[スポンサーリンク]


2013年 1月

  1. カルベン触媒によるα-ハロ-α,β-不飽和アルデヒドのエステル化反応

    (さらに…)…

  2. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑥

    「極限からの一手」コーナーでは筆者の独断と偏見に基づき、全合成における優れた問題解決とその発想を紹介…

  3. Kindle Paperwhiteで自炊教科書を読んでみた

    皆さんご存知の通り、昨年は各社から続々と電子書籍端末が発売されました。正直待ち疲れていた「電子書籍元…

  4. ニトロンの1,3-双極子付加環化 1,3-Dipolar Cycloaddition of Nitrone

    概要ニトロンは1,3-双極子の一種であり、不飽和結合と付加環化を起こしイソオキサ…

  5. 福井県内において一酸化炭素中毒事故(軽症2名)が発生

      平成24年12月31日(月)、福井県内の一般住宅において、一酸化炭素中毒事故(軽…

  6. 「先端触媒構造反応リアルタイム計測ビームライン」が竣工

  7. ニトリルオキシドの1,3-双極子付加環化 1,3-Dipolar Cycloaddition of Nitrile Oxide

  8. ナノテクノロジー関連の特許が多すぎる問題

  9. ケミストリー通り

  10. 高峰公園

  11. 酸化グラフェンに放射性物質を除去する機能が報告される

  12. 一重項酸素 Singlet Oxygen

  13. シェールガスにかかわる化学物質について

  14. カーボンナノチューブの毒性を和らげる長さ

  15. ふにふにふわふわ☆マシュマロゲルがスゴい!?

  16. メンデレーエフ空港

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ジョンソン オレフィン合成 Johnson Olefination
  2. アーウィン・ローズ Irwin A. Rose
  3. パターノ・ビューチ反応 Paterno-Buchi Reaction
  4. 白リン / white phosphorus
  5. マツタケオール mushroom alcohol
  6. DNAに人工塩基対を組み入れる
  7. 化学Webギャラリー@Flickr 【Part 3】

注目情報

最新記事

第164回―「光・熱エネルギーを変換するスマート材料の開発」Panče Naumov教授

第164回の海外化学者インタビューは、パンチェ・ナウモフ教授です。大阪大学大学院工学研究科 生命先端…

SNS予想で盛り上がれ!2021年ノーベル化学賞は誰の手に?

今年もノーベル賞シーズンの到来です!化学賞は日本時間 10月6日(水) 18時4…

カーボンナノチューブ薄膜のSEM画像を生成し、物性を予測するAIが開発される

先端素材高速開発技術研究組合(ADMAT)、日本ゼオンは産業技術総合研究所(AIST)と共同で、NE…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2021年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある、存命化学者」をリストアップし…

ライトケミカル工業2023卒採用情報

当社の技術グループは、20代~30代の若手社員が重要な主要案件を担当しています。広範囲で高レベルな化…

PAGE TOP