[スポンサーリンク]

archives

ジメシチルフルオロボラン:Dimesitylfluoroborane

機能性有機ホウ素化合物合成ビルディングブロック

ホウ素は空のp軌道を持ち,共役系分子にホウ素を導入することにより,p-pi*相互作用を生かした,優れた機能性分子の設計が可能となります。例えば山口らは,ジメシチルフルオロボランを原料に用い,電子豊富なpi電子系の側鎖に受容性のホウ素置換基を導入した2,5-ビス[4-(N,N-ジフェニルアミノ)フェニルエチニル]ベンゼン誘導体を合成しています。この分子は強い蛍光特性を示し,溶液状態だけでなく,固体状態でも量子収率90%と,優れた数値を示します。

“Highly Emissive Organic Solids Containing 2,5-Diboryl-1,4-phenylene Unit”

C.-H. Zhao, A. Wakamiya, Y. Inukai, S. Yamaguchi, J. Am. Chem. Soc. 2006, 128, 15934. DOI: 10.1021/ja0637550

ja0637550n00001

We disclosed a series of π-conjugated systems containing 2,5-bis(dimesitylboryl)-1,4-phenylene as the core unit and electron-donating amino groups at the terminal positions. The extension of the pπ−π* conjugation in the diborylphenylene moiety along the short axis of the π-conjugated framework as well as the incorporation of two bulky dimesitylboryl groups at the para-positions makes this moiety act as a unique bulky π-electron-accepting unit. As a consequence, these systems behave like donor−acceptor−donor quadrupolar π-electron systems and show a large solvatochromism in the fluorescence spectra. Moreover, these organoboron π systems exhibit intense fluorescence even in the solid state with the quantum yields of 0.73−0.90.

関連記事

  1. 低分子ゲル化剤の分子設計、合成法と応用技術【終了】
  2. アニオンUV硬化に有用な光塩基発生剤(PBG)
  3. ニュースタッフ
  4. 若手&高分子を専門としていない人のための『速習 高分子化学 入門…
  5. 低分子ゲル化剤・増粘剤の活用と材料設計、応用技術
  6. バイオマス燃料・化学品の合成と触媒の技術動向【終了】
  7. イソプロポキシボロン酸ピナコール:Isopropoxyboron…
  8. アクティブボロン酸~ヘテロ芳香環のクロスカップリングに~

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. リンダウ島インセルホール
  2. ヒアリの毒素を正しく知ろう
  3. 祝5周年!-Nature Chemistryの5年間-
  4. 武田、フリードライヒ失調症薬をスイス社と開発
  5. 被引用回数の多い科学論文top100
  6. 超難関天然物 Palau’amine・ついに陥落
  7. 電場を利用する効率的なアンモニア合成
  8. リチウムイオン電池の課題のはなし-1
  9. ボーチ還元的アミノ化反応 Borch Reductive Amination
  10. ケミカル数独

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

塩基と酸でヘテロ環サイズを”調節する”

塩基と酸を作用させるだけで環サイズを調節できるユニークな中員環合成手法が報告された。塩基による環拡大…

「人工金属酵素によるSystems Catalysisと細胞内触媒反応」University of Basel, T. R. Ward研より

海外留学記第23回目は、前回22回目の研究記を掲載させていただいた小嶋良輔さんからの紹介で、Base…

太陽ホールディングスインターシップ

経営理念に共感し、自ら考え行動できる自律した人材と働きたい私たちは、楽しい社会を実現するという経…

抽出精製型AJIPHASE法の開発

2017年、味の素社の高橋大輔らは、ペプチド液相合成法であるAJIPHASE法にさらなる改良を加え、…

【太陽HD】”世界一の技術”アルカリ現像型ソルダーレジストの開発

ソルダーレジストは、プリント配線板や半導体パッケージ用基板の表層部分に使用されはんだ付け作業時、不要…

太陽ホールディングスってどんな会社?

私たち太陽ホールディングスグループは、パソコンやスマートフォンなどのIT機器やデジタル家電、車載用電…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP