[スポンサーリンク]

archives

ジメシチルフルオロボラン:Dimesitylfluoroborane

機能性有機ホウ素化合物合成ビルディングブロック

ホウ素は空のp軌道を持ち,共役系分子にホウ素を導入することにより,p-pi*相互作用を生かした,優れた機能性分子の設計が可能となります。例えば山口らは,ジメシチルフルオロボランを原料に用い,電子豊富なpi電子系の側鎖に受容性のホウ素置換基を導入した2,5-ビス[4-(N,N-ジフェニルアミノ)フェニルエチニル]ベンゼン誘導体を合成しています。この分子は強い蛍光特性を示し,溶液状態だけでなく,固体状態でも量子収率90%と,優れた数値を示します。

“Highly Emissive Organic Solids Containing 2,5-Diboryl-1,4-phenylene Unit”

C.-H. Zhao, A. Wakamiya, Y. Inukai, S. Yamaguchi, J. Am. Chem. Soc. 2006, 128, 15934. DOI: 10.1021/ja0637550

ja0637550n00001

We disclosed a series of π-conjugated systems containing 2,5-bis(dimesitylboryl)-1,4-phenylene as the core unit and electron-donating amino groups at the terminal positions. The extension of the pπ−π* conjugation in the diborylphenylene moiety along the short axis of the π-conjugated framework as well as the incorporation of two bulky dimesitylboryl groups at the para-positions makes this moiety act as a unique bulky π-electron-accepting unit. As a consequence, these systems behave like donor−acceptor−donor quadrupolar π-electron systems and show a large solvatochromism in the fluorescence spectra. Moreover, these organoboron π systems exhibit intense fluorescence even in the solid state with the quantum yields of 0.73−0.90.

関連記事

  1. N,N-ジメチルアセトアミドジメチルアセタール : N,N-Di…
  2. (S)-5-(ピロリジン-2-イル)-1H-テトラゾール:(S)…
  3. シリカゲル担持4-ヒドロキシ-TEMPOを用いたアルコール類の空…
  4. よう化サマリウム(II):Samarium(II) Iodide…
  5. 集光型太陽光発電システムの市場動向・技術動向【終了】
  6. リチウムイオン電池の正極・負極≪活物質技術≫徹底解説セミナー
  7. ワインレブアミドを用いたトリフルオロメチルケトン類の合成
  8. (S,S)-(-)-2,2′-イソプロピリデンビス(…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. リチウムイオン電池製造の勘どころ【終了】
  2. イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発
  3. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」④(解答編)
  4. 植物生合成の謎を解明!?Heteroyohimbine の立体制御
  5. チャンパック・チャッタージー Champak Chatterjee
  6. アメリカで Ph. D. を取る –希望研究室にメールを送るの巻– (実践編)
  7. チアゾリジンチオン
  8. キャロル転位 Carroll Rearrangement
  9. 未来の科学コミュニティ
  10. 合成後期多様化法 Late-Stage Diversification

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

単一分子の電界発光の機構を解明

第194回のスポットライトリサーチは、理化学研究所Kim表面界面科学研究室で研究員を務められていた、…

アメリカで Ph.D. を取る -Visiting Weekend 参加報告 (後編)-

前回に引き続き、アメリカの大学院の受験の合格者を対象にした学校説明会の参加報告です。今回はUC Be…

香りの化学4

前回香りの化学3では香料業界のことについてお話ししましたが、今回は香料業界の今後についてのお話です。…

積水化学工業、屋外の使用に特化した養生テープ販売 実証実験で耐熱・対候性を訴求

積水化学工業機能テープ事業部は、道路舗装用など屋外での使用に特化した養生テープ「フィットライトテープ…

【チャンスは春だけ】フランスの博士課程に応募しよう!【給与付き】

皆さまこんにちは。以前ケムステにてフランスでの研究生活を紹介させて頂いた者です。さてそのフラ…

スケールアップで失敗しないために

化学を長年やっている助教や博士課程の学生にとっては当たり前のことでも、学部生や修士の学生がやってみる…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP