[スポンサーリンク]

archives

次世代分離膜の開発、実用化動向と用途展開 完全網羅セミナー

[スポンサーリンク]

日時        : 2011年2月24日(木) 10:30~16:50
会場        : 東京・品川区大井町 きゅりあん  5F 第3講習室
≪会場地図はこちら≫
受講料     :
(税込) 52,500円
 ⇒E-mail案内登録会員 49,800円
  ※資料・昼食付

申し込みはこちらをクリック!
講師        :第1部 高分子分離膜の開発、高機能化と用途展開(仮)
  ≪10:30~11:50>>
日東電工(株) メンブレン事業部 開発部長 廣瀬 雅彦 氏
第2部 次世代分離プロセスに向けた分子ふるいカーボン膜の開発
  ≪12:30~13:50>>
(独)産業技術総合研究所 環境化学技術研究部門 膜分離プロセスグループ 研究員 地球環境科学博士 吉宗 美紀 氏
【専門】膜分離工学
第3部 ゼオライト分離膜の開発とその応用技術
  ≪14:00~15:20>>
三菱化学(株) (イオン交換樹脂事業部) 筑波センター 分離膜PJ技術アドバイザー 工学博士 中根 堯 氏
【専門】膜分離工学
【略歴】
 1967~2001 旧工業技術院・物質工学工業技術研究所(現産業技術総合研究所)
 2001~2008 東京理科大学総合研究機構教授
 2001~2008 (株)物産ナノテク研究所研究開発本部長
 2008~ 現職
第4部 セラミック分離膜の開発状況と用途展開
  ≪15:30~16:50>>
日本ガイシ(株) 産業プロセス事業部 営業部 新商品グループ マネージャー 脇田 昌宏 氏
講演内容  :第1部 高分子分離膜の開発、高機能化と用途展開(仮)
※作成中
第2部 次世代分離プロセスに向けた分子ふるいカーボン膜の開発
<趣旨>
 カーボン膜(炭素膜)とは、膜全体あるいは分離活性層がアモルファス炭素により形成される分離膜であり、0.3~0.5 nmのナノ空孔を利用した分子ふるい効果によって、分子サイズのガスや蒸気の分離において優れた性能を示すことが知られている。また、カーボン膜は無機膜の長所である耐薬品性を合わせ持つことから、これまで分離膜がほとんど適用されていない耐食性が要求される分離系への応用に向けて実用化が期待されている。
 本セミナーでは、カーボン膜の特性・分離性能について触れた後、カーボン膜の応用プロセスについて、最近の開発動向を紹介する。
1.カーボン膜とは
 1.1 カーボン膜の分類
 1.2 カーボン膜の特徴
 1.3 カーボン膜の形状
 1.4 カーボン膜の分離機構
2.カーボン膜の製造方法
 2.1 カーボン膜の前駆体ポリマー
 2.2 カーボン膜前駆体の製膜
 2.3 カーボン膜の焼成方法
 2.4 カーボン膜のモジュール化
3.カーボン膜の分離性能
 3.1 カーボン膜のガス透過特性
 3.2 カーボン膜の細孔径制御
 3.3 O2/N2ガス分離性能の比較
 3.4 CO2/CH4ガス分離性能の比較
4.カーボン膜の応用プロセス
 4.1 カーボン膜のガス分離膜としての応用
 4.2 カーボン膜の浸透気化膜/蒸気透過膜としての応用
 4.3 カーボン膜の今後の課題
5.まとめ
  □質疑応答・名刺交換□
第3部 ゼオライト分離膜の開発とその応用技術
<趣旨>
  先ず、国内外におけるゼオライト膜開発の概況を述べたのち、三菱化学の脱水用A型ゼオライト膜の特色とその利用方法の検討例や、環境省の宮古島バイオエタノール生産実証プロジェクトにおける省エネルギー化の実証例等の紹介を行う。さらにA型膜以外のゼオライト膜について、弊社等における開発事例の紹介を行うと共に、化学プロセス省エネルギー化への展開等、ゼオライト膜の将来展望について私見を述べる。
1.ゼオライト膜開発の概況
2.PV・VPプロセスにおける膜透過の特色
 2.1 膜透過の駆動力と分極現象
 2.2 分離係数と阻止率・分離率
3.三菱化学製A型ゼオライト膜の特色
 膜構造・膜特性・モジュール構造等
4.燃料用バイオエタノール濃縮脱水への応用
 4.1 既往脱水技術の問題点
 4.2 商業プラントへの適用例
 4.3 NEDOプロジェクトにおける省エネ化の検討
 4.4 環境省宮古島プロジェクトにおける省エネ化の実証
5.洗浄用IPA再生への応用
6.新しいメンブレンの開発・実用化を目指して
 6.1 フォージャサイト型ゼオライト膜
 6.2 モルデナイト型ゼオライト膜等
7.ゼオライト膜の将来展望(化学プロセスの省エネルギー化)
  □質疑応答・名刺交換□
第4部 セラミック分離膜の開発状況と用途展開
<趣旨>
 セラミック膜は1950年代にフランスおよびアメリカでウランの濃縮を目的に開発され、1980年頃より、日本において精密ろ過(MF)、限外(UF)用のセラミック膜が開発され、除菌や清澄化など医薬、食品分野を中心に適用されてきた。近年、ゼオライトなどより小細孔径の分離膜が開発されており、研究規模や産業規模への適用が検討されている。今回は、開発中の分離膜を中心に開発状況と用途展開について説明する。
1.セラミック膜とは
 1.1 特長と品揃え
 1.2 初期性能
2.これまでのセラミック膜
 2.1 特長
 2.2 用途
 2.3 使用方法
 2.4 分離例
3.開発中のセラミック分離膜(液体分離用)
 3.1 特長、品揃え
 3.2 使用方法
 3.3 適用例
 3.4 既存方法とのコスト比較
4.開発中のセラミック分離膜(ガス分離用)
 4.1 特長、品揃え
 4.2 使用方法
 4.3 適用例
 4.4 既存方法とのコスト比較
  □質疑応答・名刺交換□
申し込みはこちらをクリック!

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 【技術者・事業担当者向け】 マイクロ波による化学プロセス革新 〜…
  2. Excelでできる材料開発のためのデータ解析[超入門]-統計の基…
  3. #環境 #SDGs マイクロ波によるサステナブルなものづくり (…
  4. 高分子鎖デザインがもたらすポリマーサイエンスの再創造
  5. マテリアルズ・インフォマティクスの手法:条件最適化に用いられるベ…
  6. マテリアルズ・インフォマティクスを実践するためのベイズ最適化入門…
  7. (-)-MTPA-Cl
  8. \脱炭素・サーキュラーエコノミーの実現/  マイクロ波を用いたケ…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アルデヒドからアルキンをつくる新手法
  2. ベン・デイヴィス Ben G. Davis
  3. 分子の磁石 “化学コンパス” ~渡り鳥の磁場観測メカニズム解明にむけて~
  4. Carl Boschの人生 その1
  5. 創薬におけるPAINSとしての三環性テトラヒドロキノリン類
  6. カーボンナノリングのキーホルダー式固定化法の開発
  7. 金と炭素がつくりだす新たな動的共有結合性を利用した新たな炭素ナノリングの合成法の確立
  8. 材料適合性 Material compatibility
  9. 緑色蛍光タンパク質を真似してRNAを光らせる
  10. 触媒表面に吸着した分子の動きと分子変換過程を可視化~分子の動きが触媒性能に与える影響を解明~

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2011年2月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28  

注目情報

最新記事

ケムステSlackが開設5周年を迎えました!

日本初の化学専用オープンコミュニティとして発足した「ケムステSlack」が、めで…

人事・DX推進のご担当者の方へ〜研究開発でDXを進めるには

開催日:2024/07/24 申込みはこちら■開催概要新たな技術が生まれ続けるVUCAな…

酵素を照らす新たな光!アミノ酸の酸化的クロスカップリング

酵素と可視光レドックス触媒を協働させる、アミノ酸の酸化的クロスカップリング反応が開発された。多様な非…

二元貴金属酸化物触媒によるC–H活性化: 分子状酸素を酸化剤とするアレーンとカルボン酸の酸化的カップリング

第620回のスポットライトリサーチは、横浜国立大学大学院工学研究院(本倉研究室)の長谷川 慎吾 助教…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

開催日:2024/07/17 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

そうだ、アルミニウムを丸裸にしてみようじゃないか

N-ヘテロ環ボリロキシ配位子を用いることで、アニオン性かつ非環式、さらには“裸“という極めて不安定な…

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

有機合成化学協会誌2024年7月号:イミン類縁体・縮環アズレン・C–O結合ホモリシス・ハロカルビン・触媒的バイオマス分解

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年7月号がオンライン公開されています。…

分子研「第139回分子科学フォーラム」に参加してみた

bergです。この度は2024年7月3日(水)にオンラインにて開催された、自然科学研究機構 分子科学…

光の色で反応性が変わる”波長選択的”な有機光触媒

照射する可視光の波長によって異なる反応性を示す、新規可視光レドックス触媒反応が開発された。赤色光照射…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP