[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

ソープ・チーグラー反応 Thorpe-Ziegler Reaction

[スポンサーリンク]

 

概要

脂肪族ニトリルは塩基触媒条件下にて縮合を起こし、二量化したエナミンを生じる。Claisen縮合のニトリル版とも言える。

 

基本文献

  • Baron, H.; Remfry, F. G. P.; Thorpe, Y. F. J. Chem. Soc. 1904, 85, 1726.
  •  Karl Ziegler et al. Ann. 1933, 504, 94.
  •  Schaefer, J. P.; Bloomfield, J. J. Org. React. 1967, 15, 1.

 

反応機構

Thorpe_Ziegler_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ネニチェスク インドール合成 Nenitzescu Indole…
  2. バーチ還元 Birch Reduction
  3. アニオン重合 Anionic Polymerization
  4. ヒュスゲン環化付加 Huisgen Cycloaddition
  5. シュミット転位 Schmidt Rearrangement
  6. [2+2]光環化反応 [2+2] Photocyclizatio…
  7. ブーボー・ブラン還元 Bouveault-Blanc Reduc…
  8. 脱離反応 Elimination Reaction

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 自励振動ポリマーブラシ表面の創製
  2. ペリ環状反応―第三の有機反応機構
  3. 典型元素触媒による水素を還元剤とする第一級アミンの還元的アルキル化
  4. ナノ合金の結晶構造制御法の開発に成功 -革新的材料の創製へ-
  5. 多核テルビウムクラスターにおけるエネルギー移動機構の解明
  6. 頻尿・尿失禁治療薬「ベシケア」を米国で発売 山之内製薬
  7. カーボンナノチューブの毒性を和らげる長さ
  8. メチオニン選択的タンパク質修飾反応 Met-Selective Protein Modification
  9. 10-メチルアクリジニウム触媒を用いたBaeyer-Villiger酸化反応
  10. 「魔法の水でゴミの山から“お宝”抽出」

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

ジョン・ケンドリュー John C. Kendrew

ジョン・コウデリー・ケンドリュー(John Cowdery Kendrew、1917年3月24日-1…

食品添加物はなぜ嫌われるのか: 食品情報を「正しく」読み解くリテラシー

(さらに…)…

第100回―「超分子包接による化学センシング」Yun-Bao Jiang教授

第100回の海外化学者インタビューは、Yun-Bao Jiang教授です。厦門大学化学科に所属し、電…

第七回ケムステVシンポジウム「有機合成化学の若い力」を開催します!

第5回のケムステVシンポもうすぐですね。そして、第6回からほとんど連続となりますが、第7回のケムステ…

「自分の意見を言える人」がしている3つのこと

コロナ禍の影響により、ここ数カ月はオンラインでの選考が増えている。先日、はじめてオンラインでの面接を…

ブルース・リプシュッツ Bruce H. Lipshutz

ブルース・リプシュッツ(Bruce H. Lipshutz, 1951–)はアメリカの有機化学者であ…

化学者のためのエレクトロニクス入門② ~電子回路の製造工程編~

bergです。さて、前回は日々微細化を遂げる電子回路の歴史についてご紹介しました。二回目の今回は、半…

研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(前編)

研究をやる上で、テーマってやっぱり大事ですよね。私はアメリカの大学院に留学中(終盤)という立場ですが…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP