会社プレスリリース)。

さて、2018年度も始まりました。金・もの・ヒトと周りの状況が目まぐるしく変わる時期です。そういう筆者も立場が微妙に変わりました。

同時に企業も新体制が始まる時期でもあります。三菱東京UFJ銀行が、銀行名から「東京」を外し、三菱UFJ銀行となったことが一般的に言えばもっとも話題性のあるニュースでしょうか。特に内容は変わりませんが、馴染みのある企業名が変わると(今回はそんな変わってない)なんとなく変な感じです。

化学の世界では、UFJ銀行より違和感があるのが、タイトルに示した、富士フイルム和光純薬株式会社の発足。2年前のニュースでもかなり話題になったものが現実となりました(過去ニュース:和光純薬を富士フイルムが買収へ)その際も述べましたが、和光純薬は武田薬品工業がルーツにあり、そのブランドロゴも丸に逆三角の「タケダマーク」を反転させただけのものでした。

それが、富士フィルムに買収されるなんて夢にも思いませんでしたが、先日それが発足したということです。

というわけで気になる新しいブランドロゴはこれ。

当たり前ですが、タケダマークが消失してシンプルなものになりました。というかコーポレートブランドロゴはやっぱり富士フィルムなんですね。

となると、毎日お世話になっている試薬のロゴも変わります。それがこれ。

左側が新しいラベル、右は現行のものです。

新しいラベルの試薬瓶をいちはやく手に入れ、掲載しようと思い、問い合わせましたが、

平成30年4月製造分より新ラベルへ変更いたします。当面は現行ラベル品が並行して流通いたします。

とのこと。残念ながらしばらく手元に届くのは時間がかかりそうです。

最後に余談ですが、ケムステは昨年より富士フイルムファインケミカルズとウェブ利用許諾契約を結び、記事を提供しています(記事:ケムステの記事を導出しています)。すなわち、今後は富士フイルム和光純薬に提供することとなります。提供する記事数も増えましたので、今度は富士フイルム和光純薬のウェブにケムステの情報が徐々に増えていくことになります。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 日本化学会第86春季年会(2006)
  2. 仏サノフィ・アベンティス、第2・四半期は6.5%増収
  3. カフェインの覚醒効果を分子レベルで立証
  4. 化学系プレプリントサーバ「ChemRxiv」の設立が決定
  5. 鉄鋼のように強いポリプロピレン
  6. 芝哲夫氏死去(大阪大名誉教授・有機化学)
  7. 相次ぐ海外化学企業の合併
  8. サリドマイド、がん治療薬に

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. クリック反応の反応機構が覆される
  2. カーボンナノチューブの分散とその応用【終了】
  3. 第27回 生命活動の鍵、細胞間の相互作用を解明する – Mary Cloninger教授
  4. 橋頭位二重結合を有するケイ素化合物の合成と性質解明
  5. テッド・ベグリーTadhg P. Begley
  6. グァンビン・ドン Guangbin Dong
  7. γ-チューブリン特異的阻害剤の創製
  8. シリカゲルはメタノールに溶けるのか?
  9. アセチレン、常温で圧縮成功
  10. 血液―脳関門透過抗体 BBB-penetrating Antibody

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

研究者向けプロフィールサービス徹底比較!

研究者にとって、業績を適切に管理しアピールすることは重要です。以前にも少し触れましたが、科研費の審査…

天然有機化合物の全合成:独創的なものづくりの反応と戦略

概要生物活性天然有機化合物(天然物)は生命の40億年にわたる進化によって選択された高機能分子…

細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾

地球上に最もたくさんある有機化合物は何でしょう?それは、野菜や果物、紙、Tシャツ、木材、etc…身の…

有機分子触媒ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

研究職の転職で求められる「面白い人材」

ある外資系機器メーカーのフィールドサービス職のポジションに対して候補者をご推薦しました。その時のエピ…

「不斉有機触媒の未踏課題に挑戦する」—マックス・プランク石炭化学研究所・List研より

「ケムステ海外研究記」の第18回目は、マックス・プランク石炭化学研究所(Benjamin List研…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP