[スポンサーリンク]

archives

ジメシチルフルオロボラン:Dimesitylfluoroborane

機能性有機ホウ素化合物合成ビルディングブロック

ホウ素は空のp軌道を持ち,共役系分子にホウ素を導入することにより,p-pi*相互作用を生かした,優れた機能性分子の設計が可能となります。例えば山口らは,ジメシチルフルオロボランを原料に用い,電子豊富なpi電子系の側鎖に受容性のホウ素置換基を導入した2,5-ビス[4-(N,N-ジフェニルアミノ)フェニルエチニル]ベンゼン誘導体を合成しています。この分子は強い蛍光特性を示し,溶液状態だけでなく,固体状態でも量子収率90%と,優れた数値を示します。

“Highly Emissive Organic Solids Containing 2,5-Diboryl-1,4-phenylene Unit”

C.-H. Zhao, A. Wakamiya, Y. Inukai, S. Yamaguchi, J. Am. Chem. Soc. 2006, 128, 15934. DOI: 10.1021/ja0637550

ja0637550n00001

We disclosed a series of π-conjugated systems containing 2,5-bis(dimesitylboryl)-1,4-phenylene as the core unit and electron-donating amino groups at the terminal positions. The extension of the pπ−π* conjugation in the diborylphenylene moiety along the short axis of the π-conjugated framework as well as the incorporation of two bulky dimesitylboryl groups at the para-positions makes this moiety act as a unique bulky π-electron-accepting unit. As a consequence, these systems behave like donor−acceptor−donor quadrupolar π-electron systems and show a large solvatochromism in the fluorescence spectra. Moreover, these organoboron π systems exhibit intense fluorescence even in the solid state with the quantum yields of 0.73−0.90.

関連記事

  1. (R,R)-DIPAMP
  2. 日本化学会と対談してきました
  3. コランヌレン : Corannulene
  4. N,N-ジメチルアセトアミドジメチルアセタール : N,N-Di…
  5. NHC (Bode触媒2) と酸共触媒を用いるα,β-不飽和アル…
  6. 3-ベンジル-5-(2-ヒドロキシエチル)-4-メチルチアゾリウ…
  7. 向山酸化剤
  8. カルベン触媒によるα-ハロ-α,β-不飽和アルデヒドのエステル化…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 海外で働いている僕の体験談
  2. トイレから学ぶ超撥水と超親水
  3. なんだこの黒さは!光触媒効率改善に向け「進撃のチタン」
  4. 【動画】元素のうた―日本語バージョン
  5. “CN7-“アニオン
  6. 個性あるジャーナル表紙
  7. 分子構造を 3D で観察しよう (1)
  8. ブルース・エイムス Bruce N. Ames
  9. 中学入試における化学を調べてみた
  10. 開催間近!ケムステも出るサイエンスアゴラ2013

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

Carl Boschの人生 その2

Tshozoです。前回の続き、早速参ります。筆者のフォルダが火を噴く動画集 おそらく現存…

トヨタ、世界初「省ネオジム耐熱磁石」開発

トヨタは、今後急速な拡大が予想される電動車に搭載される高出力モーターなど様々なモーターに使用されるネ…

触媒のチカラで拓く位置選択的シクロプロパン合成

嵩高いコバルト錯体を触媒として用いた位置選択的Simmons–Smith型モノシクロプロパン化反応が…

「原子」が見えた! なんと一眼レフで撮影に成功

An Oxford University student who captured an image…

2018年3月2日:ケムステ主催「化学系学生対象 企業合同説明会」

2月も後半となり、3月1日の就活解禁に向けて、2019年卒業予定の学生のみなさんは、就活モードが本格…

高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 2: 牛の尿で発電!? 卵殻膜を用いた燃料電池–

1 月 27 日に開催された第 23 回 高専シンポジウム in KOBE の参加報告の後編です。前…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP