[スポンサーリンク]


2012年 12月

  1. 市川アリルシアナート転位 Ichikawa Allylcyanate Rearrangement

    概要アリルカーバメートの脱水反応により系中でアリルシアナート種を生成させると、これは速やかに転位してアリルイソシアナートを与える。反応形式面ではOverman転位と同様であるが、本法は圧倒的に活性が高く、低温(0…

  2. 2012年10大化学ニュース【前編】

    今年もあと1日で終わり。皆さん既に忘年会も終わりのんびりしていることと思います。…

  3. スズアセタールを用いる選択的変換 Selective Transformation with Tin Acetal

    概要1,2-ジオールをスズアセタールで保護すると、一方のアルコールだけに反応を生…

  4. ちっちゃい異性を好む不思議な生物の愛を仲立ちするフェロモン

    年齢を重ねるほど小さくなる生き物、ケイ藻の性フェロモンが単離・構造決定されました。

  5. アルキンの水和反応 Hydration of Alkyne

    概要アルキンは適当なルイス酸触媒存在下に、水和反応を起こす。触媒金属としては特に…

  6. チャイタン・コシュラ Chaitan Khosla

  7. 2012年ケムステ人気記事ランキング

  8. ビタミンと金属錯体から合成した人工の酵素

  9. 韓国チームがiPS細胞の作製効率高める化合物を発見

  10. 持田製薬/エパデールのスイッチOTC承認へ

  11. ナイトレン

  12. バトラコトキシン (batrachotoxin)

  13. 塩野義製薬/米クレストール訴訟、控訴審でも勝訴

  14. ソープ・チーグラー反応 Thorpe-Ziegler Reaction

  15. ミニスキ反応 Minisci Reaction

  16. 紹介会社を使った就活

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 2009年7月人気化学書籍ランキング
  2. TFEDMA
  3. ガスマン インドール合成 Gassman Indole Synthesis
  4. 含ケイ素四員環-その2-
  5. 化合物と結合したタンパク質の熱安定性変化をプロテオームワイドに解析
  6. 微生物細胞に優しいバイオマス溶媒 –カルボン酸系双性イオン液体の開発–
  7. 共有結合で標的タンパク質を高選択的に機能阻害する新しいドラッグデザイン

注目情報

最新記事

材料開発における生成AIの活用方法

開催日:2024/06/26 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

Ming Yang教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年6月19日(水)に東京工業大学 大岡山キャンパス(理学部)にて開催さ…

【6/26・27開催ウェビナー】バイオ分野の分析評価・試験~粒子径測定と吸入製剤試験の新技術~(三洋貿易株式会社)

1.ウェビナー概要2024年6月26日・27日の2日間で開催される三洋貿易ウェビ…

なんとオープンアクセス!Modern Natural Product Synthesis

(注)↑上記アマゾンでは売っていますが、実はオープンアクセスで、PDFならば完全無料ですので…

ノーベル化学賞受賞者に会いに行こう!「リンダウ・ノーベル賞受賞者会議」参加者募集中!

ドイツの保養地リンダウで毎年1週間程度の日程で開催される、リンダウ・ノーベル賞受賞者会議(Linda…

PAGE TOP