[スポンサーリンク]

一般的な話題

論文引用ランキングから見る、化学界の世界的潮流

トムソン・ロイターより、今年も化学領域における論文引用ランキングが発表になりました。1位~100位の全リストは、こちらのPDFで読むことが出来ます。

これは2010年までの間近10年間に総計された論文総引用数÷発表論文数を「インパクト値」として算出し、ランキングを付けるというものです。

50報以上の論文を発表した化学者が対象となっているため、例えばモンスターレビューを数報書いてその他鳴かず飛ばず・・・といった研究者は、そもそもカウントされていません。また論文数で除した数値でソートしてあるため、多作かどうか自体は問題になりません。要するに一報当たり引用数が高い論文を書いたか、インパクトの高い粒ぞろいのをどれだけ出そうとしているか―ひとことでいうなら「実力派」「量より質」に主眼を置いたランキングとなっています。

ただ、ほとんどは分野違いで縁もゆかりもない研究者ですし、ランクを眺めても何が凄いのかよく分からない・・・というのもおそらく皆さんの感じることでしょう。

ですから今回筆者はGoogle先生を頼りに、ランクイン化学者を研究領域で大まかに分類してみました。すると、ほとんどの化学者は、特定の研究範囲にカテゴライズされてしまうということが分かりました。

・・・これは想像に難くありません。要するにこのランキング、ここ10年での一大流行分野を表しているのです。何かしらのブレイクスルーを成し遂げた研究分野ができると、研究者がわっとむらがり、お互いの仕事を引用しあって分野を発展させていく・・・というのが引用数の跳ね上がるプロセスなのですから。

流行の研究を行うこと自体、賛否あるかと思います。しかし流行からは現代社会のニーズが透けて見えることは間違いなく、いち研究者として押さえておくべき情報たることは間違いないでしょう。


さて、その大まかな分類は以下のとおりです(カッコ内の数値はランキングです)。筆者の専門範囲から外れる化学者も多くいますので、分類違いや誤解は多々あるかと思います。もしあればご指摘いただけると幸いです。


無機系ナノマテリアル(ナノワイヤ、ナノ粒子、ナノ結晶など)とそのビルドアップ

Lieber (1)、Alivisatos(5)、Peng(8)、Yang (10)、Talapin(21)、Mirkin(23)、Manna (24)、Bawendi(29)、Sun(31)、Murphy(32)、Xia(35)、Hyeon(37)、Weller(44)、Zeng (49)、Sinha Ray(50)、Yin (55)、Kamat (58)、Sun(61)、Kotov(70)、Colfen(98)

金属-有機構造体(MOF)およびその他の多孔性材料

Yaghi(2)、O’Keeffe(3)、Chen(15)、Zaworotko(20)、Ryoo(39)、Terasaki(52)、Lin(54)、Serre(64)、Stang(69)、Long(93)、Champess(94)

クリック・ケミストリー

Sharpless(4)、Fokin(9)、Finn(33)

ナノカーボン化学(グラフェン、フラーレン、カーボンナノチューブなど)

Smalley(6)、Dai(7)、Hauge(13)、Strano(19)、Sinha Ray(50)、Itkis(51)、Tour(66)、Haddon(68)

有機分子触媒

List(11)、Jacobsen(14)、MacMillan(16)、Barbas(27)、Fu(43)、Jorgensen(80)

均一系遷移金属触媒(不斉触媒、C-H活性化、クロスカップリング、メタセシス、重合触媒など)

Sharpless(4)、Jacobsen(14)、Grubbs(26)、Noyori(22)、Buchwald(34)、Fu(43)、Toste(71)、Fagnou(77)、Furstner(79)、Hartwig(84)、Dupont(83)、Brookhart(89)、Hoveyda(90)、Zapf(92)
Coates(100)

イオン性液体

Brennecke(45)、Seddon(46)、Holbrey(59)

有機エレクトロニクス(色素増感太陽電池、有機EL、導電性材料など)

Thompson (12)、Gratzel(42)、Heeger(47)、Zakeeruddin(53)、Friend (65)、Tour(66)、Cornil(99)

有機ソフトマテリアル(ゲル、デンドリマー、生体材料、ドラッグデリバリーなど)

Whitesides(38)、Rubner (40)、Stupp(57)、Hawker(63)、Frechet(66)、Astruc(73)、Langer(85)

表面修飾

Mirkin(23) 、Whitesides(38)、Craighhead(76)、Mrksich(78)

生体分子・ナノスケールの理論計算

Case(30)、Schatz(75)、Friesner(82)、Mavrikakis(87)、Nitzan(96)、Brooks(97)

 

各分野ごとに深く解説する能力を筆者はもちあわせていませんが、カテゴライズしてみるとわずかこれだけになってしまうのはほんとうに驚きです。意外とみんな同じことをやっているのだな、ということが分かると思います。

とはいえ最先端フィールドを切り開くパイオニアというものはどの分野にでも必要であり、その人物こそが引用数を稼いでいることは疑いありません。この10年では、ほとんどアメリカの化学者がランキングを独占している現状です。流行をきっちりおさえつつ、パイオニアを出し続ける研究者層の厚さがアメリカにはあるということでしょう。

また、このリストには日本人の名前が大変少ないです。これはどう見れば良いでしょう。我が国にはもちろんオリジナリティの高い仕事をしている研究者は多くいますし、欧米研究者と引けを取らないレベルの方もいます。それでも分野を創り上げられるほどのパイオニア研究者が欠如している・・・のかもしれませんが、どちらかというと、世界へのアピール力が低く、外部から人材を積極的に呼び込もうとする姿勢(=引用数増加に直結) の欠如が反映されての結果にも思われます。

あとはなんだかんだで「出口がちゃんと見える研究」が増えており、総じて実用指向になっているように見受けられます。これは世界的潮流なのでしょう。これだけ研究者人口が増えると、「お金に変えられるプロジェクト」がかなり無いと現実的に回らなくなるのでしょうし、100年前とはさすがに科学の在り方も大きく変わっているでしょうから。

これらカテゴライズを眺めたうえで化学研究の潮流をキーワード化するならば、以下のようになるでしょうか。

「ナノ」「触媒」「環境」「生体適合」「エネルギー」
「エレクトロニクス」「光」「炭素」

目立った化学は、概ねこのキーワードを必ず一つ、もしくは複数含む研究テーマになっているはずです。読者の皆さんのご意見はいかがでしょうか?

この勢力図をガラリと変えてしまえるのは、今そこにいる読者たる、あなたかも知れませんよ?そのためにも、日々精進を重ねていきたいものです。

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. π⊥ back bonding; 逆供与でπ結合が強くなる?!
  2. セミナー/講義資料で最先端化学を学ぼう!【有機合成系・2016版…
  3. 化学者がコンピューター計算を行うべきか?
  4. 有機光触媒を用いたポリマー合成
  5. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」③
  6. ブラウザからの構造式検索で研究を加速しよう
  7. 第94回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part I
  8. 口頭発表での緊張しない6つのヒント

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 集積型金属錯体
  2. 米ファイザーの第3・四半期決算は52%減益
  3. 有機硫黄ラジカル触媒で不斉反応に挑戦
  4. メソリティック開裂 mesolytic cleavage
  5. 内部アルケンのアリル位の選択的官能基化反応
  6. 試薬会社にみるノーベル化学賞2010
  7. 水入りフラーレンの合成
  8. AZADOLR ~ 高活性なアルコール酸化触媒
  9. Z選択的ホルナー-エモンズ試薬:Z-selective Horner-Emmons Reagents
  10. 英語発表に”慣れる”工夫を―『ハイブリッド型報告会』のススメ

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP