[スポンサーリンク]

C

コニア エン反応 Conia–Ene Reaction

[スポンサーリンク]

概要

エノールとオレフィンもしくはアルキンが反応して、分子内環化を起こす反応の総称。

基本文献

 

反応機構

conia_ene_2.gif

反応例

2004年にTosteらは金触媒を用いたβ-ケトエステルと不活性アルキンとの分子内Conia-Ene型反応を報告している[1]、翌年不斉反応化に成功している[2]

2014-10-05_02-04-57

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Kennedy-Smith, J. J.; Staben, S. T.; Toste, F. D. J. Am. Chem. Soc. 2004126, 4526. DOI: 10.1021/ja049487s

[2] Corkey, B. K.; Toste, F. D. J. Am. Chem. Soc., 2005, 127, 17168. DOI: 10.1021/ja055059q

  •  Gao, Q.; Zheng, B. -F.; Li, J.-H.; Yang, D. Org. Lett. 20057, 2185. DOI: 10.1021/ol050532q
  • Corkey, B. K.; Toste, F. D. J. Am. Chem. Soc. 2005127, 17168. DOI: 10.1021/ja055059q
  • Urabe, F.; Nagashima, S.; Takahashi, K.; Ishihara, J.; Hatakeyama, S. J Org Chem 2013, 78, 3847. DOI: 10.1021/jo400263w

 

 関連反応

 

関連書籍

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. マーティンスルフラン Martin’s Sulfur…
  2. ダフ反応 Duff Reaction
  3. ロビンソン・ガブリエルオキサゾール合成 Robinson-Gab…
  4. 硫黄-フッ素交換反応 Sulfur(VI)-Fluoride E…
  5. PCC/PDC酸化 PCC/PDC Oxidation
  6. マイヤー・シュスター転位/ループ転位 Meyer-Schuste…
  7. シェンヴィ イソニトリル合成 Shenvi Isonitrile…
  8. ウォルフ・キシュナー還元 Wolff-Kishner Reduc…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 芳香族性に関する新概念と近赤外吸収制御への応用
  2. ベンジルオキシカルボニル保護基 Cbz(Z) Protecting Group
  3. 芳香族ボロン酸でCatellani反応
  4. 高活性な不斉求核有機触媒の創製
  5. 「イオンで農薬中和」は不当表示・公取委、米販2社に警告
  6. 金属内包フラーレンを使った分子レーダーの創製
  7. 新日石、地下資源開発に3年で2000億円投資
  8. 第一回 福山透教授ー天然物を自由自在につくる
  9. 酒石酸/Tartaric acid
  10. 第二回触媒科学国際シンポジウム

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

“つける“と“はがす“の新技術―分子接合と表面制御

お申込み・詳細はこちら日程2020年1月9日(木)・10日(金)定員20名  先着順…

【日産化学】画期的な生物活性を有する新規除草剤の開発  ~ジオキサジン環に苦しみ、笑った日々~

日産化学は、コア技術である「精密有機合成」や「生物評価」を活かして自社独自開発の…

モノクローナル抗体を用いた人工金属酵素によるエナンチオ選択的フリーデル・クラフツ反応

第234回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院理学研究科・安達 琢真さんにお願いしました。…

α,β-不飽和イミンのγ-炭素原子の不斉マイケル付加反応

α,β-不飽和イミンのγ-炭素原子のエナールへのエナンチオ選択的マイケル付加反応が開発された。新規環…

化学者だって数学するっつーの! :定常状態と変数分離

本記事では、原子軌道や分子軌道に電子が安定に存在するときの波動関数を調べるための方程式である、「時間…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP