[スポンサーリンク]

D

辻・ウィルキンソン 脱カルボニル化反応 Tsuji-Wilkinson Decarbonylation

[スポンサーリンク]

 

概要

量論量のWilkinson錯体もしくはPd/Cをアルデヒドに作用させると、脱カルボニル化が起こり、アルカンを与える。特にWilkinson錯体を用いる反応は穏和な条件で進行し、官能基受容性も高い。
反応は立体特異的に進行する。

 

基本文献

 

反応機構

Wilkinsonカルボニル錯体は脱カルボニル化能を持たないため、触媒回転はしない。高価なロジウムが量論量必要となってしまうのが最大の欠点である。
decarbonyl_2.gif

反応例


decarbonyl_3.gif
脱カルボニル化において立体配座は保持される。
decarbonyl_4.gif
decarbonyl_5.gif
FR-900482の合成[1] decarbonyl_6.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Ziegler, F. E.; Belema, M. J. Org. Chem. 1997,62, 1083. DOI: 10.1021/jo961992n

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 向山縮合試薬 Mukaiyama Condensation Re…
  2. コーリー・ギルマン・ガネム酸化 Corey-Gilman-Gan…
  3. デ-マヨ反応 de Mayo Reaction
  4. スルホニル保護基 Sulfonyl Protective Gro…
  5. N-オキシドの合成 Synthesis of N-oxide
  6. アルコールのアルカンへの還元 Reduction from Al…
  7. 1,2-/1,3-ジオールの保護 Protection of 1…
  8. スルホキシド/セレノキシドのsyn-β脱離 Syn-β-elim…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. カバチニク・フィールズ反応 Kabachnik-Fields Reaction
  2. ジンケ アルデヒド Zincke Aldehyde
  3. フラーレン /Fullerene
  4. デレピン アミン合成 Delepine Amine Synthesis
  5. 徹底比較 特許と論文の違い ~明細書、審査編~
  6. ビタミンと金属錯体から合成した人工の酵素
  7. 三菱化学の4‐6月期営業利益は前年比+16.1%
  8. 旭化成、5年で戦略投資4千億
  9. アルミニウム-ポルフィリン錯体を用いる重合の分子量制御
  10. 水入りフラーレンの合成

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

Altmetric Score Top 100をふりかえる ~2018年版~

Tshozoです。暑い中電子版ジャーナルをお読みの方々、論文横のコーナーにある数字をご覧にな…

米国へ講演旅行へ行ってきました:Part IV

3部作で終わろうと思いながら、書くことが多すぎて終われませんでした。前回から2ヶ…

二水素錯体 Dihydrogen Complexes

水素分子がサイドオン型で金属中心に近づくと、二水素錯体を形成することができる。こうして形成した二水素…

分析化学科

お申込み・詳細はこちら◇分析化学科 (定員16名)本研修では「ものづくり企業」の品質管理等で…

多角的英語勉強法~オンライン英会話だけで満足していませんか~

国際学会で発表するにも、論文を書くにも、研究室の留学生と飲みにいくにも英語は必要です。しかし、それぞ…

ペプチドの革新的合成

第215回のスポットライトリサーチは、中部大学総合工学研究所分子性触媒センター助教・村松渉先生にお願…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP