[スポンサーリンク]

C

コニア エン反応 Conia–Ene Reaction

概要

エノールとオレフィンもしくはアルキンが反応して、分子内環化を起こす反応の総称。

基本文献

 

反応機構

conia_ene_2.gif

反応例

2004年にTosteらは金触媒を用いたβ-ケトエステルと不活性アルキンとの分子内Conia-Ene型反応を報告している[1]、翌年不斉反応化に成功している[2]

2014-10-05_02-04-57

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Kennedy-Smith, J. J.; Staben, S. T.; Toste, F. D. J. Am. Chem. Soc. 2004126, 4526. DOI: 10.1021/ja049487s

[2] Corkey, B. K.; Toste, F. D. J. Am. Chem. Soc., 2005, 127, 17168. DOI: 10.1021/ja055059q

  •  Gao, Q.; Zheng, B. -F.; Li, J.-H.; Yang, D. Org. Lett. 20057, 2185. DOI: 10.1021/ol050532q
  • Corkey, B. K.; Toste, F. D. J. Am. Chem. Soc. 2005127, 17168. DOI: 10.1021/ja055059q
  • Urabe, F.; Nagashima, S.; Takahashi, K.; Ishihara, J.; Hatakeyama, S. J Org Chem 2013, 78, 3847. DOI: 10.1021/jo400263w

 

 関連反応

 

関連書籍

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ジョンソン オレフィン合成 Johnson Olefinatio…
  2. トロスト酸化 Trost Oxidation
  3. シュミット グリコシル化反応 Schmidt Glycosyla…
  4. アシル系保護基 Acyl Protective Group
  5. フォン・リヒター反応 von Richter Reaction
  6. ジオトロピー転位 dyotropic rearrangement…
  7. 交差アルドール反応 Cross Aldol Reaction
  8. エドマン分解 Edman Degradation

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 2011年10大化学ニュース【後編】
  2. 昇華の反対は?
  3. 日本国際賞受賞者 デビッド・アリス博士とのグループミーティング
  4. 食品アクリルアミド低減を 国連専門委「有害の恐れ」
  5. 就職か進学かの分かれ道
  6. 「ねるねるねるね」はなぜ色が変わって膨らむのか?
  7. 化学のうた
  8. ゾル-ゲル変化を自ら繰り返すアメーバのような液体の人工合成
  9. 高井・ロンバード反応 Takai-Lombardo Reaction
  10. 炭素-炭素結合活性化反応 C-C Bond Activation

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

太陽ホールディングスインターシップ

経営理念に共感し、自ら考え行動できる自律した人材と働きたい私たちは、楽しい社会を実現するという経…

抽出精製型AJIPHASE法の開発

2017年、味の素社の高橋大輔らは、ペプチド液相合成法であるAJIPHASE法にさらなる改良を加え、…

【太陽HD】”世界一の技術”アルカリ現像型ソルダーレジストの開発

ソルダーレジストは、プリント配線板や半導体パッケージ用基板の表層部分に使用されはんだ付け作業時、不要…

太陽ホールディングスってどんな会社?

私たち太陽ホールディングスグループは、パソコンやスマートフォンなどのIT機器やデジタル家電、車載用電…

「自然冷媒」に爆発・炎上の恐れ

「環境省・経済産業省の指示により、エアコンに使用されているフロン類の入れ替えが必要だ」と偽り、地球環…

効率的に新薬を生み出すLate-Stage誘導体化反応の開発

今回紹介する論文は、Late-Stage-Functionalizationの手法を開発し、新規薬剤…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP