[スポンサーリンク]

D

辻・ウィルキンソン 脱カルボニル化反応 Tsuji-Wilkinson Decarbonylation

 

概要

量論量のWilkinson錯体もしくはPd/Cをアルデヒドに作用させると、脱カルボニル化が起こり、アルカンを与える。特にWilkinson錯体を用いる反応は穏和な条件で進行し、官能基受容性も高い。
反応は立体特異的に進行する。

 

基本文献

 

反応機構

Wilkinsonカルボニル錯体は脱カルボニル化能を持たないため、触媒回転はしない。高価なロジウムが量論量必要となってしまうのが最大の欠点である。
decarbonyl_2.gif

反応例


decarbonyl_3.gif
脱カルボニル化において立体配座は保持される。
decarbonyl_4.gif
decarbonyl_5.gif
FR-900482の合成[1] decarbonyl_6.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Ziegler, F. E.; Belema, M. J. Org. Chem. 1997,62, 1083. DOI: 10.1021/jo961992n

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ヒンスバーグ チオフェン合成 Hinsberg Thiophen…
  2. ジオトロピー転位 dyotropic rearrangement…
  3. フェティゾン試薬 Fetizon’s Reagent…
  4. N-カルバモイル化-脱アルキル化 N-carbamoylatio…
  5. カチオン重合 Cationic Polymerization
  6. クルチウス転位 Curtius Rearrangement
  7. ゾーシー・マーベット転位 Saucy-Marbet Rearra…
  8. ボールマン・ラーツ ピリジン合成 Bohlmann-Rahtz …

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 酸と塩基のつとめを個別に完遂した反応触媒
  2. 【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成
  3. 採用面接で 「今年の日本化学会では発表をしますか?」と聞けば
  4. 未来の車は燃料電池車でも電気自動車でもなくアンモニア車に?
  5. ノーベル化学賞、米仏の3氏に・「メタセシス反応」研究を評価
  6. アレーン類の直接的クロスカップリング
  7. 光・電子機能性分子材料の自己組織化メカニズムと応用展開【終了】
  8. 【朗報】HGS分子構造模型が入手可能に!
  9. 三菱化学:子会社と持ち株会社設立 敵対的買収を防ぐ狙い
  10. 二酸化炭素をメタノールに変換する有機分子触媒

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

有機合成化学協会誌2018年11月号:オープンアクセス・英文号!

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年11月号がオンライン公開されました。今月…

観客が分泌する化学物質を測定することで映画のレーティングが可能になるかもしれない

映画には、年齢による鑑賞制限が設けられているものがあります。その制限は映画の内容に応じて各国の審査団…

庄野酸化 Shono Oxidation

概要アルコール溶媒中にアミドまたはカルバメートを電解酸化し、N,O-アセタールを得る反応。アミン…

ゲルセジン型アルカロイドの網羅的全合成

ゲルセジン型アルカロイドを網羅的に合成する手法が開発された。巧みな短工程骨格構築法により4種類の同ア…

3級C-H結合選択的な触媒的不斉カルベン挿入反応

2017年、エモリー大学・Huw M. L. Daviesらは独自に設計した不斉二核ロジウム触媒を用…

PAGE TOP