[スポンサーリンク]

一般的な話題

2012年ケムステ人気記事ランキング

 

クリスマスも終わり、世の中は2013年に向けて走り出しています。今年も多くの化学好きの訪問者がこの化学者のつぶやきを楽しんでくれました。最近では「下手な論文に掲載されるよりも日本だったらケムステにのった方がうれしい」、「分野や執筆者の視点が様々でさらに多くの知識を得られるようになった」と、意見をいただくようになりました。本年この化学者のつぶやきでは195記事(12月26日現在)の化学に関連する記事を紹介させていただきました。もちろん時事的ニュースに関しては「ケムステニュース」、化学者に関しては「世界の化学者データベース」、分子に関しては「身近な分子」などなどそちらもお忘れなくお願い致します。

さて、少し話はそれましたが、今年の締めくくりとして「化学者のつぶやき」で執筆された記事のなかから、2012年ケムステ人気ランキングと称してトップ10記事+αを公開しちゃいます。どんな記事があったのか、今年を振り返りながらご覧頂ければ幸いです(2012年化学ニュースはケムステニュースにしてお送り致します。予定です。)

 

順位のきめかた

ranking2.png

順位の決め方ですが、ご存知かもしれませんがこのブログでは上部に、記事別の訪問者数とTwitterでのツイート、Facebookでのいいね!ボタン、そしてはてなブックマークを代表とするオンラインブックマークを簡単に登録できるようなウィジェットを用いています。

アクセス数だけで順位を決めてもよいのですが、今年は折角なんですべての総数を反映して独自のポイントとして、順位を決める事としました。具体的には

訪問者数+ツイート数x100+いいね数x100+シェア数x100

で数字を出して、その総計のポイント数で順位を決めました。それでは今年の記事のトップ10をご覧ください!

 

2012年ケムステ人気記事ランキング!

ishot-17.png重曹でお掃除」の化学(その2)17958 23100ツイート 1600いいね 51300シェア
93958ポイント

栄えある、第一位となりました!はてぶに多く登録された事が原因です。2回に分けて書かれた記事(その1その2)ですが、知られている現象、事実を化学で語るシリーズは基本的に人気です。昨年のランキングでも「ねるねるねるね」はなぜ色が変わって膨らむのか?」というお話が第8位にランクインされています。このような記事はあまり化学に関わっていない方もアクセスしてくれる可能性がおおく、化学を知ってもらうよい機会です。

 

ishot-18.pngダイヤモンドは砕けない 13504 30900ツイート 16700いいね 22100シェア
83204ポイント

タイトルが、人気漫画とかけているのでみたという人もいるかもしれませんが、Nature Materialに掲載された研究を紹介しています。そんなこと知られてなかったんだ!という面白い研究結果です。ダイヤモンドやその同素体に関連する記事はこちらをどうぞ!

 

ishot-19.png優れた研究テーマ」はどう選ぶべき? 14152 13700ツイート いいね10900 10300シェア
49052ポイント

研究に関するエッセイを紹介した内容が第三位に選ばれました!こういういわゆる “研究HOW TOもの” も毎年人気であり、昨年は「ひどい論文を書く技術?」という逆説的なタイトルの論文執筆に関するHOW TOものが第2位に選ばれています。その他に関連する過去記事はこちらをどうぞ!

 

ishot-20.png【速報】2012年ノーベル化学賞発表!!「Gタンパク質共役受容体に関する研究」 12801 13600ツイート 14100いいね 8000シェア
48501ポイント

ノーベル賞ものは今年も人気です。ただ毎年必ず3位に食い込んできますが、今年は4位とふるいませんでした。ケムステでも「2012年ノーベル化学賞は誰の手に?」で予想しましたが、生化学分野の受賞であったことがひとつの原因です。Hoffman教授の論説を紹介した「ノーベル化学賞は化学者の手に」という記事にもあるとおり賛否両論あるところであると思いますが、ケムステではめげずに予想と受賞者の功績を讃えて今後もノーベル化学賞の内容を紹介していきたいと考えています。ノーベル賞関連の記事はこちら。

今年の受賞に関して

過去の受賞に関して

 

ishot-21.pngシリカゲルの小ネタを集めてみた 27479 7100ツイート 2900いいね 3300シェア
40779ポイント

実験テクニックモノが第5位となりました。有機化学に関するネタが多いので、訪問者も有機化学、合成実験をやっている方が数多くいらっしゃいます。シリカゲル関係では「スズ化合物除去のニュースタンダード:炭酸カリウム/シリカゲル」や「シリカゲルはメタノールに溶けるのか?」なども有りました。実験テクニック、小ネタに関する記事はこちらもどうぞ。

 

ishot-22.pngReaxys Prize 2012ファイナリスト45名発表! 37492 1200ツイート 400いいね 900シェア
39992ポイント

2010年から行われている有機、無機化学分野の学生に贈られる国際賞であるReaxys Prizeの第一次選考に関する速報が第6位になりました。当時と比べると知名度が抜群にあがりまして、ファイナリストに選ばれるのが国内でいう大津会議と同様にステータスとなっています。今年も募集しているようなので自信の有る方はぜひチャレンジを!

 

ishot-23.pngで、その研究はなんの役に立つの? 9050 15300ツイート 1700いいね 8400シェア
34450ポイント

いわれたことありませんか?コミュニケーションが必要なのかどうかは別として納得してくれなかったとしても自分なりの答えを用意しておいた方がよいと思います。

 

ishot-24.pngドライアイスに御用心 21698 6300ツイート 4200いいね 1500シェア
33698ポイント

実験室や会社だけでなく、化学反応が関連する事故は多く有ります。わかっていれば防げる事故が多いので気をつけてくださいね!

 

ishot-25.pngアジサイには毒がある 19736 6600ツイート 1000いいね 4300シェア
31636ポイント

季節にあわせて投稿された記事ですが、これも1位の記事と同様に日常のものを化学的にみた研究を簡単に紹介した記事です。続報のアジサイから薬ができるもご覧頂ければ幸いです。

 

ishot-26.png化学工場災害事例 ~爆発事故に学ぶ~ 22172 3300ツイート 2500いいね 2000シェア

29972ポイント

最後に、今年は事故が多かったからなのか、化学関連企業での事故についての記事が第10位となりました。

 

来年も宜しくお願いします!

という感じで今年のケムステ人気記事ランキングを紹介してみました。これで今年の記事も最後です…。といいたいところですが、年の瀬にスタッフの方々が頑張って執筆してくれているのでまだもうちょっと続きます。それでは2012年もあと1週間、2013年の新年を明るく迎える為にがんばりましょう!それでは来年も宜しくお願い致します。

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 未来の車は燃料電池車でも電気自動車でもなくアンモニア車に?
  2. 乾燥剤の脱水能は?
  3. 2013年(第29回)日本国際賞 受賞記念講演会
  4. Newton別冊「注目のスーパーマテリアル」が熱い!
  5. 高速原子間力顕微鏡による溶解過程の中間状態の発見
  6. 特許にまつわる初歩的なあれこれ その2
  7. 「重曹でお掃除」の化学(その2)
  8. ベンゼン環が壊れた?!ー小分子を活性化するー

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 複数のイオン電流を示す人工イオンチャネルの開発
  2. 光触媒の力で多置換トリフルオロメチルアルケンを合成
  3. 水素化ナトリウムの酸化反応をブロガー・読者がこぞって追試!?
  4. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑫:「コクヨのペーパーナイフ」の巻
  5. 18万匹のトコジラミ大行進 ~誘因フェロモンを求めて①~
  6. 第13回 次世代につながる新たな「知」を創造するー相田卓三教授
  7. 布施 新一郎 Shinichiro Fuse
  8. カフェイン caffeine
  9. 【書籍】化学探偵Mr. キュリー
  10. アルカリ土類金属触媒の最前線

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP