[スポンサーリンク]


2012年 12月

  1. 市川アリルシアナート転位 Ichikawa Allylcyanate Rearrangement

    概要アリルカーバメートの脱水反応により系中でアリルシアナート種を生成させると、これは速やかに転位してアリルイソシアナートを与える。反応形式面ではOverman転位と同様であるが、本法は圧倒的に活性が高く、低温(0…

  2. 2012年10大化学ニュース【前編】

    今年もあと1日で終わり。皆さん既に忘年会も終わりのんびりしていることと思います。…

  3. スズアセタールを用いる選択的変換 Selective Transformation with Tin Acetal

    概要1,2-ジオールをスズアセタールで保護すると、一方のアルコールだけに反応を生…

  4. ちっちゃい異性を好む不思議な生物の愛を仲立ちするフェロモン

    年齢を重ねるほど小さくなる生き物、ケイ藻の性フェロモンが単離・構造決定されました。

  5. アルキンの水和反応 Hydration of Alkyne

    概要アルキンは適当なルイス酸触媒存在下に、水和反応を起こす。触媒金属としては特に…

  6. チャイタン・コシュラ Chaitan Khosla

  7. 2012年ケムステ人気記事ランキング

  8. ビタミンと金属錯体から合成した人工の酵素

  9. 韓国チームがiPS細胞の作製効率高める化合物を発見

  10. 持田製薬/エパデールのスイッチOTC承認へ

  11. ナイトレン

  12. バトラコトキシン (batrachotoxin)

  13. 塩野義製薬/米クレストール訴訟、控訴審でも勝訴

  14. ソープ・チーグラー反応 Thorpe-Ziegler Reaction

  15. ミニスキ反応 Minisci Reaction

  16. 紹介会社を使った就活

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 金属イオン認識と配位子交換の順序を切替えるホスト分子
  2. Principles and Applications of Aggregation-Induced Emission
  3. AIによる創薬に新たな可能性 その研究と最新技術に迫る ~米・Insitro社 / 英・ケンブリッジ大学の研究から~
  4. 池田 菊苗 Kikunae Ikeda
  5. 固体なのに動くシャトリング分子
  6. フロー合成と電解合成の最先端、 そしてデジタル有機合成への展開
  7. フィンランド理科教科書 化学編

注目情報

最新記事

Utilization of Spectral Data for Materials Informatics ー Feature Extraction and Analysis ー(スペクトルデータのマテリアルズ・インフォマティクスへの活用 ー 特徴量抽出と解析 ー)

開催日2024年2月28日:申込みはこちら■Background of this seminar…

電解液中のイオンが電気化学反応の選択性を決定する

第595回のスポットライトリサーチは、物質・材料研究機構(NIMS) 若手国際研究センター(ICYS…

第10回 野依フォーラム若手育成塾

野依フォーラム若手育成塾について野依フォーラム若手育成塾では、国際企業に通用するリーダー…

【書評】スキルアップ有機化学 しっかり身につく基礎の基礎

東京化学同人より 2024 年 2 月 16 日に刊行された、「スキルアップ有機…

“逆転の発想”で世界最高のプロトン伝導度を示す新物質を発見

第594回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 八島研究室の齊藤 馨(さいとう …

PAGE TOP