[スポンサーリンク]


2011年 2月

  1. 付設展示会に行こう!ーシグマアルドリッチ編ー

    さて、前回お伝えしましたWiley編に続いて、ご協力いただいたのはシグマアルドリッチジャパン株式会社。そう、日本化学会春季年会の付設展示会でケムステ読者様のためだけにサービスを用意してくれました! アルドリッチのブースと…

  2. ベティ反応 Betti Reaction

    概要芳香族アルデヒド、アミン、フェノールの三成分縮合によってαアミノベンジル…

  3. 次世代分離膜の開発、実用化動向と用途展開 完全網羅セミナー

    日時        : 2011年2月24日(木) 10:30~16:50会場     …

  4. ブヘラ・ベルクス反応 Bucherer-Bergs reaction

    概要カルボニル化合物とシアン化カリウムもしくはシアノヒドリンと炭酸アンモニウムを…

  5. 二酸化炭素の工業用有機材料への利用とその作製技術

    日時        : 2011年2月23日(水) 10:00~16:30会場     …

  6. ジメシチルフルオロボラン:Dimesitylfluoroborane

  7. 第15回 有機合成化学者からNature誌編集者へ − Andrew Mitchinson博士

  8. 論文引用ランキングから見る、化学界の世界的潮流

  9. ピナー反応 Pinner Reaction

  10. 含ケイ素四員環 -その1-

  11. コニア エン反応 Conia–Ene Reaction

  12. 化学研究ライフハック: Firefoxアドオンで化学検索をよりスピーディに!

  13. 化学研究ライフハック:化学検索ツールをあなたのブラウザに

  14. 第12回 金属錯体から始まる化学ー伊藤肇教授

  15. ピバロイルクロリド:Pivaloyl Chloride

  16. ひどい論文を書く技術?

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 【経験者に聞く】マテリアルズ・インフォマティクスの事業開発キャリアへの挑戦
  2. 3.11 14:46 ①
  3. ミヤコシンA (miyakosyne A)
  4. 自己多層乳化を用いたマトリョーシカ微粒子の調製 〜油と水を混ぜてすぐ固めるだけ〜
  5. 自己修復性高分子研究を異種架橋高分子の革新的接着に展開
  6. 使っては・合成してはイケナイ化合物 |第3回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)
  7. 「一置換カルベン種の単離」—カリフォルニア大学サンディエゴ校・Guy Bertrand研より

注目情報

最新記事

Utilization of Spectral Data for Materials Informatics ー Feature Extraction and Analysis ー(スペクトルデータのマテリアルズ・インフォマティクスへの活用 ー 特徴量抽出と解析 ー)

開催日2024年2月28日:申込みはこちら■Background of this seminar…

電解液中のイオンが電気化学反応の選択性を決定する

第595回のスポットライトリサーチは、物質・材料研究機構(NIMS) 若手国際研究センター(ICYS…

第10回 野依フォーラム若手育成塾

野依フォーラム若手育成塾について野依フォーラム若手育成塾では、国際企業に通用するリーダー…

【書評】スキルアップ有機化学 しっかり身につく基礎の基礎

東京化学同人より 2024 年 2 月 16 日に刊行された、「スキルアップ有機…

“逆転の発想”で世界最高のプロトン伝導度を示す新物質を発見

第594回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 八島研究室の齊藤 馨(さいとう …

PAGE TOP