[スポンサーリンク]

archives

二酸化炭素の工業用有機材料への利用とその作製技術

[スポンサーリンク]

日時        : 2011年2月23日(水) 10:00~16:30
会場        : 東京・大田区蒲田 大田区産業プラザ(PiO) 6F C会議室
≪会場地図はこちら≫
受講料     :
(税込) 52,500円
 ⇒E-mail案内登録会員 49,800円
  ※資料・昼食付
上記価格より:<2名で参加の場合1名につき7,350円割引><3名で参加の場合1名につき10,500円割引>(同一法人に限ります)

申し込みはこちらをクリック!
講師        :第1部 二酸化炭素の工業用有機材料への利用技術課題と事業展望
  ≪10:00~11:00>>
東京理科大学 工学部 工業化学科 准教授 杉本 裕 氏
第2部 排ガスからの二酸化炭素の分離回収技術と現状での二酸化炭素の用途
  ≪11:15~12:15>>
三菱重工業(株) 環境・化学プラント事業部 技監・主幹プロジェクト統括 飯嶋 正樹 氏
【活動】
1990年から関西電力と共に排ガスからのCO2回収に関する共同研究を開始。1999年にはマレーシアに初号機を納入。
第3部 CO2を用いたメタノール・DMEの合成と応用とCO2リサイクル
  ≪13:00~14:00>>
アイシーラボ(工業触媒コンサルタント) 代表 室井 城 氏
第4部 固体触媒を用いた二酸化炭素からの有機カーボネート合成
  ≪14:15~15:15>>
東北大学 大学院工学研究科 応用化学専攻 教授 冨重 圭一 氏
【学歴】
平成2年3月 東京大学理学部化学科卒業
平成4年3月 東京大学大学院理学系研究科化学専攻修士課程修了
平成4年4月 東京大学大学院理学系研究科化学専攻博士課程進学
平成6年6月 同上中途退学
(平成9年5月)博士(理学)取得(東京大学大学院理学系研究科)
【職歴】
平成6年7月 東京大学大学院工学系研究科 応用化学専攻助手
平成11年4月 東京大学大学院工学系研究科 応用化学専攻講師
平成13年4月 筑波大学 物質工学系 講師
平成16年6月 筑波大学大学院数理物質科学研究科准教授
平成22年4月 東北大学大学院工学研究科応用化学専攻 教授
平成20年10月~現在科学技術振興機構(JST)戦略的創造研究推進事業(CREST)研究代表
【ホームページ】
http://www.che.tohoku.ac.jp/~erec/
第5部 二酸化炭素からの脂肪族ポリカーボネートの直接合成
  ≪15:30~16:30>>
東京理科大学 工学部 工業化学科 准教授 杉本 裕 氏
講演内容  :第1部 二酸化炭素の工業用有機材料への利用技術課題と事業展望
<趣旨>
 産業活動により排出された二酸化炭素が地球温暖化に関連しているかもしれないことから,二酸化炭素は,その潜在的な有用性にもかかわらず,不要なもの・悪いものという印象をもたれている。本講座では,地球温暖化問題と化石資源枯渇問題の解決に直接的に寄与することが期待される,二酸化炭素の有効利用技術を概観し,紹介する。
1.二酸化炭素についての基礎
 1.1 二酸化炭素とは
2.二酸化炭素の有効利用 概論
 2.1 資源・エネルギー・環境問題と二酸化炭素の関連
 2.2 二酸化炭素の変換の考え方・方法と用途
 2.3 二酸化炭素の反応メカニズム,プロセスの比較
 2.4 古典的な化学品製造プロセス
3.二酸化炭素の有効利用 事例の紹介
 3.1 メタノールの製造
 3.2 環状カーボネートの製造
 3.3 芳香族ポリカーボネートの製造
 3.4 エネルギー化と燃料の製造
 3.5 超臨界二酸化炭素の利用技術
 3.6 その他
4.現状の課題と今後の展望
  □質疑応答・名刺交換□
第2部 排ガスからの二酸化炭素の分離回収技術と現状での二酸化炭素の用途
<趣旨>
 温暖化の問題となっている大気に排出されている排ガスから二酸化炭素を回収する技術や商業実績を解説すると共に、現状での二酸化炭素の用途を解説する事により、今後の二酸化炭素の有効利用が拡大する事を期待する。
1.温暖化問題と欧米各国の動向
2.温暖化対策のターゲットとCO2回収・貯留
3.三菱重工の排ガスからのCO2回収プラントの実績
4.三菱重工の排ガスからのCO2回収技術
5.二酸化炭素の有効利用方法
 5.1 一般用途
 5.2 化学的利用
 5.3 原油回収率向上
 5.4 温暖化対策としてのCO2・貯留
  □質疑応答・名刺交換□
第3部 CO2を用いたメタノール・DMEの合成と応用とCO2リサイクル
<趣旨>
 二酸化炭素と余剰の還元剤を用いたメタノール及びDMEの合成とそれらを用いた化学品の合成と更にCO2リサイクルについての触媒プロセスを解説する。
1.リフォーミング
 1.1 スチームリフォーミング
 1.2 オートサーマルリフォーミング
 1.3 ドライリフォーミング
2.CO2を用いたメタノール合成
 2.1 COとCO2原料の違い
 2.2 CO2を用いたメタノール合成触媒
 2.3 最新の開発触媒
3.CO2によるDMEの合成
 3.1 DMEの用途
 3.2 DMEの合成
4.メタノールからの化学品の合成
 4.1 プロピレンの合成
 4.2 ガソリンの合成
5.DMEからの化学品の合成
 5.1 酢酸メチルの合成
 5.2 エタノールの合成
 5.3 酢酸ビニルの合成
6.CO2リサイクル
  □質疑応答・名刺交換□
第4部 固体触媒を用いた二酸化炭素からの有機カーボネート合成
<趣旨>
 二酸化炭素を有用な有機化合物へ変換する化学反応と触媒に関する基本を紹介する。具体的には、二酸化炭素とメタノールの反応により合成させる炭酸ジメチルを取り上げる。炭酸ジメチルは、ポリカーボネート樹脂製造の原料となる有用な物質であり、現在ホスゲン等から合成されている。一方で二酸化炭素から製造できるようになれば、有毒なホスゲンを二酸化炭素で代替することができるようになる。酸化セリウムが有効な触媒であることが見出されており、触媒の表面特性や触媒反応機構についても説明する。
1.二酸化炭素の反応:還元と非還元
2.二酸化炭素からの有機カーボネート合成
3.炭酸ジメチルの製造と利用
4.二酸化炭素と
webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ジピバロイルメタン:Dipivaloylmethane
  2. ネオジム磁石の調達、製造技術とビジネス戦略【終了】
  3. クロロ[(1,3-ジメシチルイミダゾール-2-イリデン)(N,N…
  4. ケムステの記事を導出しています
  5. N,N,N’,N’-テトラメチルエチレン…
  6. 低分子ゲル化剤・増粘剤の活用と材料設計、応用技術
  7. iphone用サイトを作成
  8. Grubbs第二世代触媒

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 史 不斉エポキシ化 Shi Asymmetric Epoxidation
  2. 有機の王冠
  3. 吉田善一 Zen-ichi Yoshida
  4. 芳香族フッ素化合物の新規汎用合成法
  5. 自励振動ポリマーブラシ表面の創製
  6. アミール・ホベイダ Amir H. Hoveyda
  7. アンドレアス ファルツ Andreas Pfaltz
  8. スイスに留学するならこの奨学金 -Swiss Government Excellence Scholarshipsー
  9. 分子レベルでお互いを見分けるゲル
  10. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2011年2月
« 1月   3月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28  

注目情報

注目情報

最新記事

第159回―「世界最大の自己組織化分子を作り上げる」佐藤宗太 特任教授

第159回の海外化学者インタビューは日本から、佐藤宗太 特任教授です。東京大学工学部応用化学科に所属…

π-アリルイリジウムに新たな光を

可視光照射下でのイリジウム触媒によるアリルアルコールの不斉アリル位アルキル化が開発されたキラルな…

うっかりドーピングの化学 -禁止薬物と該当医薬品-

「うっかりドーピング」という言葉をご存知でしょうか。禁止薬物に該当する成分を含む風邪…

第五回ケムステVプレミアレクチャー「キラルブレンステッド酸触媒の開発と新展開」

新型コロナ感染者数は大変なことになっていますが、無観客東京オリンピック盛り上がっ…

がん治療用の放射性物質、国内で10年ぶり製造へ…輸入頼みから脱却

政府は、がんの治療や臓器の検査をする医療用の放射性物質の国内製造を近く再開する。およそ10年ぶりとな…

三洋化成の新分野への挑戦

三洋化成と長瀬産業は、AI 技術を応用した人工嗅覚で匂いを識別する「匂いセンサー」について共同で事業…

ケムステSlack、開設二周年!

Chem-Stationが立ち上げた化学系オープンコミュニティ、ケムステSlackを開設して早くも二…

過酸がC–H結合を切ってメチル基を提供する

光増感剤とニッケル触媒を用いたC(sp3)–Hメチル化が開発された。合成終盤でのメチル化に威力を発揮…

化学の祭典!国際化学オリンピック ”53rd IChO 2021 Japan” 開幕!

2021年7月「オリンピック/パラリンピック 東京2020大会」も無観客ではあるものの無事開幕されま…

O-脱メチル化・脱アルキル化剤 基礎編

メトキシ基→ヒドロキシ基への変換、割と苦戦しますよね。保護基と呼ぶには利便性が数歩足…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP