[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

ソープ・チーグラー反応 Thorpe-Ziegler Reaction

[スポンサーリンク]

 

概要

脂肪族ニトリルは塩基触媒条件下にて縮合を起こし、二量化したエナミンを生じる。Claisen縮合のニトリル版とも言える。

 

基本文献

  • Baron, H.; Remfry, F. G. P.; Thorpe, Y. F. J. Chem. Soc. 1904, 85, 1726.
  •  Karl Ziegler et al. Ann. 1933, 504, 94.
  •  Schaefer, J. P.; Bloomfield, J. J. Org. React. 1967, 15, 1.

 

反応機構

Thorpe_Ziegler_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ジオトロピー転位 dyotropic rearrangement…
  2. クメン法 Cumene Process
  3. ミニスキ反応 Minisci Reaction
  4. エタール反応 Etard Reaction
  5. 2-(トリメチルシリル)エトキシカルボニル保護基 Teoc Pr…
  6. シェンヴィ イソニトリル合成 Shenvi Isonitrile…
  7. 向山・鈴木グリコシル化反応 Mukaiyama-Suzuki G…
  8. ジスルフィド架橋型タンパク質修飾法 Disulfide-Brid…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第84回―「トップ化学ジャーナルの編集者として」Anne Pichon博士
  2. コンピューターが有機EL材料の逆項間交差の速度定数を予言!
  3. 研究生活の心構えー修士課程、博士課程に進学したあなたへー
  4. 規則的に固定したモノマーをつないで高分子を合成する
  5. ニッケル錯体触媒の電子構造を可視化
  6. 始まるPCB処理 利便性追求、重い代償
  7. まっすぐなペプチドがつまらないなら「さあ輪になって踊ろ!」
  8. ジピバロイルメタン:Dipivaloylmethane
  9. 化学者のためのエレクトロニクス講座~5Gで活躍する化学メーカー編~
  10. Small Molecule Medicinal Chemistry -Strategies and Technologies-

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第19回ケムステVシンポ「化学者だって起業するっつーの」を開催します!

少し前に化学者のつぶやきからこのような記事が出ました:【ケムステSlackに訊いて見た④】化学系学生…

10種類のスパチュラを試してみた

大好評、「試してみた」シリーズの第6弾。今回は試薬の秤量にか欠かせない、…

第48回「分子の光応答に基づく新現象・新機能の創出」森本 正和 教授

久々の研究者へのインタビューです。第48回は、立教大学の森本正和先生にお願いいたしました。第17回ケ…

畠山琢次 Takuji Hatakeyama

畠山琢次 (はたけやま たくじ)は、日本の化学者である。専門は有機合成化学,材料化学。2021年現在…

DNA origami入門 ―基礎から学ぶDNAナノ構造体の設計技法―

(さらに…)…

NBSでのブロモ化に、酢酸アンモニウムをひとつまみ

芳香環のブロモ化といえば、構造活性相関の取得はもちろんの事、カップリング反応の足場と…

森本 正和 Masakazu Morimoto

森本 正和(もりもと まさかず、MORIMOTO Masakazu)は、日本の化学者である。専門は有…

「リジェネロン国際学生科学技術フェア(ISEF)」をご存じですか?

近年、中高生向けの科学プログラムやコンテストがいっそうの充実を見せています。未来の化学者育成に少なか…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP